趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

辻村深月?ツナグ?

この酷暑の中、意外なくらい併読本が多くなり、どれも読みかけの本ばかり。

併読ができない友人は、?複数の小説を併読するなんて、アタマがごっちゃになるから無理だよなあ?と言う。 少し欲張りなのかと自分でも思う事あり。

そんな中、先日読了できた辻村深月さんの「ツナグ」には感心した。
死んでしまった者と現在を生きる者とを橋渡しする使者が話の軸になるという、極めてリアリティの無いシチュエーション。或る意味ファンタジーではあるけれど、私的には苦手かなと、
読む前は最初は感じた。

しかし、この女性作家の筆力は、そんな予想をイイ意味で裏切ってくれ、
喪失感という、人の普遍的な心情に上手く迫りくる文章で読ませてもらった。
連作小説なので、ひとつひとつの短編としても楽しめる。

コメント

コメントはありません。