趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

歩きは春の花ですねのイベントレポート

歩きは春の花ですね

日差しタップリでした。歩きは軽やかで進行した。
小下沢林道から小下沢登山口に入り足元でニリンソウに出会った。小粒であり見逃してしまうものでした。

眼を近づけて観察する、確かにニリンソウでした、茎の所から分れたもう一本が小さく蕾を延ばし中。早々撮影に入った。

本日最初の花をゲットする。足元だけに集中すると道外しも起こるので程ほどにし景信山に上がった。
風避けに成る場所で富士山を見てのランチタイムに。

雪煙を見せた富士山がドーォンと正面に鎮座してる。
山頂茶店は休業であり人はガスバーナーでの調理とか楽しんでました。

背中が乾き城山方向へ歩きだす。道中には花は見当たらず取りあえず高尾山に行ってのお楽しみであった。
流れて来た情報を頼りにヤマルリソウ目当てに男坂へ進む。石垣や傾斜地に青い小粒、此方も小さな花。

株になって咲かせてました。同居?している様にも見えたスミレたちも春を告げてた。スミレは薄い筋を付け紫色も似合う。自然はちゃんと時を待っているのが凄い。

霞台から蛇滝へ下る、ネコノメソウの緑が再び足元で見られた、若干濡れた斜面だ、花だか葉っぱだか区別がつかないようにも見えるがちゃんとした花が見られました。

尚下って行くと本命のハナネコノメソウが数は少なかったが咲かせてました。後にこじんまりとした花園が楽しみです。

この様にして花に出会え参加された方は咲くのを待ってたと。次の歩きには種類が増えるかと期待するイベントに成ればと今からコースを練るが開花軌道に合うかですね。

歩きお疲れさまでした。