趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

『誕生日は何曜日?』


皆さんはご自分の誕生日が何曜日だったのかご存知ですか? 
生年月日が同じ偉人、有名人は何人か挙げられても、曜日については半世紀以上も昔のこと、覚えていない方がほとんどかと思います。 
私も軍事クーデターに揺れるミャンマーに出張するまでは、特に自分の誕生曜日を意識したことはありませんでした。

一般的にかの地には軍事政権によるアウン・サン・スーチー女史の自宅軟禁を始めとする民主化運動を封じ込める圧政、2007年には日本人ジャーナリストの射殺事件に至る僧侶・一般市民を巻き込んだデモ騒乱、などが思い起こされ、非常に重苦しい印象をお持ちかと思います。
私はそのはるか以前、1986年11月と1988年7月の2回出張しました。 初回は国営の工場に、ある基礎化学原料の売込みに行き、2回目は難交渉の末、契約調印のために上司を案内した時でした。 当時も彼の地は政情不安で、特に2回目の出張は、わずか18日間だけ大統領だったセイン・ルイン政権(1988年7/25-8/12)の期間中という記念すべき(?)無茶苦茶日程。 今振り返ると、騒然とした市内の雰囲気、殺気立った人々の様子が思い起こされ、混乱の最中よくぞ行ってきたというのが正直な感想です。

それでも若い好奇心旺盛な私は例によって業務をサッサと終えると、ラングーン市内の見物に乗り出します。 街中のそこかしこにパゴタと呼ばれる黄金の仏舎利塔が林立しており、 中でもシュエダゴン・パゴタが最大で参拝客・観光客の人気を集めていると聞いて出かけることにしました。 http://www17.plala.or.jp/butsujyoji/myanmar1.html
同塔へ登る周囲の階段は観光客目当ての土産物屋が門前市を為し、野球場並みの巨大さに圧倒されながら、パゴタ中段の参詣フロアに辿り着き、あまりの見事さに改めて感動。 全ての建造物がこうも金ピカに飾り立てられると、否が応でも宗教心が嵩じて、更に仏様を崇めるためにパゴタ建設へと集まる寄進が循環し、強いては同国財政を疲弊させている一因ではないのか、とまで考える罰当たりでした。

私も人並みに参拝しようと見回すと、祭壇がいくつもあります。 案内して戴いた方に訊くと、参拝者は各自の誕生日の曜日ごとに定められた祭壇に向かってお祈りを捧げることになっているとのこと。 自分の曜日が不明ではお賽銭も上げられず、改めて参拝フロアを一周しながら数えると祭壇が8箇所ありました。 
ンッ、何故8箇所も(?)、と改めて訊ねると、水曜日だけは午前と午後に分かれているとのことで、ますます迷うことになりました。 今やスマホのカレンダー機能を辿れば即時に調べられる便利な時代になりましたが、30年以上も昔の旅先では途方にくれるしかありませんでした。
後日、私の誕生日は日曜日だったことが分りましたが、時、既に遅し、再度、かの地を訪問することも無いでしょう。 未だに悟りが啓けない理由は案外この時の不遜に起因しているのかも知れないとこじつけています。
 
いつの日か、政情不安が治まり、平穏な生活が取り戻せることを切に祈念します。
ミャンマー旅行にお出かけの際はご自分の誕生曜日を確認されることをお勧めします、水曜日の方はご面倒でも、午前か、午後かも調べてからお出かけ下さい。

コメント

文殊菩薩さん

2021年06月03日 17:04

きいままさん、
普段は気にしませんが、海外に行った時は水が安心して飲める日本の有難さを痛感しますね。

インドネシアに長居した時は石油開発の現場生活でした。 水が飲みたいと時は田舎の道端の店先に並ぶココナツを買い、穴をあけてストローで中に溜まっている果液を飲みました。 
冷やせば美味しいんでしょうが、生ぬるくて、生臭くて、苦労しました。 
それでも安心して飲める貴重な水分でした。

きいままさん

2021年06月03日 14:56

ミャンマーは行きたかったけれど~ こんなことになり、、、
海外へはまだまだですが、エジプトはぜひ行きたいです。
お腹を壊したのは、中国のみ、家族で行きましたが、
私だけは、安心したのか?羽田に着いてからでした ~🎵
インドも大丈夫でした。もう一度行きたい国です。

文殊菩薩さん

2021年06月03日 13:28

チワさん、
毎度、苦労話にお付き合いいただきありがとうございます。

私の海外経験はほとんどが公費出張によるものばかりでしたが、今振り返って、行った国の中で自費でもう一度行きたい国は?と訊かれれば、私もやはりエジプトを挙げます。

ラクダに乗ってクフ王のピラミッドを一周しながら、悠久の歴史に圧倒され、商談が成功してアレキサンドリアの海に下着のまま飛び込んだのも良い思い出です。

チワさん

2021年06月03日 12:11

お腹を壊しそうな国は夫が拒否で行く機会がなかなかありませんが、政情不安となればますます機会は絶対にありませんね。
しかし、曜日は調べました「日曜日」でした。
アウン・サン・スーチーさん、また拘束されて振り出し!
今や香港、台湾も心配です。
お腹を壊しそうな国、エジプトに行きましたが、やはり壊しました。
ここも怖い国でしたが、行って良かった!