趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

総ては飼い主に責任があります。

先日いつもの公園で、ちょっとした事件がありました。

ちいさなトイプードルが、これまたちいさな女の子の手を噛んだのです。
たぶん、大人に噛んだのなら、さほど問題にならなかったのかも知れませんが・・警察が来るような騒ぎになったのです。

幸い、子供の怪我も大した事は無く、医療費の支払いと、保健所からの厳重注意で済んだのですが・・一番の問題点は、その犬が恒常的に放し飼いにされていたと言う事です。少なくとも、この公園ではそうでした。

皆さんの地域でもそうでは無いかと思うのですが、公園での小さな犬の放し飼いを良く見かけます。

飼い主側からすれば・・小さくて可愛い犬だから・・と言う気持ちが有るのだと思います。
そして、見ている側も・・小さな犬だから・・と容認している部分があると思うのです。

しかし・・ちょっと待ってください。

【犬を放し飼いをしないでください】
【犬の糞は持ち帰りましょう】
【犬を芝生の中に入れないでください】

これは、公園で良く見かける文言ですが
ここにある・・犬・・は、大小に関係ない・・
総ての犬・・と言う事です。
もちろん、うちの犬は大人しいからとか噛まないから、と言う事も理由になりません。

いつも繋がれている犬・・部屋の中にいる犬達にとって、広い芝生の上を走り回れるのは魅力的だと思います。
放された犬は、なんと楽しそうで、生き生きしている事か・・・

しかし、彼らが人間社会の中で生きている以上、拘束されるのは仕方が無い事ですが・・逆に、拘束=彼らの安全だと思うのです。

コメント

こぞのけいこさん

2013年09月21日 11:43

中型犬で、しかもビーグルという、誰が見てもかわいい。と思われるワンコを飼ってたときでも
お散歩中のノーリードは怖くてできませんでした。

もちろん、その頃は犬のしつけなんて考えてもいませんでしたし。

それでも、ほかのわんちゃんや人間に対してもそうですが、道路に飛び出したときに車に接触したりしたら
それこそ大変なことになると思いました。

今はピットブルという見た目相当コワイ(笑)ワンコと一緒なので、知らない飼い主さんは自ら離れます(笑)
時々だ〜れもいないところでは数分リードを外しますが、それでも突然誰かがきたらと内心はビクビク。。ドッグランでも気を使ってしまうこの犬種になってから真剣にこういうことに取り組んでいます。

どさんこさん

2013年08月06日 23:33

私の場合はノーリードの小型犬が、私が犬を連れて散歩中に近寄って来た時です。
うちの犬たちは遊び半分からみましたが、私は慌てて引き離しましたが、肘と膝がずる剥けになりました。
そのままではその子は死んでいたと思います。
その飼い主さんは、ただ大声出すだけでした。
私のタックルで助かったと思います。
その後、嫌味を言われ気不味い思いしました。

とうきびさん

2013年08月06日 21:16

私は5種ワクチンは受けさせてますが、義務化されている狂犬病の予防接種は受けさせていません、ワンコへの負担が大きく死亡率も高いことを知ったからです。

ですから、まかり間違って人を噛むかも知れないリスクにかなり神経質に気を使います。
知らない人との接触は避けてますが、犬好きの方が手を差し出しながら寄ってくるのに困ってます。
万が一、噛む事態が発生したら大吾との別れが!と考えると狂いそうになる自分がいます。
気軽に手を出してくる人はそんなこと夢にも思わないのでしょうね。

プータンさん

2013年08月04日 16:15

私はトイプードルを飼っています。

ノーリードでお散歩した事はありませんが、そのようなワンをよく見かけます。

大・小に関わらず、ノーリードにしていい所はドッグランだけだと思います。

ゆーちゃんさん

2013年08月01日 06:12

あっ、付け加えですが公園と言っても子供が遊ぶところではなく野球をするところで
鍵がかかるところです。もし野球の方が来られたときは穏やかに,皆さん退散してます。
ブランコとかあるところから みなさんフェンス越しにワンちゃんを見ておられます。

りーふむーんさん

2013年08月01日 00:25

人っ子ひとりいない原っぱならいざ知らず・・子供達もいる公園での放し飼いは
どうかと思います。

すべての人が犬好きとは限らないし、普段噛むことのない犬でもストレスが
かかればそうなるかもしれません。

一部の常識ない人達のせいで、公園にさえ入れなくなったりします。
どの犬のことも悪く言われたくないので、飼い主さんがモラルを守ってほしい
ものですね。

ゆーちゃんさん

2013年07月31日 18:47

ジェロニモを訓練所から引き取った時 こんな注意書きをもらいまいた。その中に こんなことが書いてありました。

1、リードを放せない犬、野原を走れない犬なんて犬ではありません。

2、おやつがないと座らない犬、飼い主さんは えさを運ぶ下僕ではありません、

3、ほめられる喜びを知らないい犬、そんな不幸な犬を送り出すことは出来ません。

4、誰にでも簡単に出来る躾、そんなものはありません、犬はこう育ってたいと思ってそうなるものではありません、育てたように育つのです。

5、犬は飼い主さんの鏡です。

私は訓練済みのジェロをもらったので何の苦労もしませんでしたが 
近所の大型犬仲間の人らは かなりみんな熱心になさってます。

近所の公園の朝7時から8時までは暗黙の了解の大型犬のドッグランです、公園の管理の方も見に来られてましたが あまりにもみんなが穏やかなので一時間はお許しがでたようです。15,6頭のノーリードの大型犬ばかりですが どの犬も一回も喧嘩もなく吠えることも見たことないです。みんなすごい躾してるんだなーって感心します。もともとの性格もあると思うんですが・・・

へいすけさん

2013年07月31日 18:39

こんにちは。

多くの犬は、子供が嫌いだと思います。
りりぃも、子供が嫌いです。
吠えたりはしませんが、顔を見れば嫌がっているのがわかります。
でも、接し方や触り方を教えた子供たちが周りにいるときは、それほど緊張していません。

犬を放すと、喜んで走り回る・・・これにも、疑問は残ります。
ドッグランなどで、放しても走り回って喜んだりはしません。
山などは、いろんなにおいや、音があるので、それを追って走り回りますが、ドッグランなどは一通り回れば、あとは、そこで遊んだだろう犬たちのにおいをかいでいます。

私も、子供のころ それから大人になってからも犬に何度か咬まれていますが、大人に助けてもらったことはありません。
親に言うと叱られるので、穴の開いたおなかに赤チンをつけていました。
ただ、咬まれるにはそれなりの理由がありました。
逆に言えば、犬と人間のルールを守っていれば、犬にかまれることはないと思います。(特殊な場合を除いて)

りりぃと一緒にいるとき、りりぃを触ろうとする人のほとんどが、りりぃを見ながら近づき頭をなでようとします。
りりぃのストレスになるので、そういう人の多い場所は避けるようになりました。

法律やマナー以前に、知識のなさが悲しいです。
大型犬がノーリードで、堂々と歩いている国もあるのに・・・・何とも情けない話です。

花ちゃんのお母さんさん

2013年07月31日 17:41

子供さんの怪我が大した事がなくて良かったですね。
公園など特に子供さんや人の多く集まる場所ではノーリードは勿論、繋いでいても見かけの可愛さについ手を出したりする事もあるので気をつけないといけませんね。

大型犬の場合、おそらくそのような場所で放し飼い状態の人はいないと思いますが。
小さい仔はたまに見かけます。
一部のマナー違反が居場所を段々狭めて行くような気がしますネ。