趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

広重を堪能 太田記念美術館 と サントリー美術館 T-3

このイベントは終了しました

広重を堪能 太田記念美術館 と サントリー美術館 T-3
開催日時:

開催場所:東京都東京都 地図を見る

このイベントは終了しました

コミュニティ 【アーカイブ】 活動記録
主催者 ろびん
カテゴリ 展覧会
タグ
  • サントリー美術館
  • 歌川広重
  • 太田記念美術館
料金
  • 0円
料金用途
参加人数 5名
募集人数 8名 受付終了
最小催行人数 2名
対象 主催者が承認した方々
開催日時
開催場所 東京都東京都 地図を見る
募集期間
イベント内容 ★テーマ 「広重を堪能 太田記念美術館 と サントリー美術館」

今回は 広重を展示の美術館2館を巡ります <リクエストにより企画・開催します>

★開催日 6月3日(金)  : 雨の場合も開催します。 

●集合について
      10時30分 JR 原宿駅 (詳細を参加者に連絡予定) 

●集合後、原宿駅から移動して太田記念美術館 「歌川広重 〜東海道五十三次と冨士三十六景」 を 観賞 (1時間半程度)
 http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/utagawa-hiroshige

● 昼食 : 渋谷駅付近のお店 で ランチをとりましょう

● 移動後、サントリー美術館「広重 ビビット」 を観賞 (1時間半程度)
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2016_2/index.html

●希望者があれば、観賞後にお茶をしましょう

なお、内容は 今後の調査の結果 変更する場合があります

参加者専用伝言板

公開伝言板

公開伝言板に書き込んだ内容は、すべての会員が見ることができます。参加者専用伝言板はイベント参加後にご利用になれます。

ひろしさん

サントリー美術館の「広重 ビビッド」を観た
「原安三郎コレクション」を展示してあり、第一展示室の「六十余州名所図会」はこの展覧会が初めての出品で、初摺で、保存状態も極めて良い状態であると思われた
赤色の鮮やかさ、群青の素晴らしさは凄いとしか言いようがなかった
絵師、版元、彫り師、摺師が一体となってとてつもない「浮世絵」と言うものを作り出していたと思うと、この集団の凄さに身震いがするほどであった

機能変更のお知らせ

1, 「参加者全員に連絡先を送る」は「主催者連絡先を教える」に変更になりました。

今までは参加者全員にミニメールで主催者連絡先を送信していましたが、これからはイベント詳細ページに主催者連絡先が表示されます。

1, 「参加者全員に連絡先を送る」は「主催者連絡先を教える」に変更になりました。

※主催者連絡先はイベント参加者のみにしか表示されません。 ※主催者連絡先が記載されたことはアラートで参加者に通知されます。

2, 「参加者全員にミニメールを送る」は「参加者全員にお知らせを送る」に変更になりました。

今までは参加者全員にミニメールを使って連絡していましたが、これからは参加者専用伝言板を使って参加者全員にお知らせを送ることができます。

2, 「参加者全員にミニメールを送る」は「参加者全員にお知らせを送る」に変更になりました。

※参加者専用伝言板に書き込みがあったことはアラートで参加者全員に通知されます。 ※参加者専用伝言板はイベント参加者のみ閲覧可能です。