趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

持たない暮らし(下重暁子著)

「歩くほどは風がもてくる落ち葉かな」
良寛の句の一説を挙げています。良寛に大きな寺を任せたいと、城主自らが庵まで出向いた際、己の気持ちを伝えた句とあります。「焚くに必要なだけは毎日風が運んできます。自分はこの暮らしに満足しています」と婉曲に断わったのです。
著者は、「足るを知る」ことに注目しています。人里離れた庵で暮らす良寛は、何も持たず、世俗の栄誉を望まず、そのかわりこの上ない自由を手にしていたのです。
私自身の生活を振り返りますと、なんと多くの物に囲まれていることか。にもかかわらず、あれも欲しい、これも欲しいと、日夜ネットで検索している始末。そのような行為がとても恥ずかしくなります。自分の欲望と闘うことは難しい、それゆえ自分が見えてこないと著者は述べていますが、おっしゃる通りと思いました。
良寛になぜ惹かれ、その生き方に憧れるのかといえば、自分にはできないけれど、そうありたいと強く思い描いているからということが分かった気がしました。
私だけではなく、多くの人が消費する生活を送っています。そして、常に新しい物や便利な物の宣伝広告にさらされています。物に溢れた生活が心に豊かさを与えてくれるものなのかと問われている気がした一冊となりました。

コメント

McGee1046さん

2021年05月24日 13:04

ニヴさん、返信ありがとうございます。
ニヴさんの生活は、私の理想とする生活に近いです。現在はまだまだそこまで届いておらず、やっとスタートラインに着いたところです。

McGee1046さん

2021年05月24日 12:58

ひょっとこいさん、返信ありがとうございます。
「幸せを買いたいという方へ。あなたの貴重なお金を、体験に使いなさい。・・・幸せを求めるなら、本当にお金を払う価値があるのは品物より体験。」なるほどと思いました。ひょっとこいさんの文章を読んでいて気付いたことは、最近出不精になってしまい、行動力が極めて乏しくなったことです。コロナの影響があったとしても、工夫次第ではなんとかなりそうです。できるところから始めようと思いました。

McGee1046さん

2021年05月24日 12:49

ルピスタさん、返信ありがとうございます。
「・・世界では食料が足りず飢える人たちが実際にいるのに 日本では多くの食べ残しの食料をほぼ毎日のように捨てている」。豊かになった日本の食生活の裏では、このような悲惨な現実もあることを忘れてはいけないと思います。
「そのうちなんか痛い目をみないといいですね。」そうあって欲しくはないのですが、私もなにか天罰が下るような気がしてなりません。

McGee1046さん

2021年05月24日 12:43

はなみずきさん、返信ありがとうございます。
「・・・引っ越しとなりますと~ 家具に衣類、あらゆる不用品が出てくる・・」
おっしゃる通りと思います。私もはなみずきさん同様の経験がありました。今月初旬、早めの衣替えをしている時に、使っていない物が多いことに驚きました。新品に近い物やほとんど使っていない物は、知り合いの施設の人に来てもらって、使えそうな物だけ引き取ってもらいました。
「もったいない」という言葉が一時もてはやされましたが、年齢を重ねるにつれて、捨てる気持ちの方が強くなってきた気がしています。

ニヴさん

2021年05月22日 19:25

食べるものをかうだけ、あとは歯磨き粉、洗剤類、ペーパーなどの消耗品位しか買わない暮らしになりました。

ひょっとこいさん

2021年05月22日 17:12

「その科学が成功を決める。」という本の中にこんなことが書いてあります。

「幸せを買いたいという方へ。あなたの貴重なお金を、体験に使いなさい。食事に行く、コンサート、映画、芝居へ行く。休暇旅行に出かける。ダンスを習う、バンジージャンプをする、などなど。幸せを求めるなら、本当にお金を払う価値があるのは品物より体験。そのことをお忘れなく。」

ルピスタさん

2021年05月22日 16:48

私も もともと物質欲は無い方と思っていましたが
小さなものを含めると 日々ものに囲まれて 生活して
いる自分を感じます。 今 なにがなくなっても
近所のストアにいけば ほぼ手にはいりますから
先の不安もないし 欠乏感もない?! 海外の治安が
切迫した国に比べると 日本はこれだけでも なんて
平和で恵まれた国だろうと思いますね。 

ただ気になるのは 世界では食料が足りず飢える人たちが
実際にいるのに 日本では多くの食べ残しの食料を ほぼ
毎日のように捨てていると聞きます。 

そのうち なんか痛い目をみないといいですね。 (^_-)-☆

はなみずきさん

2021年05月22日 16:18

耳が痛く胸に突き刺さるお題。
只今引っ越しを前に片付け作業奮闘中です
片付けるのは好きなので余分な物はない。  と思っておりました

ところが いざ引っ越しとなりますと~ 家具に衣類、あらゆる不用品が出てくる出てくる。
今度こそ終活も兼ねて物は増やさないようにしようと固く心に誓いながらの日々です
その思いを忘れない為にも是非こちらのご紹介くださった本、読みたいです