趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

第48回 ♪ 昭和を唄う! in 高槻 8月18日(土)

このイベントは終了しました

第48回 ♪ 昭和を唄う! in 高槻 8月18日(土)
開催日時:

開催場所:大阪府高槻市高槻町16-2 杉本ビル2F 地図を見る

このイベントは終了しました

コミュニティ 懐メロ ♪ 愛唱倶楽部
主催者 もー
カテゴリ 音楽鑑賞・演奏
タグ
  • 昭和歌謡
  • カラオケ
  • 邦楽
料金
  • 820円
料金用途 場所使用料金(シニア割引)
参加人数 8名
募集人数 8名 受付終了
最小催行人数 4名
対象 成人男女を対象
開催日時
開催場所 大阪府高槻市高槻町16-2 杉本ビル2F 地図を見る
募集期間
イベント内容
「懐メロ ♪ 愛唱倶楽部」 コミュへようこそ!
☆☆ イベント ♪ 昭和を歌う!in 高槻 ☆☆

激動の昭和時代は 歌の宝庫ですよねぇ〜。
先ずは昭和時代を戦前・戦後に大別し それぞれの
年代に活躍した歌手を中心に "私見も加え"まとめ
てみました。
ご覧いただき 当時のことを想い出して…唄って
頂くきっかけになれば嬉しいです。
 
■戦前 (大衆歌曲→歌謡曲の誕生)
藤山一郎, 淡谷のり子, 東海林太郎, ディック ミネ,
松平 晃, 松島詩子, 渡辺はま子, 霧島 昇, ミス コロ
ンビア (松原 操)灰田勝彦, 伊藤久男, 岡 晴夫, 田
端義夫, 二葉あき子, 高峰三枝子, 奈良光枝, 菅原都
々子, 近江敏郎, 小畑 実, 菊池章子, など‥

■戦後 (歌謡曲の成熟→多様化)
並木路子, 岡本敦郎, 津村 謙, 笠置シヅ子, 織井茂
子, 平野愛子, 美空ひばり, 若原一郎, 暁テル子, 鶴
田浩二, 青木光一, 江利チエミ, ペギー葉山, 春日
八郎, 三浦洸一, 藤島桓夫, 三橋美智也, 島倉千代子
大津美子, 小林 旭, 橋 幸夫, 舟木一夫, 西郷輝彦
バーブ佐竹, 小柳ルミ子, 五木ひろし, 倍賞千恵子,
和田アキ子, 河島英五, さだ まさし, さとう宗幸,
松山千春, 谷村新司, テレサ テン, 長渕 剛, など‥

■カテゴリー別
★ムード歌謡系 = 昭和30年代〜
フランク永井, 石原裕次郎, 松尾和子, 水原 弘,
西田佐知子, 沢たまき, 愛田健二, 黒木 憲, ちあき
なおみ, 瀬川瑛子, 箱崎晋一朗, 斉条史朗, マヒナ
スターズ, ロス プリモス, 東京ロマンチカ, ロス
インディオス, ハニー シックス, アロー ナイツ,
など‥

★和製ポップス系 = 昭和30年代中頃〜
ザ ピーナッツ, 坂本 九, 伊東ゆかり, 中尾ミエ,
園まり, 弘田三枝子, 森山加代子, 梓みちよ, 布
施 明, 加山雄三, 黛ジュン, ペドロ&カプリシャ
ス, ザ キング トーンズ, など‥

★フォーク系 = 昭和30年代中頃〜
マイク真木, 高石友也, 森山良子, あがた森魚, 吉
田拓郎, 井上陽水, フォーク クルセィダーズ, クラ
イマックス, ビリーバンバン, 赤い鳥, かぐや姫,
ウイーク エンド, など‥

★グループサウンズ系 = 昭和40年代〜
ブルー コメッツ, ザ スパイダーズ, ザ サベ ージ,
ザ タイガース, テンプターズ, ワイルド ワンズ,
ヴィレッジ シンガーズ, オックス, ザ カーナビー
ツ, など‥

★コーラス・グループ (ムード歌謡系 以外)
☆男性= ダーク ダックス, ディユーク エイセス,
ボニージャックス, ☆女性= スリー グレイセス,
スリー キャッツ、シンガーズ スリー,
それにアイドル系分野のキャンディーズ, ピンク
レディ, それと ニューミュージック系のハィファ
イ セット, サーカス, など‥

