趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

out line-3

Ephemeral life was born in an environmental condition that is pressure, the volume, temperature and the number of friends (phase). I thought alone. The life system is in irreversible reaction system though the reversible reaction is included in a part. A life system is accumulating energy, though nature is the flow of irreversible time axes called the law of energy diffusion.

This reaction is conducted in a scatter nervous system (Scattered nervous system unconsciously about lower animals, and also mammals increased the choice for survival by qualia because mammals have concentrated nervous system in cerebrum.

The qualia are the parts which do not have physical quantity such as the stimulation to maintain a life system. Or it may be phenomenon that is lower energy than limit which can detect the physical quantity at the current analytical instrument.

When we feel bad qualia, I'm tired at least and feel energy loss. The qualia is a sense organ without physical quantity. It feels sadness, pleasure and etc. through such as the greed, against the stimulation sense that is protecting the body.

And the feelings that control the greed, learning by the memory, learning with the logic, these are qualia for protecting from abnormal reaction system. Their feeling is different even if it has same condition by each the time. Stimulation senses to defend the body from outside change first.

儚い人生は、圧力、量、温度、そして友達の数(フェーズ)という環境条件で生まれました。私は一人で考えました。生命システムは、一部に可逆反応が含まれていますが、不可逆反応システムになっています。自然はエネルギー拡散の法則と呼ばれる不可逆的な時間軸の流れですが、生命システムはエネルギーを蓄積しています。

この反応は散財神経系(下等動物を意識せずに散在する神経系)で行われ、哺乳類は大脳に神経系が集中しているため、クオリアによる生存の選択肢が増えました。

クオリアは、生命システムを維持するための刺激など、物理量がない部分です。または、現在の分析機器で物理量を検出できるのは、限界よりもエネルギーが低い現象である可能性があります。

私たちが悪いクオリアを感じるとき、私は少なくとも疲れていて、エネルギーの損失を感じます。クオリアは物理量の測定し難い感覚器官です。身体を守っている刺激感覚に対して、貪欲などを通して悲しみ、喜びなどを感じます。

そして、貪欲を制御する感情、記憶による学習、論理による学習、これらは異常な反応システムから保護するためのクオリアです。毎回同じコンディションでも気持ちは違います。刺激は、最初に外部の変化から体を守ることを感知します。

コメント

コメントはありません。