趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

今朝のベランダパトロール

朝顔、いまだアチコチ発芽のしてて
でも ひと足も ふた足も早くの発芽組
その中からボチボチ開花始めてて1輪は奇形
2輪は まあまあ まともに開花
でもって来週辺り開花しそう蕾もチラホラ
そんな朝顔達、今朝にゃ水溶性肥料の
根方撒いたりしてたです
肥料、ちったあ開花
応援なってりゃいんですが。。

画像の1,奇形であって尚且つ全開しきれそうない花びら
画像の2、来週開花しそうつぼみの3
・・・・ ちと見づらいですが
画像の3、こちらはマトモに開花
花びらチャッコイですが一応全開っす ^^

コメント

田中 かくへいさん

2021年06月02日 21:34

やっこさん

地球上もっとも罪深きは人類。哺乳類も同種の
人間同士でも いくさと言う名のもと殺し合う現実。

許されざる存在。置かれたました環境により
それが悪と理解出来ぬまま罪を犯す。
これが今の人類ってことなのかしれません

地球上すべての生きとし生ける者達に圧。
生物圧かけているの人類。いわゆる・・ ひとです。
この根源の改善。同し地球の仲間たちを慈しようなるには
具体的に未来のオトナ、子供らの教育いったい 
・・・・ どうしたらいいのかな。。 

やっこさん

2021年06月02日 21:07

田中 かくへいさん、虎や豹が馬、羊を追い掛け我物にし、
鳶や鷹が燕やカラスを追いこれも又餌食に。
弱肉強食と云う言葉で世界は回って居ます。

人間の浅はかさで弱小な生き物を虐め尽くすのはエゴです。快感を味わうのは!
特に若者に多い。
これは大人になり切れない年代の愚か者の仕業と考える。
今にきっと報いが来る。←顎を打倒されこき落とされ弱り切り徐々に衰えて行くのであり目の前に餌があっても痛さで食べられない猫。こんな事があっても許されるものであろうか。

人間の傲慢さから来たもので到底許されない。

田中 かくへいさん

2021年06月02日 16:54

本日6度目、ベランダパト ^^;

レタスとバジルをば収穫、今宵の肴も山羊さん食
葉っぱ中心、食ってきましょかと ^^;

田中 かくへいさん

2021年06月02日 12:34

やっこさんご提示くださいました まだら猫さんがこと。
人の都合で幸せにも不幸にもなる。
人類に翻弄されます動物達
同じ哺乳類でありながら人類だけがなぜ こんなにまで
自我強き生命体へと進化しただかさっぱりわかりませんが
地球上に於いて第一次生命体、第二次生命体の滅びのち
第三次生命体として今の生物全般があるわけで
他の星から水が地球にもたらされたように第三次生命体
これもまた他の場より何らかの形、もたらされたのかしれません
そして人類、進化の過程、いまだ爬虫類だった頃の狂暴性
それが遺伝子の中。色濃く残ってんのかしんないっすね

トータルユニティー。 共生。 共に生きます地球の仲間
地球って船に乗り宇宙って大海原を共に航海しますクルー
生命体は一連托生。猫さんもワンコさんも多の生命体も
大海原をドリフトしますドリフターズ一員なんですが
人類ワタクシもふくめこの真理、中々たどり着けずに居る現実
果たして人類、そこまで成熟出来る者達なんでしょか?
・・・・ なんだか溜息出ちゃいます ^^;

田中 かくへいさん

2021年06月02日 11:57

やっこさん

人間の勝手な都合で住む場を奪われる野生の動物
そして人間のテリトリー内で暮らします動物も。

勿論人類、植物も含め他の生命を奪い、それを糧に生を繋ぐ動物ではありますが食、そこに感謝あってこそ
殺生も許される行為なんだろなあと推測します。

それ以外は生物圧、虐待に直結するんじゃなかろうか
・・・・ 常々思っておりますが。

まだらの猫さん。よき里親さんとの巡り合い
・・・・ 願わずにはおられません。

やっこさん

2021年06月02日 11:29

余り知られていないがペットが東南アジアから大量に輸入されている。爬虫類両生類など。たまに変種も。

かく家のは正真正銘の日本産 種。

又もや週刊誌からですまだらちゃんこの猫ちゃん近所のAさん飼って呉れたのですが
元々3匹もいて~又々追い出されてしまったまだらちゃんなのです。

毎日ここへ来てはAさん家を見つめているのだそうです。切ないです。