趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

★★ ちあきのつぶやき ★★ 注意したいことをまとめると  ★★

皆さんには、お歌を創るにあたって、こんなことに気をつけているという点はありますか?

いろいろなことが挙げられると思いますが、私がいつも気に留めていることをこれまでの話も含めてまとめてみましょう。

? 伝えたいことは、絞り込まれているか。

これは以前にもお話した通り、五行しか無いスペースの中に多くのことを盛り込みすぎると、何を伝えたいのかよく解らなくなってしまうことがあるので注意しましょうということです。

? あるふれた、いわゆる手垢のついた表現を使っていないか。

たとえば、蛙がケロケロ鳴くとか、誰でもどこでも使いそうな表現ばかりでは面白味のある歌になりにくいですよね。
新鮮で自分らしい言葉を粘り強く探してみることが大切です。

?誤字脱字は無いか。

単純ですが、活字になることを想えば、とても大切なことです。
清書の前に必ず確認するといいですね。(コミュの場合も同じです neko)

?推敲の余地は無いか。

清書してからも気は緩めません。
再度読み直してみます。
一文字替えるだけとか、一文字加筆するだけでも作品が数段良くなる可能性もあるからです。
特に「てにをは」や体言止めなど行末には気をつけたいですね。


          < 五行歌誌「彩」九月号より転載>

◎ちあきの一首

大地を
散り染める
ひまわり
戦いの無い世を
創る戦いのなかで

コメント

二郎さん

2013年09月12日 08:10

”自分らしい言葉を粘り強く探してみること”
大切なポイントと思いました。

今まで「へぼでいい」ということを誤って解釈して
いた気がします。粘りがなくて、手みじかの
ところで折り合いをつけていました。

初音さん

2013年09月10日 12:15

1首つくるごとに、このことを胸にもう一度、見直さないといけませんね。

トピあげてから、また、手直しすることもあります。反省。

nekoさん

2013年09月10日 00:13

私はとても碧空さんのような度胸はないわ。
創った時は「いいかも♪」と思っても、数日経って読み返すと、色褪せていることが多いですわ。

碧空さん

2013年09月09日 22:59

あ、私は「トピを作成する」をクリックしてから、まとめることも多いですから、おっしゃることすべて怠っています!(^^)!