趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

11/21(火)「紅葉の季節」有馬グランドホテル日帰り&散策(企画段階であり実際のイベントではありません)

このイベントは終了しました

11/21(火)「紅葉の季節」有馬グランドホテル日帰り&散策(企画段階であり実際のイベントではありません)
開催日時:

開催場所:兵庫県兵庫県神⼾市北区有⾺町1304-1 地図を見る

このイベントは終了しました

コミュニティ 平日ハイキング+α(企画ルーム) ★「企画委員、実行委員」専用
主催者 イルカ
カテゴリ ハイキング・登山
タグ
  • 温泉
  • 紅葉
  • 散策
料金
  • 8991円
料金用途 温泉・⼩懐⽯代、交通費
参加人数 1名
募集人数 10名 受付終了
最小催行人数 4名
対象
開催日時
開催場所 兵庫県兵庫県神⼾市北区有⾺町1304-1 地図を見る
募集期間
イベント内容 有馬温泉は日本最古の歴史書「日本書紀」にも登場する古い歴史をもつ温泉。
源泉は金泉、銀泉と2種類有り、この2つの湯に入ることにより万病に効能があると言われ、「黒田官兵衛」も一年間土牢に閉じこめられた後、弱った体を癒すためにこの有馬温泉を訪れています。秀吉や妻のねねゆかりの場所も散策します。
**********************************
有馬温泉の観光スポットおすすめランキング
http://tabit.jp/archives/18481

有馬のみどころ
http://arima.kinzan.co.jp/kanko/001tousen.html
-------------------------
有馬温泉周辺散策(全てを散策するわけではありません)

◆湯けむり広場
http://arima.kinzan.co.jp/kanko/202yukemuri.html
◆ねね橋・ねね像
有馬の温泉街の中心にある、欄干に豊臣家の家紋である七五の桐の紋がしるされた「太閤橋」。
その近くに太閤秀吉の正妻ねねゆかりの「ねね橋」が位置。この赤い欄干が目立つ橋の横にはねねの像が設置されており、有馬観光の写真スポットになっている。有馬観光の際にこの橋に立ち寄って、かつてこの地に足繁く通った豊富秀吉。
◆瑞宝寺公園
「瑞宝寺公園」は、関西でも有数の紅葉の名勝地。
秋には約2500本もの楓が色づき、かつて太閤秀吉が1日中みていられる美しさと称したことから”日暮らしの庭”とも呼ばれています。園内には秀吉が愛用したと言われる石の碁盤も保存されており、豊臣秀吉が隠居後の住まいと定めていた京都の伏見桃山城から移築された山門も見どころ。
http://arima.kinzan.co.jp/kanko/102zuihoji.html
◆温泉寺
奈良時代に高僧の行基が薬師如来の導きにより訪れたとされる「温泉寺(温泉禅寺)」は、今も有馬の地を守り、人々の信仰を集める有名なお寺。ご本尊の金色に輝く薬師如来像大仏ほか多数の重要文化財が収められています。
◆有馬川親水公園
太閤橋とねね橋の間に位置しており、有馬川と滝川の清流の流れを目と耳で楽しみながら散策できます。
◆太閤の湯殿館
阪神・淡路大震災で倒壊した極楽寺庫裏の下から、安土桃山時代の遺跡である豊臣秀吉の湯山御殿の”湯ぶね庭園”の一部が偶然発見、もとの湯山御殿は徳川家によって取り壊され、その跡地に極楽寺と念仏寺が建てられたという歴史があります。
◆鼓ヶ滝公園
有馬温泉の中心の賑わいから離れた森の中にひっそりとたたずむ「鼓ヶ滝公園」は、8mの高さから流れ落ちる鼓ヶ滝からその名が付きました。この鼓ヶ滝から水が流れ落ちる音が、滝の背後の空洞にこだまして鼓の音のように聞こえると言われています。鼓ヶ滝公園は秋になると木々の色が移り変わり、紅葉の観賞スポットとしても知られる場所。
◆湯泉神社
有馬温泉を守護する”有馬の三羽ガラス”で名高い「湯泉神社」。大己貴命・少彦名命・熊野久須美命の三神をお祀りしています。
その昔、大己貴命(オオナムチノミコト)と少彦名命(スクナヒコナノミコト)が、傷ついた三羽のカラスが有馬の金泉を浴びて傷を癒やしているところを目にしたことが、有馬温泉の発祥であるという言い伝えがあるのだとか。長い階段を上った先にあるこちらのお寺は、子宝のご利益もあるとされています。
◆炭酸泉源公園
http://arima.kinzan.co.jp/kanko/007tansan.html
◆泉源めぐり
http://arima.kinzan.co.jp/kanko/008sengen.html
◆丸型ポスト
http://arima.kinzan.co.jp/kanko/201post.html
***********************************

