趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

スローライフの夢

私が、自然の中で暮らしたいといつも願っているのは、ズット子供の頃から大阪市内の国道1号線沿いで、車の交通量が多いコンクリートジャングルの中での暮らしが続いているからだと思います。

心が飢えている気がするんですね。植物と共生したい・・・という願い。すこしでもその願いを実現できたらとこのコミュを創りました。

もっと早くに実行したかったんですが、思うように環境を変える事ができませんでした。今でもまだ、思うように・・・には至りません。でも、皆さんとともに、夢に近づけたらと願っています。

60歳から始められた究極のナチュラルガーデンでの生活
絵本作家の故ターシャ・テューダさん
映像
http://video.weblio.jp/content/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC


今も京都大原から情報発信続けてくださる
ハーブ研究家 ベニシア・スタンリー・スミスさん

ブログ
http://www.venetia-international.com/m51_blog.php?p=11111

映像
http://video.weblio.jp/content/%E7%8C%AB%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%89%8B



京都綾部で今も自給自足生活実践され陰陽食養学での健康を教えてくださる
76歳野草研究家の若杉友子さん
ブログ
http://www.wakasugiba-chan.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/

植物との共生に生きられる私のあこがれの女性達です。


皆さんも尊敬されておられるマスターがおられましたら、ぜひご紹介くださいね!!

コメント

かりおんさん

2013年08月18日 01:36

今晩は、と言ってもこんなお時間ですが、

 晴耕雨読は勤勉ですか、それじゃわたくしには向いてないかもしれませんね、
 程遠いですから、

 スローライフほど、自然や自然の物にこだわらず、ただ単に昔の日本人が自然とともに
 生きたように晴れたら周りの畑や田んぼを耕し、雨が降ればのんびりと読書や思いを
 楽しむと簡単に考えていたので、安直すぎましたね^^、

あます さの子さん

2013年08月17日 20:23

かりおんさん
晴耕雨読って日本人の勤勉さの表現と思います。スローライフは、勤勉の反対で適当でいいやん!脱競争社会という意味を感じさせますね。(笑)

あます さの子さん

2013年08月17日 20:04

*まりん*さん
ステキな伯母さまがいらっしゃるんですね。お話を伺いたいです。
農業や林業を夢見ても、周りの家族は賛成より反対の方がが多いのではないでしょうか。そこを説得して、又は振り切って実行するのは本当に勇気とパワーが要りますね。
私の場合、父と母の出生地は福井県で、祖父母は農業と林業なんですよ。母は私が農業の苦労が分っていないから田舎が良いなどと言うと、反対します。確かにそうかも知れませんね。今から収益が上げれるほどの農業が出来るとは思っていないのですが。。。そういうのは、農的生活という呼称表現があるそうです。。。
自分の中にはあきらめきれない望みがあります。血統かも。。とも思います。

かりおんさん

2013年08月16日 22:19

今晩は、

 ターシャおばあさんは日本でもブームになりましたね、あれから結構自然に任せたお庭が
 増えたのではないかしらと思います、

 ベニシアさんも関西では有名ですよね、恥ずかしながら若杉さんは存じませんでしたが、
 T・Vの人生の楽園とかも良いですよね、

 文明が進みすぎると自然回帰が起こるのではないかとか思った時期がありましたが、
 今は、スローライフと言う呼び方ですが、わたくしが思うのは晴耕雨読です、
 そう、自然の中で心も穏かに静かに暮らせるならば最高ですね、

*ともさん

2013年08月16日 18:18

素晴らしいですね( 〃▽〃)

私事ですが
伯母が新潟の山林を買い、長い年月を掛けて終の住処を持ちました。
計画から何十年という月日を費やし
定年と同時に移り住み
10年経った今、田畑を耕し。
地元の人達に教わりながら、交流を深めているようです♪

夢を現実にする力。
並大抵の事では無いと思います。

素敵な方々の後に続けたら…幸せですね( 〃▽〃)