★その他
昭和30年始め 東京から流行った”歌声喫茶” での
ロシア民謡や唱歌・抒情歌も懐かしいですし…
普及したテレビでの "アニソン" "コマソン" も
楽しいですよね〜。

歌の宝庫 昭和!
まだまだ お宝はたくさんお持ちでしょうし…
皆さんの歌が楽しみで〜す。゚'★.。・:*:・゚'☆♪

音源は LIVE DAM のバージョンアップ!
🎤 LIVE DAM STADIUMです

ーーー

【 管理人の独りごと 】

人との "和と絆" を大切にする少人数の歌会です。
歌も数多く唄って頂けますし 休憩時の歓談で気分を
ほぐしながら伸々と歌う… 明るくて楽しい品位ある
"おとなのオフ会" を目指していま~す。o(^-^)o

参加者専用伝言板

公開伝言板

公開伝言板に書き込んだ内容は、すべての会員が見ることができます。参加者専用伝言板はイベント参加後にご利用になれます。

もー
もーさん


昭和メロディー 熱唱に魅せられ 暑さと時を
忘れていました (^^) 皆さんありがとう

① 風の盆/菅原洋一
② 山の人気者/関 大八
③ ラブレター/フランク永井
④ 時計/グラシェラ スサーナ
⑤ 君こそわが命/水原 弘
⑥ 女心の唄/バーブ佐竹
⑦ 倖せはここに/石原裕次郎
⑧ 泣かないで/マヒナ スターズ

和(かず)
和(かず)さん

楽しく歌い、楽しく聞かせてもらいました。

1.胸の振り子【 霧島 昇 】
2.アンデスの山高帽子【 美空ひばり 】
3.下宿屋【 森田公一&トップギャラン 】
4.愛の讃歌【 長谷川きよし 】
5.風の盆恋歌【 石川さゆり 】
6.夏の終わりのハーモニー【 玉置浩二 】
7.青い瞳のステラ【 柳 ジョージ 】
8.逢わずに愛して【 前川 清 】

あおき
あおきさん

若い頃は民謡を唄ってたお陰でよく声も出ていましたが、タバコのせいで肺の病気にかかり、現在も吸入薬のお世話になっています。
今回も最初の2~3曲は声が出ないのが凄く辛いのですが、なんとか次の8曲を唄わせていただきました。ありがとうございました。

① 長柄川艶歌 (五木ひろし)
② 流れ星だよ (三橋美智也)
③ アケミという名で十八で (千 昌夫)
④ 逢いたかったぜ (岡 晴夫)
⑤ あん時ゃどしゃぶり (春日八郎)
⑥ 恋をするなら (橋 幸夫)
⑦ おさげと花と地蔵さんと (三橋美智也)
⑧ 津軽平野 (千 昌夫)

ふらんく
ふらんくさん

楽しいオフ会でした。
皆さん、ありがとうございます。
セットリスト、以下の通りです。

① 街の灯り/堺正章
② 奥様、お手をどうぞ/菅原洋一
③ ふりむかないで/三浦弘とハニーシックス
④ ワインレッドの心/安全地帯
⑤ じょんから女節/長山洋子
⑥ ロンリーチャップリン(withモンローさん)
  /鈴木聖美withラッツ&スター
⑦ 東京/やしきたかじん
⑧ If You Go Away/Dusty Springfield

モッチャン♡
モッチャン♡さん

もーさん、ご参加の皆様昨日はお疲れ様でした。
初参加の昭和歌謡コミュ、楽しかったです。

二度と(?)聴くことのできない「夏のお嬢さん」
♪チュールチュルチュル♪にコータローも聴くことが出来ました。
意外や意外!モンローさんの
「東京だよおっかさん」最高でしたね。
次回又構想を練って(笑)参加させて頂きます。

下記が昨日のセトリです。
①石川セリ「ムーンライトサーファー」1977年
②中山千夏「あなたの心に」1969年
③森山良子「禁じられた恋」1969年
④リリィ「私は泣いています」1974年
⑤麻生詩織「ないて ないて」1992年
⑥井上ひろし「雨に咲く花」1960年
⑦高橋真梨子「ごめんね」1996年  
以上

あの頃私、○○歳でした(^_^)/~



 

マック
マックさん

もーさん、皆様お疲れさまでした。
久々の邦楽カラオケでした。洋楽と違い、邦楽にはあまり強くないので、皆様のお歌の2割ほどしか分かりませんでしたが、でも大いに楽しめました。さて、セトリですが、

