趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

近代日本美術の立役者 〜岡倉天心とその時代〜

21日に友人から事前に紹介して頂き、申し込んでいた横浜市立大学のエクステンション講座の「近代日本美術の立役者 〜岡倉天心とその時代〜」を聴講して来ました。
会場は横浜のJR関内駅から徒歩10分の所に位置する横浜市開港記念会館の講堂でした。(建物の説明は別の日記に掲載してありますので、ご参照下さい)。
この場所は実は天心の生誕の地でもあるのです(写真参照)。

前半は岡倉天心とその弟子たちと原三溪の関わりを中心に、後半は五浦時代の天心から日本美術院の再興を中心に、13:00〜17:00までの長時間での講演となりました。
講演会場は横浜市開港記念会館の講堂で、300人の方々が聴講に集まりました。40歳以上の方々が中心で、50代、60代の方々が多かった様に思います。
前半では、横浜市立大学准教授の松本郁代さんが自らの博士論文にした以下の内容を説明していました。内容は次の通りです。
先ずは天心が設立した日本美術院の名誉賛助会員であった三溪が、院の運営に協力するだけではなく、院の門下生である下村観山、横山大観、今村紫紅、小林古径、速水御舟らの近代日本画を確立した日本画家の作品を購入し、彼らの生活をも支えていたということ。
そして、その画家たちは三溪の強力な支援に応えるべく、各制作に打ち込み、数々の代表作を制作してその期待に応えていきます。こういう意味からも三溪の果たした役割は極めて偉大であり、近代美術史上からも重要な意義があったことを強調して説明して頂きました。そして、その始まりが天心と三溪という近代美術での偉大な批評家と支援者の出会いから始まり、豊かな実りを結んだと講演内容でも結んでいました。
説明内容はボリュームがありましたが、説明が少し単調に感じられ、正直、ちょっと居眠りこいてしまいました(苦笑)。

続いて、出光興産の設立者である出光佐三のお孫さんで出光美術館の学芸員、かつ青山学院大学の准教授の出光佐千子さんが生き続ける天心の理想と日本美術院の再興について以下の説明をして頂きました。
天心の弟子たちへの指導は具体的な内容ではなく、弟子たちの個性を尊重し、自由な発想と創造性を引き出すことを中心としていたこと。そして、弟子たちの人間関係と、天心から見た弟子たちの様子等にも触れた説明もあり、大変興味深く聴かせて頂きました。
特に天心の観山を思う気持ちが表れた一説として、天心の夫人談にはこうあります(一部抜粋)。「研究所での観山の辨天を見て小言を言って来たから、下村も多分寝ないで居るだろう。お前、観て来いというのです。・・・研究所まで行ってみますと、観山さんは屏風の前に坐って居られるのです。それで前日に主人が辨天の絵を見た時に、よくは出来ましたが、琵琶を持って居ても琵琶の音は聞こえて居ませんと言ったきり戻って来たのだということを知りました。観山さんはこれから一晩考えまして、辨天の座下に二三本ヒアウギの花を添えて描かれたものです。主人はそれを見て初めて楽の音が聞こえて来ましたと申されました。」天心はかなり、観山を買っていた様です。
更に日本美術院の再興以前からの横山大観と洋画家である小杉放菴との出会いと、日本画と洋画、先生と弟子の区別の無い、自己の能力で新しいものを生み出す絵画自由研究所の設立等についても説明がありました。
そして、天心の理想が実るのは、天心没後の日本美術院再興においてであり、天心を直接には知らない放菴と、天心の理想の継承者である大観との友情に受け継がれ、新しい日本画が開花していくと説明を結んでいました。

以上、4時間という長丁場での講義でしたが、実に内容が濃く、立派な資料も頂き、また、こういう講義を聴くチャンスが無ければ、知り得ない世界の貴重な話まで聴講でき、大変有意義な一日でした。
また、情報交換、情報収集して、皆さんにもご紹介したいと思います。
是非、次回はコミュニティの皆さんも参加・出席して、掲示板等で紹介して観て下さいね。

コメント

カイノスケさん

2013年09月22日 18:07

イリさん

こんばんは。イリさんは何事にも積極的ですし、私の良き、協力者・支援者ですよ!
これからも、色々な情報を密にして、楽しいコミュニティにして行きましょうね。
そうそう、クイズ形式の企画の続編も忘れてはなりませぬね(笑)。

カイノスケさん

2013年09月22日 18:04

なおこさん

こんにちは。コメント、ありがとうございます。
私も今回の講義を聴講する前まで、知らないことだらけでした(笑)。
こういう類の講演会や講義体では、そのばに行かないと聞けない、逸話や裏話もあり、とても為になりますよね。自分としての話題にもプラスになりますし、何か美術鑑賞する上での観方が少しずつ良い方向に行く気もしています。
やはり、何事にも「重い腰」を上げて行動せねば、趣味も何も拡がりや発展・進歩は無いですからね(笑)。今、行動しなければ、いつ行動するの? 「今でしょ」ですよね(笑)
私としては、横浜市大エクステンションは大学本部が我が家から徒歩で行けるので、よく参加しています。今回は横浜の関内での会場でしたが。

まこさん

2013年09月22日 17:58

貴重なお話をありがとうございます(^O^)
知らない事だらけでした。
重い腰をあげて、何事にも行動しないとダメですね。
ただの年寄りにならないように、見聞広めていきたいです。
これからも情報、宜しくお願い致します( ^_^)/~~~