趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

今年も梅干しを作りました。

発酵食品ではありませんが、我が家の梅を30?ほど収穫したので

塩漬け(1〜2週間)→着色&防腐を兼ねてシソを入れて漬け直し(1〜2週間)→天日干し(2日)→種抜き→梅酢に入れて再度色つけ(1日)→天日干し(2日)→ガラスビンに入れて保存
の作業で今年の梅干し作りが終わりました。

 今までは種を取りませんでしたが、せっかく高価なシソを入れても色つきが悪い、梅干しを入れるガラス容器が二倍以上必要、食べる時、種を取り出すのが億劫等の理由で、今年から天日干し後に種を取り出し、梅酢で再度色つけをし、その後、二度目の天日干しをする方式にしてみました。その結果、真っ赤な梅干しができあがりました。
http://www.ink.or.jp/~ykumagai/sonota/umebosi/H25umebosi/H25umeboshi.html

暑い夏は、梅干しによる食欲増進が一番です。

なお、梅干しの塩分量は梅の重さの20%が基準のようですが、我が家ではその半分の10%にしています。そのため、シソによる防腐作用&天日干しによる塩分濃縮でカビを止めています。 お味は塩分控えめのためか至って好評です。

コメント

kumaさん

2013年08月12日 14:28

梅干しの良さは、何を食べてもおいしい成長期には、分からないでしょうね。

 私の経験だけから判断すると、加齢により、体がそれほど食物を必要としない年代になった時、初めて、梅干し・トウガラシ等の良さが分かって来たような気がします。近頃、年々、その傾向が強くなって困っています。

ことみさん

2013年08月12日 11:32

そうなんですね〜マスターが梅干しにカビがなんて思わなかったけど少し出来た
と不思議に言っていました。塩加減なんですね。
梅干しは日本で生まれた素晴らしい物ですよね?私は大好きですが
息子の中学、高校のお弁当に夏は入れていたのですがいつも梅干だけが
残っていましたが?(笑)

kumaさん

2013年08月12日 08:10

予知子さん
書き込みありがとうございます。
最初の頃はシソを入れず、10%の塩だけで済ましていましたが、カビとの戦いで、かなりの焼酎を消費していました。その後、シソを入れたらウソみたいにカビが消えました。
近頃になって、天日干しをした後、梅酢に戻さない方法を教えてもらいましたが、シソの赤味が思うようにつかず、今年は、思いつきで天日二度干しをしたら、思い通りの色がつきました。
豊後梅はアンズ梅と異なり、結構固めですが、天日干しをすれば柔らかくなりますし、時間を経ると更に柔らかさが増してきます。冬になると消費量が一気に減りますが、今年みたいに暑い夏は売れ行きは上々です。

ことみさん
書き込みありがとうございます。
梅干しは塩18〜20%で漬けると殆ど失敗がないそうです。オーストラリアに居住している知人は梅と同量の塩を入れているそうですが、全くかびることがないと言っておりました。暑い地区はそれでも良いと思いますが、日本では塩分量15%以上が無難なのかもしれません。
頂く梅もおいしいけど、自分で作った梅は格別ですよ。

ことみさん

2013年08月11日 22:11

いいですねえ〜私は作り方知らないのですよ〜!でも今カラオケサロンのマスターから
少しずつ習っていますが一人で食べるには多いし〜まだマスターの作った綺麗な
梅干行く度2っ食べさせてもらっています!疲労回復に良いような感じです?
甘酒もお酒が売ってる所でビン入りの500円で買ってたまに飲んでいます。
もう少し涼しくならないと九州は災害は無い代わり暑いを通り超して痛〜いで目が回ると
言って宮崎から一週間帰って来ています。美味しくて体に良い物食べさせてあげます(笑)

玉手箱さん

2013年08月09日 21:25

色々詳しく教えてくださって
ありがとうございます。
大変そうですね。今年は梅漬しなかった
ので、来年少しだけ試してみたいです(^-^)

kumaさん

2013年08月09日 19:05

書き込みありがとうございます。

 今までは種を取りませんでしたが、色が悪い、容器が二倍以上必要、食べる時種を取り出すのが億劫等の理由で今年から種を取り出す方式をとりました。

 八助梅・南高梅等、杏梅系統は柔らかいためすぐ割れるのですが、我が家に植えている豊後梅は熟成すると柔らかいのですが、そうなると溶けてしまうため、青梅の時期に収穫します。でも、塩漬けにし、2日位天日干しをすると幾分しわがより、割れやすくなり、種もすんなり肉から離れます。

 割り方は両手を使って縦方向に力任せに押すと実が割れます。その後、種を取り出します。しかし、剣道で鍛えて握力60?をほこっていた自慢の腕力も、豊後梅30?の前にはスタミナ切れを起こし、ひどい筋肉痛に襲われました。仕方なく、いろんな道具で試してみたらコールマン製のナベつかみが一番簡単に割れたので、かみさんとの二人三脚で割と短時間に種抜きを終えました。次の日届いた専用梅割り器は単なる飾り物になってしまいました。

玉手箱さん

2013年08月09日 15:54

30kgですか、ひと仕事ですよね
お疲れさまでした〜
種を抜いたことがないのですが、
果肉が種についたりしませんか?
種抜きの時期・タイミングなどある
ようでしたらご教示ください。
宜しくお願いします(^-^)

予知子さん

2013年08月09日 14:01

きれいな 赤い梅干ができましたね。

真っ赤な梅が一粒お弁当に入っていると 本当に嬉しいです。

種抜きの梅干はたぶんやわらかくて 美味しいのでしょうね〜

おつかれさまでした