趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

日本に古くからある楽器は不便?どうしてと言われて・・・

毎年、文化財施設の旧篠原家住宅で,色んなジャンルの方を誘い「ミニコンサート演奏会」しています。その準備で昨日「下見」ま〜数日前もご一緒する方をご案内したのですが、説明役。曲目や全体の構想を考えるには「独り」が最高、で100年はたつ「建物」に「どうしようか?」なんて聞きます。1時間半もいたのでそこのNPO法人の方々ともおしゃべり。昨年「文庫蔵」での琵琶の響きが凄く良かった〜と感想お聴かせ下さいました。4日間のうち、混雑しないであろう3日間の午前中が「文庫倉」
内1日は「雨」で凄い「湿度」。最初楽器が「濡れたような感じで、手を動かすのも、ひっかかり、歌いながら「手ぬぐいで楽器を拭きふき」\\

これには驚いたそう・・・「湿度が高いと,響かないんです。本当は演奏お断りしたいくらい」「え〜?」と言われ「そうそう、雅楽ででも,なんか聞いたことある」・・と言う会話に。

まるで音楽に関係ないある方が「どうして?そんなに不便なの?じゃ〜演奏に最適なのはいつ?」「え=やはり春と秋!」「自然素材を使うからでしょう?」「季節に逆らってまで何かする、今みたいに、クーラーだのなんて想定してないからだろう」

この旧篠原家住宅にいると「自然に逆らわない」そんな気がします〜

コメント

コメントはありません。