趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

コミュニティに入会するには会員登録が必要です

新規会員登録(無料)

驚き桃の木山椒の木

中国の亥年はたった354日、次の子年はなんと384日に
https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_678099

旧暦で新年を祝う中国の人々の亥年は来月5日に始まる。8日付の新華網によると、旧暦の亥年は2020年1月24日までの計354日。だが、その次に来る子年は年384日あるそうだ。

「戌年も亥年も年354日だが、子年は384日になる」と説明するのは、天津市天文学会理事の趙之[王行](ジャオ・ジーヘン)氏。趙氏は「現在、世界で使われている暦法には太陽暦、太陰暦、太陰太陽暦の3種類がある」とし、「太陽暦の平年は365日で、うるう年は366日。太陰暦は月の満ち欠けに基づいていて1カ月の平均日数は29.5306日。12カ月なら354.3672日となり、太陽暦より約11日少ない」と説明。「このズレを調整するために太陰太陽暦、つまり旧暦では『19年7閏』という方法が用いられている」と紹介した。

これは19年間に7回、うるう月を加えるというもので、その年は1カ月増えることにより年間日数が383~385日になるそうだ。

旧暦とは陰暦ではなかった?

そう、旧暦とは、太陰太陽暦なのだ。

コメント

蒋 子龍  字=成龍

蒋 子龍  字=成龍さん

2019年01月11日 16:20

経済統計はさほど困らないのではないでしょうか。
何が信じられないといっても国家統計局の数字ほどあてにならないものはありませんから。
学生が1月多く勉強するのかは小生とっても興味のあるところですが。
さて?????????
話変わって三峡ダムの影響で地球の自転速度が変わっているようです。

ウメ

ウメさん

2019年01月11日 15:25

一年の日数が異なると、経済統計など、困らないのですかねー。
『一ヶ月増える』となると、学生なども一ヶ月よけいに勉強するのでしょうか?