趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

話題一覧

すべての投稿

dezire
dezireさん

コメント 0

コロナウイルス危機で見えてはきた東京の虚像と実像

新型コロナウイルス感染者数が3日連続して100人を突破、感染は日本中に広がっています。なぜ政府は動かないのか?「ライフwithコロナ」という政府はコロナ絶滅する気がないのか? 東京に象徴される日本の本質的問題として捉えてみました。 https://desirea...

dezire
dezireさん

コメント 0

織田信長の実像

日本人の織田信長のイメージを良くも悪くも作ったのは『国盗り物語』だと言われています。しかし日本歴史で稀有の天才と言われる信長の実像はどうだったでしょうか。歴史資料から織田信長の実像に迫り、今まで織田信長を演じた俳優のだれが織田信長に相応しいか、考えてみました。筋の...

dezire
dezireさん

コメント 1

サンクトペテルブルグとロシア文学

サンクトペテルブルグでは、ロシアの歴史を語る様々な宮殿と寺院が立ち並び、庶民の生活を語る世界でも最高レベルの文学が登場しました。ツアー旅行では知ることのできないサンクトペテルブルグの歴史と文学をご紹介させていただきます。 https://desireart.ex...

dezire
dezireさん

コメント 0

現代人に知ってもらいたいバッハ

スマホの時代になり本を読まなない人が増えて、自分の生き方を振り返ろうとしなくなり、行動が短絡的になっています。NHKなどのニュースも権力者に忖度し、多面的な考え方があるという情報を提供してくれない。多くの人たちが一方手は来な見方に洗脳されていくことも危惧されます。...

dezire
dezireさん

コメント 0

美術史に新しい扉を開いた記念碑的傑作

サン・ルイジ・デイ・フランチェージ教会は、世界遺産の街・ローマのパンテオンとナヴォーナ広場の間にあるローマのフランス人国教会で、カラヴァッジョが美術史に新しい扉を開いた記念碑的傑作名画3点を見ることができます。この教会の魅力とカラヴァッジョの代表的傑作のどこが美術...

dezire
dezireさん

コメント 0

平成史に残る3人の脚本家

映画の巨匠監督がいなくなって、脚本家の才能ある人材がテレビに流れてきました。平成のテレビドラマの全盛期は、多くの俳優とともに優れた脚本家に支えられて発展していました。多くのテレビドラマの中では貴重な貧しい庶民の生活と心に光を与えた平成史に残る3人の歴史に刻まれたド...

dezire
dezireさん

コメント 0

大河ドラマ『麒麟がくる』での織田信長

NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』で織田信長役に、テレビでは殆ど無名のされた染谷将太抜擢され話題になっています。今までの織田信長のイメージと異なる信長を演ずる染谷将太とはどんな俳優なのかをレポートしてみました。これから見ていかないと分かりませんが、本当の織田信長は染...

dezire
dezireさん

コメント 0

北イタリア最大の画家・マンテーニャ

イタリアルネサンスの屈指の巨匠マンテーニャの作品は、世界のビジョンを理想的な美に変えてしまう至上の調和が表現され、ラファエロにより達成された崇高な調和やヴェネツィアの色彩主義の先駆となり、ドイツの画家デューラーにも多大な影響を与えました。この15世紀北イタリア最大...

dezire
dezireさん

コメント 0

美術に一大芸術革命を起こしたカラヴァッジョ

最近美術の画集が少なくなり特に人気のある画家の作品以外は本で触れる機会が極めて少なくなりました。 そこで、ルネサンス美術に一大芸術革命を起こし、その後の西洋美術史の方向を変えたイタリアの天才画家カラヴァッジョの僅か38年の濃密で壮絶な人生と、カラヴァッジョが他の画...

dezire
dezireさん

コメント 0

ロマン・ロラン『ミケランジェロの生涯』

19世紀平和主義、反ファシズムを掲げて権力と闘いながら戦争反対を世界に叫び続けたロマン・ロランは、権力に屈しなかったミケランジェロを称えて『ミケランジェロの生涯』を書きました。ミケランジェの煩悶と苦悩に満ちた権力者との闘い歴史の痕跡を、文豪・ロマン・ロランの視点も...

