趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

二重生活

みなさんこんばんは、初めまして、熊とニラメッコ(略して「熊ニラ」)と申します。

所有する里山で熊と遭遇、ニラメッコしたのでニックネームにしました。

18年間の里山通いで2回熊と遭遇しています。

昨年の秋、山荘のログハウスが完成し、東京8割、山梨県の山荘2割で二重生活始めました。

当初は隣の山の白樺林が凄くきれいで、キャンプしていていい雰囲気でしたが、今はコナラにとって代わられ想定より早い林層の変化に驚いています。

どこまで見届けられるかわかりませんが、里山における地球温暖化の影響を見届けたいと思います。

お勧めの料理があります。その一つは、ヤマメかニジマスのネギ味噌と酒を使った朴ノ木の若葉の包み焼です。とっても美味しいですヨ!

コメント

熊とニラメッコさん

2013年08月22日 08:03

べっこさん 里山愛好会参加ご承認ありがとうございます。

コミュの皆さん、熊とニラメッコは長いネームなので「熊ニラ」で構いませんのでそう呼んでくださいませ。

里山のあるところは、6町村合併で北杜市になりました。この夏、多目的ダムの塩川ダムは8割がたの貯水がされていましたが、防災北杜の有線放送では、「このところの猛暑で水の使用量が急に増えました。使用者のみなさん節水をお願いします」と呼び掛けていました。

つまり、ダムの水はあるが、浄水能力が供給量に追いつかないので節水しろ…ということですネ。 町村合併の負の面が現れたことになります。

この夏大雨に襲われた地方でも水不足になったと情報が入りました。浄水場に土砂が入り込んでしまって浄水機能を停止したとか、災害(泥水被害)を受けた方々が、掃除や水洗いのため浄水能力を超えて水を使用したため断水したとのことでした。

東日本大震災級の災害でなくても災害に遭えば、正常にに暮らせるようになるまで大変な労力と時間とお金が必要になると思います。

雑木林の里山は比較的災害には強いのですが、それでも、山の整備がされなければ災害強度は下がります。
だから、里山整備は必要ですが、義務感を強調したら面白くありません。里山整備をしたらこんな楽しいこともあるヨ!って情報発信したいし情報交換したいと思います。 (=^・^=)

べっこさん

2013年08月21日 23:46

熊とニラメッコさん
参加、ありがとうございます♪

18年間の里山通いで2回熊と遭遇しています。
⇒無事でなによりです。
貴重な18年の経験、機会があれば色々紹介してください。
朴ノ木の若葉の包み焼も食べてみたいですね。

これから、宜しくお願いします。

熊とニラメッコさん

2013年08月21日 19:23

マーガレットさん こんばんはどうぞよろしくお願いいたします。

羊毛を紡いで作品ですか? 素敵ですネ。

熊ニラは、今のところ、素材に一工夫しておいしく食べることがもっかの趣味です。

これから冬に向かってマキ小屋を作り、ストーブにくべるまきの確保(昨年は足りなかった)に乗り出します。

これは趣味ではなく、シェルター(災害の備え)に備えるべきものです。 なんちゃって!(=^・^=)

マーガレットさん

2013年08月21日 10:37

こんにちわ、熊ニラ(略でスミマセン)さん
愛知県知多半島から参加のマーガレットです、
どうぞよろしくお願いいたします。

友達が安曇野へ移住して5年になります。
当初は冬の寒さでココロが折れそうになったそうですが今は冬の過ごし方を
覚えてすっかり安曇野に馴染んだそうです^^

山荘の生活は夢です^^(山荘で羊毛を紡いで作品を作る)