趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ハイ、上等です!!!「戦争をしたいのなら、どうぞ”領空侵犯”してもいいですヨ!!!」どうせ、警告の問いかけをしても、「”無人機”だから回答できないのだろうから・・・」  日本は覚悟は出来ていますヨ!!

最初から言ってありますよネ!!!

<<<中国の無人機を「撃墜すれば戦闘行動」、
            日本の無人機対策を警戒 中国軍>>>
                           2013.9.24 20:06 [中国]
 
<<国籍不明の無人機が領空侵犯した際の対処方針策定を日本政府が進めていることを受け、中国軍のシンクタンク、軍事科学院の杜文竜研究員(大佐)は「日本が中国軍の無人機を撃墜すれば戦闘行動とみなす」との見解を示した。共産党機関紙、人民日報のウェブサイト「人民網」が24日伝えた。

 中国は日本の対処方針の策定を警戒。党や政府系メディアは最近、「中国軍の正常な訓練活動に対してヒステリックになっている」などと日本側に強く警告する論評を掲載している。

 杜氏は、日本が無人機撃墜のほか、遠隔操作のための衛星利用測位システム(GPS)や中国独自の測位システム「コンパス」などへの電波妨害を仕掛けてくる可能性があると指摘。

 その上で「(東シナ海を飛行する中国軍の無人機を撃墜すれば)この領空に侵入してきた日本の航空機などを全て撃ち落とす」と強調。(共同)>>


<<危険度高い中国の領空侵犯 
        空自の対応が中国空軍出動の口実に>>


関連トピックス安全保障
関連ニュース【名言か迷言か】無人機撃墜を検討 安倍政権「脅しに屈しません」
「脅しには屈しない」

 安倍晋三首相は政権発足後、民主党政権の軟弱体質で中韓露などに押し込まれていた日本の外交を立て直すため、周囲にこう語っていた。

 その決意の表れの1つが、政府が策定作業に着手した無人機への対処方針だ。

 国籍不明の無人機が領空侵犯し、国民の生命や財産に危害を及ぼす可能性がある場合は撃墜の対応も視野に入れている。

 「撃墜」という言葉を聞くと、何か過激なイメージをもつ人もいるかもしれないが、「武力衝突を未然に防ぐ有効な手段の1つ」(政府関係者)でもある。

 一般の有人航空機の領空侵犯に対しては、航空自衛隊の戦闘機などが緊急発進(スクランブル)し、無線や警告サインを通じて領空からの退去や着陸を求める。

 しかし無人機となれば、空中での無線や警告サインが機能しない可能性が高い。その無人機が住宅街や原子力発電所、石油化学コンビナートなどに墜落すれば、甚大な被害を及ぼす可能性があるからだ。

 また、「国民の生命と財産に危害を与えかねない危険な行為には断固とした措置で対応する」という日本のメッセージを国外に発信することで、無用な摩擦を避ける狙いがある。

< 前のページ 1 2 3 4 次のページ >
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130921/plc13092112040006-n1.htm


中国無人機、実効支配が狙い 昨年以降、投入を公言
中国無人機、運用能力低くない 尖閣周辺で海保目視 対応急務
中国無人機、過去にも飛来か 尖閣周辺で海保目視 昨年末と

そんな脅しには、もう屈しないのですから・・・・・・

もし疑うのなら、「領空侵犯して来なさい」!!!!

出来るもんなら、やって来い!!!!

このことは、現在訪米中の安倍首相が、国連での演説に盛り込むでしょうから、楽しみにしていたら良い!!!

コメント

hideziiさん

2013年09月25日 01:38

兎に角、「撃墜」でなく、「捕獲」の方向の技術の開発が良いでしょうネ!!!

方法は・・・・

日本の得意分野だけれど、危ないので、ここでは公開しないでおきましょう!!!

あとで、「ミニメールで情報の交換」が面白そうですネ!!!

ヒロちゃんさん

2013年09月25日 01:25


>無人機を「撃墜しないように射撃して、回収させる」

可能では?
追走して重い(自走できる)物をぶら下げながら並走させて減速させながら取り込み、回収?

hideziiさん

2013年09月24日 23:23

中国の無人機を「撃墜しないように射撃して、回収させる」と中国は震えあがると思うのですがネ!!!

そして、なんと言ってくるか、楽しみです。

中国のクレームに対して、「自衛隊機が攻撃した証拠を示せ」と、日本が中国に逆襲したら、どうなるでしょうかネ!!!

光太さん

2013年09月24日 22:57

中国の狙いは、日本政府に「戦争するぞ!!戦争するぞ!!」と絶えず脅かして、

『中国と戦争になったら、大変だから、中国の言うとうりにしよう。』 と、世論を巻き込む事です。

尖閣においても、「自衛隊は、攻撃してこないせいぜい 放水・放送程度」 となめています。

最近の放水機は、護衛艦の搭載ヘリを洗浄する為、水圧は強いですが、水は水です。

中国海軍の為にも、そんな 放水機を使うのはやめて、優しく銃撃して沈めてあげましょう。

中国が、最も嫌がるのは、日本政府が自衛隊に”出動命令”を出す事です。

hideziiさん

2013年09月24日 22:05

<<<領空侵入の無人機撃墜、
       政府が検討 対処方針策定に着手>>>

<<中国軍が無人機を尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で飛行させたことを受け、政府が国籍不明の無人機に関し、領空に侵入し国民の生命・財産に危害を及ぼしかねない事態での対処方針の策定に着手したことが17日、分かった。対処方針に撃墜任務を盛り込むことも検討。航空自衛隊のパイロットに武器使用のあり方を徹底させるため、部隊行動基準(ROE)に反映させることも視野に入れる。

 対処方針は防衛省と外務省を中心に策定する。国籍不明の無人機が領空やその外側に設けられた防空識別圏に入れば、空自の戦闘機などが緊急発進(スクランブル)で対処するため、その際の任務を定めておく必要があると判断した。

 一般の有人航空機への対処では、地上のレーダーサイトや早期警戒機E2C、空中警戒管制機AWACSで航空機を確認、国籍などを識別する。外国の航空機と識別できれば、スクランブルで出動する空自戦闘機のパイロットが、無線や警告サインを通じ領空に入らないよう退去や着陸を求める。

 ただ、パイロットが搭乗していない無人機の場合、空中での無線や警告サインが機能しない可能性が高い。尖閣諸島の領有で不当な主張を繰り返す中国側が、日本側の警告が伝わらないことを逆手にとり、尖閣周辺などで領空接近を常態化させる恐れもある。

 政府高官は「攻撃能力のある無人機が突発的に航空機や船舶に攻撃を仕掛けてくることも念頭に置く必要がある」と指摘。このため対処方針で撃墜までの手順を定めるが、備えに万全を期すことで中国側の挑発拡大を抑止する狙いもある。

 香港メディアは、今月9日に尖閣周辺を飛行した無人機について、ミサイルを搭載可能な中国軍の「翼竜」と報じている。>>

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130918/plc13091808150006-n1.htm

提起文に書いてある通り、日本は覚悟を決めているので、間違わないようにネ!!!