趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

え(絵)? 写真??

私も美術展や写真展で、一見、絵画なのか写真なのかの区別が付きにくい作品を目にすることがあります。
添付の作品も、その一例です。

実は、この2枚の作品は信じられないでしょうけれど、絵画ではありません。写真なのです。
今、話題の書籍「死ぬまでに行きたい! 世界の絶景」からの抜粋です。
最初の写真はイタリアのリオマッジョーレという港町の写真です。
次の写真はウクライナのクレヴァニという森の中の鉄道跡で、結婚式も挙げられるそうです。

コメント

カイノスケさん

2013年08月13日 20:42

picさん

こんばんは。コメント、ありがとうございます。
他のサイトでは、CG加工した写真ではないか等のコメントを付ける方々がいますが、実在する場所の写真ですから、良いもの、美しいものは素直に感激したいですよね(笑)。

カイノスケさん

2013年08月06日 18:38

イリさん

この書籍には56万人が選んだ絶景ランキング上位64ヶ所の絶景が掲載されていますよ。
秘書も購入しちゃいましたよ(笑)。

カイノスケさん

2013年08月06日 18:31

mikoneさん

美しい風景写真の展示会がありましたら、掲示板に掲載しますね。
そして、皆さんで観に行きましょう。

まこさん

2013年08月05日 02:06

イタリアらしいカラフルな家々、実際に見てみたいですね!

生きている内にどれだけ世界遺産に行かれるかをテーマに旅行も趣味ですが、追いつきません(笑・涙)
素敵な写真をありがとう、世界は広い〜な。

カイノスケさん

2013年08月04日 20:46

アッキーナさん

こんばんは。
美術鑑賞は絵画や彫刻だけではありませんね。写真も、実際の風景も芸術的であれば、素晴らしい美術鑑賞になりますよね。
この様な2つの場所に居たら、絵の中に自分が居る様になってしまいそうです。
でも、行ってみたいですね。

カイノスケさん

2013年08月04日 20:43

よっちゃんさん

こんばんは。上野のルーヴル美術館展は良い時に見に行かれましたね(笑)。
私は未だ、いつに行くか、迷っています。混雑しているので、9月にしようかなと。

アッキーナさん

2013年08月04日 19:24

人間の想像を遥かに超えた、自然の成せる技に感動です。

イタリア半島の付け根の左側に位置するリオマッジョーレという港町の写真は、異次元の世界のようですね。
空中都市のような錯覚を、おこします。

ウクライナのクレヴァニの「愛のトンネル」を歩いてみたい。

よっちゃんさん

2013年08月04日 19:14

地理、歴史、弱いのにごめんなさいね♪

さっきまで、テルマエロマエを読んでいました。
今、東京都美術館で開催されている、ルーブル美術館展は「地中海四千年のものがたり」がテーマです(^-^)/
お写真はダウンロードさせていただきました!
ありがとうございます(*^^*)

カイノスケさん

2013年08月04日 19:01

らんさん

こんばんは。
イタリアにお詳しそうですね。アマルフィー海岸はイタリア半島のナポリの方ですかね。
正に絵になりそうな場所です。

らんさん

2013年08月04日 18:04

へ〜(;゚Д゚)!
左の写真、南イタリアの、アマルフィー海岸を、ぎゅうっと詰めたような街ですね。
どの季節の、何時ごろかしら。綺麗な色ですね。

右は、グリーンに吸い込まれていきそう。

カイノスケさん

2013年08月04日 16:54

もう少し補足説明しておきます。
私はヨーロッパに行ったことがあませんが、左の写真はイタリア半島の付け根の左側に位置するリオマッジョーレという港町で、人口1700人です。
右の写真のウクライナのクレヴァニは、首都キエフから約350キロの小さな町で地元では「愛のトンネル」として知られる木々の緑に囲まれた幻想的なトンネルです。 コマーシャルにも使われるくらいに世界的にも有名らしいです。
   http://iris.hotcom-web.com/wordpress/?p=303