趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

コミュニティに入会するには会員登録が必要です

新規会員登録(無料)

これも民族浄化のアレンジでは

中国当局は国内在住の2000人あまりのカザフ族に対して、中国国籍の離脱と出国を許可したようだ。
中国政府は新疆ウイグル自治区で100万人に上る少数民族の住民を拘束しており、カザフ族もその対象だった。中国政府がこの度カザフ族の出国を認めたのは、国際的な批判の要因を取り除こうとする動きと考えられるが、一方で少数民族の数を減らす動きとて民族浄化政策であろう。

カザフ政府によると、中国国籍を放棄したカザフ族は帰国後、カザフスタンの国籍または永住権を申請することが可能だ。

昨年5月から国際社会が新疆の再教育センターを注目するようになり、カザフスタン国内で同国政府に対する圧力が高まったためであろう。

中国メディアは再教育センターを「過激思想からの離脱」「職業訓練センター」などと説明しているが、その目的は現地の民族文化と信仰を放棄させ、共産党のプロパガンダで党の政策に従うよう教化することにあると説明している。

コメント

コメントはありません。