趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

中国の雰囲気が、少しおかしい!!!<<<思想教育の総元締「中央党校」から反乱ののろし>>>

中国の雰囲気が、少しおかしい!!!

<<<思想教育の総元締「中央党校」から反乱ののろし>>>

<<中国には「中央党校」という特別な学校がある。共産党中央委員会直属の教育機関で、党の高級幹部の養成を主な任務としている。かつて毛沢東もその校長を兼任したことがあり、中央党校は党の思想教育の総元締という位置づけである。

 だが最近、この中央党校から「思想」にかかわる重要問題に関し、党中央の方針に真っ正面から対抗するという前代未聞の動きが見られたのである。

 たとえば今月2日、民間企業運営の「共識網」というサイトが、中央党校の女性教師、蔡霞教授の講演録を掲載した。彼女は講演の中で「憲政こそは国家安定維持の大計」だと訴えて、持論の憲政擁護論を展開した。

 7月18日掲載の本欄が記しているように、中国では今、いわゆる「憲政論争」が巻き起こっている。民間知識人の多くが「憲法を基本とする政治」を求めているのに対して、「党の指導的立場が否定される」と危惧する党直属宣伝機関は批判のキャンペーンを始めた。共産党中央委員会機関紙の人民日報も8月5日から3日連続で「憲政批判」の論評を掲載し、キャンペーンの展開に力を入れている。

 だが、党中央直属の人民日報が「憲政批判」を展開している中で、同じ党中央直属の中央党校の教師が堂々とそれに対抗して憲政擁護論をぶち上げている。共産党のいわば「中枢神経」において、分裂が始まっているのだ。

同じ今月2日、中央党校機関紙の『学習時報』が衝撃的な内容をもつ論評を掲載した。

 書いたのは中央党校の宋恵昌教授である。中国周王朝きっての暴君の●(=がんだれに萬)王が民衆の不満の声を力ずくで封じ込めた結果、自分自身が追放される憂き目にあったとの故事を引用しながら、「民衆の口をふさいではいけない」と説いた内容。昨今の中国の政治事情を知る者なら、この論評の意図するところが即時に理解できたはずだ。

 習近平国家主席率いる指導部は今、ネット世論を中心とする「民衆の声」を封じ込めようと躍起になっている。

 今月4日、国営新華社通信の李従軍社長が人民日報に寄稿して「旗幟(きし)鮮明に世論闘争を行う」と宣言し、軍機関誌の解放軍報も同じ日に「ネット世論闘争の主導権を握ろう」との論評を掲載した。党と軍を代弁する両紙が口をそろえて「闘争」という殺気のみなぎる言葉を使って、ネット世論への宣戦布告を行っているのだ。

 こうしてみると、上述の学習時報論評は明らかに、党指導部が展開する世論封じ込めに対する痛烈な批判であることがよく分かる。論評は、「いかなる時代においても、権力を手に入れれば民衆の口をふさげると思うのは大間違いだ。それが一時的に成功できたとしても、最終的には民衆によって権力の座から引き下ろされることとなる」と淡々と語っているが、誰の目から見てもそれは、最高権力者である習近平氏その人への大胆不敵な警告なのである。

当の習氏がこの論評に目を通せば、ショックの大きさで足元が揺れるような思いであろう。本来なら、自分の親衛隊であるはずの中央党校の教師に指をさされるような形で批判されるようでは、党の最高指導者のメンツと権威はなきも同然である。

 そして、中央党校の2人の教師が同時に立ち上がって党指導部に反乱ののろしを上げたこの事態は、習近平指導部が党内の統制に失敗していることを示していると同時に、共産党が思想・イデオロギーの面においてすでに収拾のつかない混乱状態に陥っていることを如実に物語っている。

 習政権発足当時からささやかれてきた「習近平がラストエンペラーとなる」との予言はひょっとしたら、実現されるのかもしれない。>>

歴史上、国家の体制が崩壊するのは、「いかなる時代においても、権力を手に入れれば民衆の口をふさげると思うのは大間違いだ。それが一時的に成功できたとしても、最終的には民衆によって権力の座から引き下ろされることとなる」と言う歴史的必然の通りになりそうだから・・・・

上記文中に<習近平国家主席率いる指導部は今、ネット世論を中心とする「民衆の声」を封じ込めようと躍起になっている。>とあり、ネットへの書き込みにおいてあれだけ「言論統制」を行い、先日は中国のネット書き込みにおいて、『使用禁止用語』を決めて締め付けを強化したのに・・・

でも、それは当然ですネ!!!

