趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

8月後半に読んだ本

こんにちは。 涼しくなりましたね。

 今回読んだ、文春新書・「日本人の誇り」とても良かったです。
 時には小説以外の、社会や政治にかかわるものもいろいろ読まなく
 てはいけないと思いました。

 以下、良かった順に載せました。

    藤原正彦   「日本人の誇り」
    室積 光   「最強の内閣」
    石田 千   「バスを待って」   
    今野 敏   「陽炎」
    野瀬のりこ 「荒野のアベ・マリア」
    諸田玲子   「お鳥見女房 来春まで」

    望月良子   「神の手」
    樋口有介   「風景を見る犬」
 -----------------------------------------------------------------------------
  ※「日本人の誇り」
   『幕末の開国から昭和の敗戦に至る歴史を徹底検証し、国難の
    時代を生きる日本人に誇りと自信を与える、現代人必読の書。』
    名著!! 本の内容紹介にある言葉通りである。
  
  ※「最強の内閣」
    『こんな内閣があったら…書店員さんたちの圧倒的支持を受け
    た痛快作。』北朝鮮の核ミサイル攻撃に敢然と立ち向かう姿が良い。

  ※ 「バスを待って」
    さまざまな人とバスの関わり・・心を癒される話も散りばめられ
    ている。珠玉の一冊。

  ※「陽炎」これは文句なしに面白い。安積警部補の温かい人間味
    が出ている。
    「お鳥見女房 来春まで」 良い家族・良い人が登場する。小説
     ならではの心温まる世界を描き出されている。
 
  ※「荒野のアベ・マリア」 私はキリスト教ではないが、この本で
    関心を持たせられた。三浦綾子の世界と少し似ているかもしれ
    ない。
------------------------------------------------------------------------------
  詳しい読後感などをHPに載せています。

  旅の人 http://www16.plala.or.jp/kitaj/index.html

    「更新記録」のページから直接、作家のページに行けるよ
    うにしました。

コメント

ユーミさん

2013年09月04日 20:42

ユーミです。
おひさしぶりです。
私は心理学関連の本で「きちんと生きてる人がやっぱり強い」という本を
よんでみました。
ただいま心理関連の本をよんでいます。