1.詩集(都会の村人)
大好きな曲なのにカラオケには無かったのです。
が、ナント!一昨日の夜、見つけたのです。DAMにあるって。これは歌うしかない!
いつ入ったのでしょうねえ、最近だと思いますが。(因みに、この曲、ユーチューにもオリジ版はありません)

この曲にはある思い出が。

僕が20代初めの頃、一人で北海道を旅行した時のこと。
(わけあって、急に旅立ったのです。ある日の午後、急に決めてそのまま新幹線に飛び乗って、上野からは寝台特急ゆうづるで北に向かいました。おっと、失恋とかそういうベタなわけでじゃありませんよ。)

網走からオホーツク海岸に沿って紋別の方まで走る、当時国鉄のローカル線がありました。
その沿線に、サロマ湖に近く、真っ赤なサンゴ草の群生で有名な能取湖があります。

その湖に面する無人駅に僕はいたのです。

真っ青な空から降り注ぐ10月の暖かい陽の下、ホームのベンチに寝転がって。
広がる大自然の中、見渡す限り僕以外誰もいません。
あるのは湖を覆いつくすサンゴ草とその向うに広がる海だけ。

湖面を渡って来る風の音を聞きながら、3時間後に来る次の列車を待っていたのです。

遥かに伸びる水平線を眺めながら、荒波渦巻く社会に出て行く前の、このモラトリアムの時代があの水平線の向こうまでずっと続いていればいいのに、、でもその向こうには何があるんだろう、、

そんなことをぼんやり思う頭の中ではこの歌、「詩集」が何度も何度も駆け巡っていました。

「人影もない、田舎の駅の、冷たい椅子に腰を下ろして。
貴方がくれた古い詩集に、目をやりながら、汽車を待つ僕。
何故か急に、貴方の深い愛に疲れ、都会を逃れて来てみたけれど、
ひとりぼっちじゃ、何も出来ない弱い僕だと、一人知ったの、、、、、♪」

この曲を聴くとその時の情景が鮮明に思い浮かぶのです。あの青空の下の無人駅。

でもその後、この路線、湧網線は廃線となり、再訪したときには線路跡は自転車道となっていました。
あの駅は確か「北見平和」という名前だったように思うのですが。

2.バラの恋人(ワイルド・ワンズ)(GS流行当時、むしろ馬鹿にしていたのですが、ワイルドワンズだけは好きでした。)

3.夏よお前は(ベッツイ&クリス)(彼女たちの大ヒット「白い色は恋人の色」ではなく、この曲が一番好きでした。

4.Sugar baby love(石田燿子)(WinkのVer.もあります。オリジナルはイギリスのザ・ルーベッツ、あの高~いファルセットボイス、僕には全くムリです。)

5.遅れて来た少女(シモンズ)(シモンズといえば、京都。これにもある青春の思い出があります。)

6.夏のお嬢さん(榊原郁恵)(やっぱり夏はこういう元気の出る曲がいいです。)

7.これが青春だ(布施明)(スポ根もののTVドラマ主題歌。今観たらきっと恥ずかしい青春ものでしょうねえ。)

8.走れコータロー(ソルテイーシュガー)(もーさんのリクエストにお応えして。)

以上長々とスミマセンでした。

機能変更のお知らせ

1, 「参加者全員に連絡先を送る」は「主催者連絡先を教える」に変更になりました。

今までは参加者全員にミニメールで主催者連絡先を送信していましたが、これからはイベント詳細ページに主催者連絡先が表示されます。

1, 「参加者全員に連絡先を送る」は「主催者連絡先を教える」に変更になりました。

※主催者連絡先はイベント参加者のみにしか表示されません。 ※主催者連絡先が記載されたことはアラートで参加者に通知されます。

2, 「参加者全員にミニメールを送る」は「参加者全員にお知らせを送る」に変更になりました。

今までは参加者全員にミニメールを使って連絡していましたが、これからは参加者専用伝言板を使って参加者全員にお知らせを送ることができます。

2, 「参加者全員にミニメールを送る」は「参加者全員にお知らせを送る」に変更になりました。

※参加者専用伝言板に書き込みがあったことはアラートで参加者全員に通知されます。 ※参加者専用伝言板はイベント参加者のみ閲覧可能です。