そのような「国民大衆の不満や不安は、隠せば隠す程”内圧が高まり”ついには社会体制破壊の爆発、即ち『革命』となって時の政権は潰されてしまうのだから・・・・

中国政府は、国民大衆の不満を「反日・尖閣問題」にすり替えようとしているが、もうそれも底が割れた感じになっている。

これは、なにを意味するのか????

自分が言うまでも無かろう。

コメント

hideziiさん

2013年09月12日 15:25

このコメントを入れ終わった途端に、コメントを補強してくれるような記事が・・・

<<<「ネット世論」にすくむ中韓指導者>>>
2013.9.12 11:24
 
<<外交とは、国家の命運をかけた冷徹なパワーゲームであると同時に、それぞれの国の愚かしくも子供っぽくも見える国内事情が、そのまま反映する人間くさいドラマなのだと感じる。特に、自らが長年利用してきた「反日」に自縄自縛となり、身動きがとれなくなっている中国、韓国の現状がそれを表している。

 「中国では、役人や軍人の汚職、腐敗問題など内政上の混乱が外交の混乱につながっている。さらに指導部は、中国版ツイッターなどインターネット上の声に過敏になっている」

 このほど意見交換する機会があった中国のある改革派知識人はこう語った上で、中国の言論空間のちぐはぐさを指摘した。

 「中国は民主主義ではないし、(新聞、テレビなどの)言論の自由も完全じゃない。一方でネットメディアは非常に発達している」

 中国共産党幹部にすれば、コントロール下に置いてきた既存メディアと異なり、過激な言説や内部告発情報が飛び交うネットは制御不能な「怪物」に思えるのだろう。最近では、ネット上のオピニオンリーダーが、明確な理由も示されないまま逮捕される事例も目立つという。

 過敏な対応は中国当局の「おびえ」を表している。ただでさえ「13億の民を統治していくことは大変」(安倍晋三首相)なのに、国内では権力闘争が続き、習近平国家主席の政権基盤は「いつ体制固めができるか全く分からない」(改革派知識人)。連日のように党幹部のスキャンダルが明らかになる中で、頼みの経済成長は減速気味だ。
そこでネット上の「世論」が対日強硬姿勢を求めたならば、指導部はそれに引きずられざるを得ない。中国指導部はそんな受動的立場にあるのではないか。

 ロシアで5日に開かれた20カ国・地域(G20)首脳会合で、安倍首相に声をかけられた習氏は、握手には応じたものの「まるでロボットみたいに」(関係者)じっと固まってしまい、なかなか言葉が出なかった。

 虚を突かれたという部分もあろうが、そもそも中国側には日本と関係改善を話し合う十分な準備も心の余裕もなかったのかもしれない。これは韓国も同じだ。

 G20で安倍首相は、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領とも立ち話をした。韓国メディアはこの時の朴氏の対応を「冷淡」だったとのニュアンスで報じているが、実は朴氏は非常ににこやかで会話の中身も常識的で、握手も交わしていたと聞く。

 8月に東南アジアで開催された国際会議で、韓国の外務省高官と隣り合わせた鈴木俊一外務副大臣は、延々と「本当は韓国政府は反日ではない」という趣旨の釈明を受けた。要は国内メディアが怖いので表向き日本批判を続けたいが、「真意を理解してほしい」という勝手な言い分である。

 結局、中韓両国とも国内世論の前に立ちすくみ、政権の事情で日本との関係改善を拒んでいる側面が大きい。日本はこれまで通り「対話のドアは開いている」と第三国にアピールしつつ、中韓両国は当面放っておくのが正しいのだろう。>>

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130912/plc13091211250004-n1.htm

そして、この一言が・・・・

<結局、中韓両国とも国内世論の前に立ちすくみ、政権の事情で日本との関係改善を拒んでいる側面が大きい。日本はこれまで通り「対話のドアは開いている」と第三国にアピールしつつ、中韓両国は当面放っておくのが正しいのだろう。>

まさに”自縄自縛”!!!!

大いに苦しむことだネ!!!!!

hideziiさん

2013年09月12日 11:46

字数制限で加えられなかった部分です。

引用の出典は、2013.9.12 [石平のChina Watch]

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130912/chn13091208030001-n3.htm

南朝鮮の女大統領は、「日本憎し」から政治的に”中国の妾”になっているにも関わらず、最近早くも14社もの進出企業が中国から撤退している。

.<<<韓国企業14社が中国から集団撤退、
     人件費高騰とFTAが背景に―韓国紙>>>
Record China 9月4日(水)2時49分配信

<<2日、中国へ進出していた韓国の宝飾企業14社が、人件費の高騰などの理由から集団で撤退することになった。同一産業の企業が集団で撤退するのは初めてのことだという。>>

逃げれば良い物ではないが、日本企業の「逃げ足の鈍さ」が気になる。