趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

落語で大きくなった

大昔の中学時代・ラジオの時代。
親が聴いていたせいで落語に親しみましたね、主にラジオからです。
そうそう、NHKのホールに友達と行ったっけ。
葉書をだして抽選に当たって、大喜びで聴きに。
で、一回抽選で当たると次からは申し込みをするだけで聴きに行けたものです。
何回行ったろう、高校受験のせいでいつの間にか行かなくなった。

落語で色々教わりましたね。
人生の機微も何となく分かったし、苦いユーモアも理解出来るようになった。
落語は大人への先生でした。
それが三平の落語だか・漫談だかが流行った時につまらなくなり離れました。

さて、今りーさんの落語への取り組みを知り、ぜひお仲間に入れて頂き落語の楽しさを再び味わいたい思いが湧きました。
よろしくお願いします。

コメント

り−さん

2013年09月05日 23:26

シップさん、いらっしゃ〜いまし!

わたしは、管理人ではあるのですが、同時に落語初心者のようなものです。
いろいろとトンチンカンなこともいうかも知れません。
そういうときは、教えてくださいね。

今回、上野広小路での立川流夜席にご一緒できますね。
今回の立川流落語ではきっと若い方のしっかりした芸をみられると思います。
とはいうものの、生落語は時として期待を大幅に裏切ることもあります。
それも含めて、おおきな気持ちで大いに楽しみましょうね。

どうぞ、よろしくお願いいたします。