趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ようこそです。

 マンプスさん、参加して頂いてありがとうございます。

 先に、私の簡単に自己紹介をさせて頂きます。

 パラグライダーは250時間、ハンググライダーは750時間、セールプレーンは1000時間、すべて概ねですが、ソアリングしています。

 現在はセールプレーンのみで飛んでいます。60歳を超えて、特にハンググライダーに限界を感じたため、セールプレーンのみに移行しました。

 マンプスさんはどんなスカイスポーツに興味がおありでしょうか。教えて頂ければ幸いです。ちなみにパラとハングの長所などを紹介しているYouTubeを友達が作っているので見て頂ければ幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=Ok3b-O1HjE4&t=1s

 どうぞよろしくお願い致します。

コメント

マンプスさん

2021年06月03日 13:12

takuさん、
コメントありがとうございます。m(_ _)m
何事も強いやる気が必要ですよね。(^-^)

takuさん

2021年06月02日 07:20

マンプスさん、さらに付け加えますと、20年前にパラグライダーを諦めたのは、正解!だったかもしれません。当時のパラの安全性と性能は低く、今とは比べ物にならないくらいの差があります。

現在のパラは本当によく飛びますし、潰れません。耐久性も良く10年は使えます。10年楽しめれば、コストパフォーマンスは、それほど悪くないと、私は個人的に思います。

takuさん

2021年06月02日 06:33

マンプスさん、補足させていただきます。

プロフィールを拝見しましたが、いわゆるナナハン免許、限定解除世代ですね。私も同じです。10回も落ちましたけど。初めて買ったナナハンCB750Fには感激しました。日本中touringしましたね。

そう考えると、パラグライダーもバイクも似ています。免許を取得すれば、自分のバイクが欲しくなるのと同様に、翼も欲しくなるし、レンタルでは安全性にも問題があります。

どちらも高いリスクを伴う趣味ですから、『情熱、お金、時間』がないと危険です。忌憚なく言わせて頂くと、そこまでの飛びたい欲望がなく中途半端では難しい世界です。バイクも同じですよ。

takuさん

2021年06月01日 17:18

マンプスさん、返信ありがとうございます。

 なるほど、そのような事情でしたか。機体や機材の購入は、自分の命を預けるものなので購入することが勧められますし、スクールも販売しないと利益が出ませんからね、絶対的に愛好者が少ない業界ですから。

 レンタルができるパラやハングスクールもありますが、続けるのであれば購入、逆に言えば、続けると自分の機体が欲しくなると思います。

 グライダー(航空機)のクラブでは、レンタルが基本です。高額ですから簡単には買えません。所有するにしても2~5人のグループでシェアします。

 どの道、空を飛ぶには普通の趣味よりはお金が掛かるのは、致し方ないようです。

 20年前に比べれば、かなりサービス業として進化してると思います。押し売り的な商売では成り立ちませんからね。

 しかしながら、パラ・ハンググライダーに関しては、続けて飛ぶのであれば、機体を購入することは、絶対条件になります。中古機も多いので、予算の相談に乗ってくれる良心的なスクールはありますよ。強引なクラブもあるのも事実で、残念ですが。

 ハンググライダーと共同の団体「JHF」と、パラだけの「JPA」では、微妙に中身が違ってきますので、今度インストラクターに詳しく聞いてみます。

マンプスさん

2021年06月01日 07:57

はじめまして

約20年前にパラのスクールに通い、ステップアップする際にスクールで機体を買わなくては、これ以上先の講習は受けられないと聞いて興醒めして辞めました。自動車教習所で仮免の時に教習所で車を買わさられるように感じたら極めて閉鎖的な世界だと感じてしまいました。

それでも空を飛ぶことが諦められず、色々なスクールに問い合わせたらどこも同じで、諦めました。

60前になり、再び空を飛ぶことに憧れを抱き、現状のスクールはどうなのか気になりこちらのコミュに参加させて頂きました。