dezire
dezireさん

コメント 0

ローマ時代からルネッサンスまで豪華絢爛な美術の世界

古代ローマの神殿から運ばれたイオニアの36本の柱、天井に輝く5世紀のモザイク、後陣の天井は聖母マリアのモザイク装飾がルネサンス時代から保存され、ドーム、ファサードと礼拝堂はバロック時代の祭壇の天蓋のような傑作です。 ローマのキリスト教芸術の歴史を語る最も重要な要素...

dezire
dezireさん

コメント 0

西洋美術史上最大の革新者_カラヴァッジョ絵画の魅力

ルネサンスは美術の一大芸術革命ですが、カラヴァッジョは、ルネサンス終盤に出てきて、表現主義的表現とバロック絵画の出発点となった西洋美術史上最大の革新者の一人といえます。画家カラヴァッジョの斬新さと魅力をできる限り明快にレポートしました。 hhttps://des...

dezire
dezireさん

コメント 0

ルネサンスの理想郷・ピエンツァの数奇な歴史

ローマ教皇がルネサンスの理想郷にしようと造らせた街・ピエンツァ、当時の最高技術をつくした広場や宮殿、聖堂などを造った旧市街地の歴史地区は、世界遺産に登録されています。 この世界遺産の街・ピエンツァの魅力と数奇な歴史を多くの写真とともにご紹介します。 https:...

dezire
dezireさん

コメント 2

天才美人ピアニスト、クララ・シューマンの美しい物語

ロマン派時代の天才美人ピアニスト、クララ・シューマンがシューマンの晩年の精神病のイメージを払拭するため、またシューマンの曲を多くの人に広めるために奔走します。彼女を献身的に支えたのがブラームスでした。 ブラームスは生涯独身を貫き、献身的にクララ・シューマンを支え続...

No user image 001
エイト8さん

コメント 3

探しています

SFの、特に星新一のショートショートのファンの方へ。 もし小説のタイトルをご存じだったら知らせてください。 ストーリーは、・・・ある物理学者(?)が、パチンコ屋に入って攻略法を研究している。そのうちマスコミも集まりだして、・・・・・結局、勝てなくて、最後は「すっち...

のんこ
のんこさん

コメント 0

偽証裁判

アンペニー著 舞台は18世紀のイギリス。 なんせ登場する乗り物は汽車と辻馬車です。 主人公はその頃は珍しい男勝りの自立した女性。職業は看護婦のヘスター。 ヘスターは無実の罪で監獄へ、それを助けるために奔走する私立探偵のモンクと、敏腕弁護士のオリバー。 かの有名なナ...

dezire
dezireさん

コメント 2

イタリアルネサンス時代の芸術家を読み解く

ルネサンス美術を学ぶと、ジョットが開拓したイタリア・ルネッサンスの何がポイントなのかが解ってきます。 イタリア・パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂は、ジョット円熟期の色彩豊かなフレスコ画で壁面が埋め尽くされていています。 ジョットの傑作の魅力と、その歴史的背景を美しい...

dezire
dezireさん

コメント 1

マネの最晩年の最高傑作

東京都美術館で「コートールド美術館展 魅惑の印象派 」が開催されています。 この展覧会の目玉であるマネの最晩年の最高傑作『フォリー=ベルジェールのバー』について、いろいろ本を読んで解明してみました。 https://desireart.exblog.jp/239...

dezire
dezireさん

コメント 1

プーシキンの『エフゲニー・オネーギン』

プーシキンの『エフゲニー・オネーギン』は、当時のロシア社会を丁寧に描写した文学史上に残る傑作です。この名作文学をチャイコフスキーが見事な最高傑作でオペラにしました。。プーシキンとチャイコフスキーとの微妙な違いも含めてレポートいたします。 https://desi...