趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

話題一覧

すべての投稿

dezire
dezireさん

コメント 0

藤田嗣治の絵画の魅力

藤田嗣治は、パリに渡ってモンパルナスで制作活動を行い、作品が飛ぶように売れていき、異国で時代の寵児となりました。藤田嗣治がパリの人々を魅了した技法と魅力をできる限り解りやすくレポートしました。 https://desireart.exblog.jp/238796...

なね
なねさん

コメント 9

パリのアメリカ人

 『パリのアメリカ人』…、劇団四季が令和元年の1月20日から東京の東急シアターオーブでの初演を皮切りに順次各地で公演を行っているミュージカルです。ただ、わたしはふと考え込んでしまったのです。「パリのアメリカ人」とはいったいどんな意味があるのか、パリに住んだアメリ...

なね
なねさん

コメント 0

バスティーユを話題に…

 パリと言えばルーヴルにオルセー、シャンゼリゼーやカルチェラタン、凱旋門やエッフェル塔、リドにムーランルージュなどが話題に上りますがバスティーユ広場が話題に上ることはそう多くはないでしょう。でも、バスティーユと聞けば世界史で教わったバスティーユ牢獄のことを思い起...

dezire
dezireさん

コメント 1

マネの最晩年の最高傑作

東京都美術館で「コートールド美術館展 魅惑の印象派 」が開催されています。 この展覧会の目玉であるマネの最晩年の最高傑作『フォリー=ベルジェールのバー』について、詳しい解説を試みてみました。 https://desireart.exblog.jp/2398314...

dezire
dezireさん

コメント 1

ゴッホの絵画の魅力

東京・上野の森美術館でゴッホ展が開催されています。 ゴッホの絵画の鑑賞のポイントと魅力をゴッホ美術館などのゴッホの傑作群を見ながら整理してみました。 https://desireart.exblog.jp/11685818/

なね
なねさん

コメント 4

La Vie En Rose の陰に

   Des yeux qui font baisser les miens    Un rire qui se perd sur sa bouche    Voilà le portrait sans retouche    De l’homme auquel...

dezire
dezireさん

コメント 0

フランスを代表する画家・ルノワールの魅力

横浜美術館開館30周年を記念したルノワールの絵画を中心とした展覧会が開催されています。 ルノワールの絵画の鑑賞のポイントと魅力をルノワールの傑作の数々を通してご紹介します。 https://desireart.exblog.jp/22992142/

dezire
dezireさん

コメント 1

ラウル・デュフィの魅力>

東京のパナソニック汐留美術館で、最もフランスの雰囲気を持つ画家・ラウル・デュフィ展が開催されています。 デュフィの絵画の鑑賞のポイントと魅力をデュフィルの傑作の数々を通してご紹介します。 https://desireart.exblog.jp/20020235/

なね
なねさん

コメント 2

布地や繊維関係ならモンマルトル下というお話

 いつの間にかパリも遠くなりました。いくら年月を経ようとほとんど何も変わらないパリだといいますが、それでも今日明日突然訪れたなら、たぶん、あまりの変貌や進歩のさまに驚き、なにかにつけて戸惑うことでしょう。  パリは懐かしいのです…。パリといえば、そういえばもう...

なね
なねさん

コメント 5

3っの『パリのアメリカ人』

♠ 最初は交響詩の『パリのアメリカ人』  『パリのアメリカ人 (An American in Paris) 』といえば、これはもうジョージ・ガーシュウィンが作曲した交響詩。いかにもキョロキョロドキドキとお上りさん的な序奏、活気に満ちた賑やかなパリの街。そして...

No user image 005
tanuさん

コメント 11

現地に溶け込みたい

はじめまして。 昔に比べ、フランス人も随分変わってきているという印象です。 4年以上前、列車でニースからアヴィニヨンに行った時のことです。4人掛けシートに3人のフランス人と同席しました。知りたいことがあり、英語で話しかけましたが、誰も返事をしてくれません。 途中...

なね
なねさん

コメント 4

皆様はじめまして

クロエ様、そしてメンバーの皆様、はじめまして。 なねと申します。 わたくしにとりましてのフランスとは、ほとんどパリ市内に限られますが、パリ大好き…なひとりでございます。 学生時代には一時期を過ごし、その後のお仕事の性質からも、なにかと身近だったパリですが、結婚...

dezire
dezireさん

コメント 1

フランスの現代絵画の先駆者・ギュスターヴ・モロー

フランスは、産業革命後、社会が大きく変化し、歴史的な思考が大きく変化した19世紀末に、ルネサンス時代に回帰して「聖書」と「神話」の魅惑的な女性を描いたギュスターヴ・モローが、なぜアートの先駆者だったのか? モローの不思議な世界と魅力を解き明かして、モローのすべてに...

dezire
dezireさん

コメント 1

フランスのパリが育てたムンクとゴッホ 

生や死、愛と希望の喪失、恐怖と苦痛、人間の存在の意味という答えのない本質的で普遍的な問題を追求し、苦悩し心痛めながら熱心に描き続けた続けたムンクとゴッホは、魂の同胞ように感じます。しかし、この二人の絵は全く似ていません。心の同胞手も言えそうなふたりの絵がなぜこんな...

dezire
dezireさん

コメント 1

フランスで開花した証言主義の巨匠・ムンク

東京都美術館「ムンク展」が開催されています。この機会にノルウェーのオスロ国立美術館で観た作品も含め、ムンク絵画の全貌を整理し、ムンク美術の本質と魅力を追求し、ムンクの絵がなぜ人を惹きつけるのか?を考察してみました。 https://desireart.exblo...

dezire
dezireさん

コメント 2

明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。 https://desireart.exblog.jp/238945929/ 益々のご健康とご多幸をお祈りいたします。 本年もよろしくお願いい申し上げます。

dezire
dezireさん

コメント 0

フランスで人気のボナール

フランスで人気のボナールの展覧会を見て、ボナールの多様な名画を鑑賞しました。これに今まで見たボナールの傑作も含めて、ボナール絵画の全貌とボナール独自の特徴を整理し、ボナール絵画の本質と魅力をレポートしてみました。ボナールに少しでも興味のある方は、是非読んで見て下さ...

dezire
dezireさん

コメント 0

フランス最大の作曲家・サン=サーンスの魅力

フランス最大の作曲家・サン=サーンスのオペラ『サムソンとデリラ』は、美しい旋律と洗練された感性が溢れ出る傑作です。このオペラを通して、サン=サーンスの音楽の魅力のをレポートしてみました。 https://desireart.exblog.jp/238861429/