趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

何とか間に合いました・・・・9/6 プーシキン美術館展を観てきました!

9/6(金)午後会社を早引けして、横浜・みなとみらいにある横浜美術館へ行って、「プーシキン美術館展・フランス絵画300年」を観てきま

横浜は凄く近いのに、最近さっぱり来る機会が無く、本当に久しぶりでした。・・・せっせと東京へ足を運んでいたようです。

ロシアの美術館に、何故本家本元のフランスでさえ、羨ましがる程のフランス絵画があるの?しかも共産主義国家・旧ソビエト・ロシアに・・・美術展行って見て良く分かりました。

ロマノフ王朝時代の歴代皇帝や貴族から19世紀ロシアで財をなした大富豪たちが、一生懸命買い集めたからのようです。展示会会場に場所を取り、代表的コレクター達5名を紹介しているコーナがありましたが、そちらも大変興味深かったです。

なかでも驚きは、“エカテリーナ2世”は18世紀後半ロマノフ王朝全盛時代を築いた女帝・おばちゃんでした。今年お目にかかることが多かったルーベンスに代表される「バロック以降の絵」、その時代からの絵画を買い集めたようです。

それともうひとつの驚きは・・・18世紀後半から19世紀はじめに、フランスでまだ芽の出ない印象派と言われる画家のたまご達を援助して絵を描かせ、それを本国に持ち帰ったのこと。そんな先見性のあるコレクターがいたことには驚きでした。

“シチェーキン”はピカソ、マティス、ゴッホ、などの絵画を、“イワン・モロゾフ”はルノワール、セザンヌ、ゴーギャン、ボナールなどの絵画を好んで集めたようです。

「シチェーキン」、「イワン・モロゾフ」この優れたコレクター達はその後のロシア革命で、不遇な最後を迎え、時代の中へ消えて行ったようです。

そんな美術展の展示目玉作品は・・・・ルノワールの「ジャンヌ・サマリーの肖像」、ゴッホの「医師レイーの肖像」、セザンヌの「パイプをくわえた男」、ドガの「バレーの稽古」、ゴーキャンの「エイアハ・オヒパ(働くなかれ)」など、素晴らしい絵画を観ることができました。

7月、身体を酷使して体調不調を起こし、ようやく観に行くことができた美術展でしたが・・・・混雑で入館まで1時間待ちと、会場に入ってからの大混雑、素晴らしい作品の多くを、もう少し静かに観たかったです。

コメント

たくろーさん

2013年09月08日 14:26

イリさん ・・・コメントありがとうございます。

>日本に居ながら素晴らしい絵画等を鑑賞出来るのも・・・・

わたしも全く同感です! 現役時代、美術展に出かけゆっくり絵を鑑賞する機会が
なかなか持てなかったと言うより、持たなかったのですが。

卒業後は・・・絵を観に行こう!と言う気になったことに感謝しています。首都圏
に住んでいるが故に、ちょっと出かけると、素晴らしい絵に出あえるのですから!

ハッピー&ブラボーです。

たくろーさん

2013年09月08日 14:07

まいさん ・・・コメントありがとうございます。

それにしても混雑していました。今度は開催期間の半ばに行っ
てみます。

それと土日に出かけるのが面倒で・・・・金曜日の午後に行く
ことが多いのですが・・・・ここが混雑している日時かも知れ
ないですね。

皆さんからの情報をいただきなら、素晴らしい絵と出会いたい
ですね!

たくろーさん

2013年09月08日 14:00

よっちゃんさん ・・・・ お嬢さんと行かれた日記を読ませてもらって
いましたが、ようやく観に行くことができ、ほっとしています。

7月中旬に不調になってから、9月6日がはじめてのおでかけでしたので、
少し疲れましたが、途中何度か椅子に腰を下ろしながら、観てきました。

今回のお出かけで少し自信が付きました・・次の美術展を物色しています。

カイノスケさん

2013年09月08日 13:58

たくろーさん

「また、ひとつ知識が増えました」というコメントが良いのですよ!!
みんなで勉強していきましょう。

たくろーさん

2013年09月08日 13:54

なおこさん ・・・コメントありがとうございます。

詳しく書いている理由は、カイノスケさんへのコメントに書かせていただき
ましたが・・・絵を観るだけでなく、時代背景とか、いろいろなエピソード
を知ることが、より深く知ることになり、自分の勉強になっています。

そんなことで、いろんな意味で大変素晴らしい美術展でした。

山登りが大好きで長いこと登っていますが、7月に山登りで無理をして・・・・
間に合って良かったと思っています。

たくろーさん

2013年09月08日 13:45

カイノスケさん ・・・・ (絵画に対しての知見がたくさんお有りの方々の集まりに)、釈迦に説法見たなことになってすいません。

観て来た感想を書いていますが、それは自分の勉強のつもりでまとめています。

この美術展に行くまでは、ロシアにこんな美術館があって、たくさんの絵画
を所蔵しているなんて全く知りませんでした。

また、ひとつ知識が増えました。

まこさん

2013年09月08日 13:17

間に合って良かったですね(^O^)
プーシキン美術展、私も行きましたが大変貴重な絵画を堪能しました。
あの、3・11で中止になってしまいましたが、関係者の努力でその後も開催に向けての努力は凄かった話を聞き、中止ではなく延期だったのです。
日本に居ながら素晴らしい絵画等を鑑賞出来るのも、見えない所での努力に頭が下がり、一つ一つしっかり観なくてはと思うようになりました。
美術展は結構歩きますし温度湿度は美術品に合わせてるので寒いですね。
体調は大丈夫ですか?
とても詳しい報告ありがとうございました。

まいさん

2013年09月08日 12:31

私は8月に行ったので楽に鑑賞することが出来ました♪
ゆっくり見るときは半ばあたりがお勧めだと思います。
どの美術館でもそういえるかもです・・。

美術の秋・・あちこちで美術展が開催されていて((o(^-^)o))わくわくしますね(*^^*ゞ

よっちゃんさん

2013年09月08日 10:47

たくろーさん、おつかれさまでした。
体調は如何でしょうか?
注目の美術展を観ることが出来てよかったですね♪
混んでいたのは大変でしたが、心癒される一時ですね。

カイノスケさん

2013年09月08日 09:42

たくろーさん


プーシキン鑑賞、お疲れ様でしたね。
素晴らしい、分かりやすい解説コメントを掲載して頂き、ありがとうございます。
たくろーさんの様に事細かくコメントしないまでも、この掲示板を利用して、美術感想や情報、歴史背景、逸話等、掲載して頂けると、有難いですね。
これからも、掲示板でご報告、情報交換、宜しく願いしますね。