●有馬グランドホテル
http://www.arima-gh.jp/index.html

●日帰りレストラン食プラン
https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/planlist.asp?hcod1=62170&hcod2=001&c2plan=9002&clrmode=true
日帰り 旬菜時記 小懐石コース
料金(税別)¥5,788~

大浴場、金泉露天風呂
www.arima-gh.jp/facility/tenbou.html

***********************************
★集合時間 : 9:00

★集合場所 : 阪急梅田、阪急高速バス待合所
(阪急三番街の北館1階のまん前)片道1370円(全席指定制)
or----------------------
*北摂方面、阪神間、神戸方面の方は直接、有馬温泉へ

・JR、阪急宝塚⇒阪急バス⇒有馬温泉(※バスの本数が少ないので要注意)(570円)約30分
宝塚から有馬温泉までの電車・バスのご案内
http://www.ryuusenkaku.jp/info/map/transit4.html

・JR、阪急芦屋⇒阪急バス⇒有馬温泉(780円)約45分
・三宮バスターミナル→有馬エクスプレス号(750円)
・JR大阪→三宮→北神急行電鉄→(谷上乗換)神戸電鉄→(有馬口乗換)神戸電鉄有馬線→有馬温泉

★費用 : ¥5,788+交通費(阪急梅田の場合、バス1370×2 )
***********************************
予定
集合場所 : 阪急梅田、阪急高速バス待合所
阪急三番街の北館1階のまん前

9:00 阪急高速バス(有馬温泉行き)
▼約1時間
10:00 有馬温泉
▼送迎バス
10:30 有馬グランドホテル到着
温泉利用時間 : 10:30~15:30
・温泉入浴
・小懐石の昼食(12:00~14:00 最終入場13:00)
・温泉入浴
・休憩
15:30 有馬グランドホテル出発

▼ねね橋・ねね像
▼瑞宝寺公園
▼温泉寺
▼有馬川親水公園
▼太閤の湯殿館
▼鼓ヶ滝公園
▼湯泉神社
◆炭酸泉源公園
◆泉源めぐり
◆丸型ポスト
↑(全てを散策するわけではありません)

18:30 有馬温泉駅
▼阪急高速バス
19:30 阪急梅田解散
***************************************
注意事項
*雨天決行 : 分からない場合は管理人まで連絡してください。
*ネームプレート(名札)を持っている人は(使用しない場合も)必ず持参してください。ない人はこちらで用意します(実費110円)
---------------------------------
注意事項
*「主催者連絡先」は募集期間の終了後、最少催行人数に達すれば電話番号が表示されます。
SMSにて「ニックネーム」のみ記入し送信してください。
当日に連絡が取れないとイベントに支障をきたします。
(マル秘)扱いで他に使用することはありません。
(以前に連絡されている人は必要ありません)
これは参加のための要件ですのでよろしくお願いします。
----------------------------------
*キャンセルの場合は「参加者専用の伝言板」に書き込んでください。参加登録の削除は主催者が行います。
(知らない間に参加者が減ることになり管理、運営上支障をきたします) 前日、当日の場合はSMSか電話でも連絡お願いします。
---------------------------------
*上記は予定でありイベントが近づくにつれ変更箇所(中止を含め)が出てきます。最新のイベント内容を参照するようにしてください。

参加者専用伝言板

公開伝言板

公開伝言板に書き込んだ内容は、すべての会員が見ることができます。参加者専用伝言板はイベント参加後にご利用になれます。

コメントはありません。

機能変更のお知らせ

1, 「参加者全員に連絡先を送る」は「主催者連絡先を教える」に変更になりました。

今までは参加者全員にミニメールで主催者連絡先を送信していましたが、これからはイベント詳細ページに主催者連絡先が表示されます。

1, 「参加者全員に連絡先を送る」は「主催者連絡先を教える」に変更になりました。

※主催者連絡先はイベント参加者のみにしか表示されません。 ※主催者連絡先が記載されたことはアラートで参加者に通知されます。

2, 「参加者全員にミニメールを送る」は「参加者全員にお知らせを送る」に変更になりました。

今までは参加者全員にミニメールを使って連絡していましたが、これからは参加者専用伝言板を使って参加者全員にお知らせを送ることができます。

2, 「参加者全員にミニメールを送る」は「参加者全員にお知らせを送る」に変更になりました。

※参加者専用伝言板に書き込みがあったことはアラートで参加者全員に通知されます。 ※参加者専用伝言板はイベント参加者のみ閲覧可能です。