趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

宮崎市・橘橋の街灯

宮崎市・橘橋の街灯

橘橋は、大淀川に架かる国道220号線の橋。

江戸時代、九州の南東部では、延岡藩、高鍋藩、飫肥藩、幕府料(いわゆる天領)などが対峙しており、大淀川下流部には、橋が掛けられず、渡し船が唯一の交通手段であった。

明治維新後、宮崎の医師福島邦成は、橋の有用性を説きながら、架橋の申請を繰り返し、ついに、架橋を許可された。

初代橘橋は、明治6年、福島邦成が中心となり、宮崎の商人久世源一と、荒川唯一、鹿児島の商人林次郎らが、1500円を出資して、橋を完成させたが、数ヶ月後には洪水のため流失し、写真などの記録は残っていないという。

二代目橘橋は、明治13年、着工。1700円の費用をかけて、同年4月24日に完成。長さ381メートル、幅3.9メートルであった。後に、この橋も、洪水のため流失。

三代目橘橋は、明治17年、三たび、福島邦成が私費を投じて完成。同年6月17日、修理用杉材とともに、宮崎県に寄贈。

現代の橋は、六代目。昭和49年9月、二車線分が完成。
昭和54年6月、四車線化された。長さ389メートル、幅28.8メートル。

写真は、平成25年8月20日、撮影。

コメント

かわ♪さん

2013年08月22日 21:25

明治の初めの頃は1500〜1700円で巨大な橋が建設できたのですネ!
現在の貨幣価値ではいくらになるのだろうと・・・・・^^;

何度も私費を投じた篤志家はたいしたものですネ!

高速道路や高架橋の運転中の撮影は、出来ればお止めください。

お願いいたします----ヨロシク<(_ _*)X(*_ _)>ヨロシク