趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

こんな国とどうやって付き合えば良いのだろう???<<中国共産党員が「汚職の自白強要され溺死」、国営メディア報道>>

<<<中国共産党員が「汚職の自白強要され溺死」
                          国営メディア報道>>>


<<【9月5日 AFP=時事】中国当局に汚職の疑いで身柄を拘束され、勾留中だった4月に死亡した中国共産党員が、自白を強要された際に裸にされ、水を張ったバスタブに押さえつけられて溺死したとみられることが分かった。中国国営メディアが4日、報じた。

中国東部・温州(Wenzhou)市で国営企業の主任技術者を務めていた於其一(Yu Qiyi)さん(当時42)は、土地取引をめぐる汚職の疑いで3月上旬から身柄を拘束されていた。


 国営紙・京華時報(Beijing Times)が伝えた検察当局の裁判所提出文書によると、取り調べで汚職調査官が満足する返答をしなかった於さんは、「氷水」が張られたバスタブに数回にわたり押さえつけられた。調査官らは、於さんがもがくのをやめるまでこれを続けたとされる。於さんは病院に搬送され、数時間後に死亡が確認された。


 同紙が写真を掲載した検視報告書によると、液体を飲むよう強要されたことが、肺の機能不全と死につながったことが分かった。また、遺体には複数のあざがあったと遺族は話しているという。


 同紙によると、於さんを尋問した調査官6人(うち5人は中国共産党の規律調査官)は、故意傷害の疑いで訴追され、裁判にかけられる予定だ。


 中国では、汚職調査を受けていた党員が不審死する事件が6月にも起きている。(c)AFP=時事/AFPBB News>>


まぁ、「汚職が出世の階段である」国とはいえ・・・・・・

100年以上も前の清国じゃあるまいし・・・・・

この事態が、「中国での取調べの通常のやり方」であり、「死刑判決を下し、裁判所から連れ出して、即刻そこの裏口で公開銃殺をする国だから・・・・・・

国際アムネスティが、この実態に対して動いているような報道もないし・・・・・・(数年前、中国から麻薬を密輸しようとして逮捕された4人の日本人の死刑執行を止めようと抗議したが、無視されたことがありましたが・・!!)

それより深刻なのが、「チベット」問題。

既に120人近いチベットの仏僧が、抗議の「焼身自殺」をしている事実・・・・・

これを中国人民政府は、中国人民の耳や目を逸らすために「尖閣問題で反日運動を起こしている」のだから日本は「国連でもっと多くの事実を挙げて”反日運動を止めさせる圧力をアピールする方法を取るべき!!!

前の国家主席の胡錦濤は、「自分の出世のために、チベットの住民を弾圧したことを利用したこと」は、有名な話である。

http://dev-media.blogspot.jp/2013/05/blog-post_7.html#!/2013/05/blog-post_7.html

こんな国家と、どう付き合えば良いのだろう??

コメント

ヒロちゃんさん

2013年09月06日 05:01


>鎖国

そうですね。
江戸時代に戻れば良いのでしょうかね?

しかし、貿易をしなければ、3000万人しか生活できません。
技術の進歩でまかなうと言っても可能なのでしょうか?

確かに、人口減少するのですから
可能なのかも知れないかも知れないですね。

徐々に、自給自足できるように計画を立て(当然、技術向上)、
自立に向かってソフトランディングでしょう。

人間、「分相応」「足るを知る」が一番。


でも、日本は自然に恵まれているから自分勝手は許されないかもね!

元凶は、お金儲けだけの商売です。
金融だけで食って行くとしても自分の食い扶持だけに制限したらどうですか?

日本が行って来た様に、
(「売れるから売るのではなく」)
「相手を慮った商売」が基本ではないでしょうか?