趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

平成25年秋場所

平成25年秋場所が昨日から始まりましたネ!!!

場所前には、把瑠都の引退が発表され自分を含めて多くの不安が落胆しましたが、<<稀勢の里、綱へ再出発=秋場所>>の期待を持って、秋場所を楽しみたい。

期待の力士は稀勢の里を筆頭に、平成生まれで初の三役となった新小結高安、所要3場所で新入幕を果たした遠藤、そして久し振りに幕内に戻った豊真将だ。

そして、寂しいニュースも

<<<三保ケ関部屋が秋場所限りで消滅>>>

<<大相撲の横綱北の湖や大関北天佑らを生んだ三保ケ関部屋が秋場所(15日初日・両国国技館)限りで消滅することが13日、分かった。三保ケ関親方(64=元大関2代目増位山、本名沢田昇、兵庫県出身)が11月の九州場所中に65歳の定年を迎え、継承者がいないことから幕を閉じる。

部屋にはロシア出身の幕内阿覧ら力士8人を含め、待乳山親方(元小結播竜山)や行司、呼び出しら計14人がいる。移籍先は所属する出羽海一門内で調整する。三保ケ関親方は「秋場所が終わったら、きちんと発表したい」と述べた。

角界では横綱初代若乃花や横綱輪島らを輩出した花籠部屋が昨年5月、横綱大鵬らが育った二所ノ関部屋がことし1月に閉鎖、伝統を誇る部屋が相次いで消滅した。

三保ケ関部屋は元大関初代増位山が1950年に再興、北の湖や息子の2代目増位山、北天佑らを育てた。84年11月の定年に伴って現師匠が父から継承。11日に引退した元大関把瑠都は平幕時の2006年7月まで在籍した。>>

郷土・北海道が生んだ昭和の大横綱・北の湖を始め北天佑の活躍した頃が懐かしい!!!!

それにしても、古くからの相撲部屋が、「後継者の不在」で消滅することは、江戸時代の伝統を受け継ぐ団体として、有効な対策を採って欲しいものだ。

コメント

cryfiaさん

2013年10月05日 17:16

>higeziiさん
さっそくご挨拶を承り恐縮に存じます。
今後ともご教示のほどよろしくお願いいたします。

今日明日は小野川と振分の襲名披露です。
この二人は同郷同学年でアマチュア時代から切磋琢磨してきた間柄。
両者とも鋏を入れるほど親しいわけではないので観戦だけですが明日も最前列を取ってもらったのででかける予定でいます。
学生時代から注目してきた力士だけに一抹の寂しさがあります。

けいと☆さん

2013年10月01日 21:23

物質的なハングリーではなくて精神的なハングリーだと思うんです。

ハッキリ言って相撲協会の日本人力士勢の体質です。
例えばイチロー。彼は大金持ちで奥さんは夫に負けないくらい収入あるらしいし。
でもモチベーションの高さは素晴らしい。

多分、幕内に上がってしまえば、地位さえ守れば居心地がいいのではないでしょうか?
外国出身勢は少数派だから、相互の敵愾心が物凄いんだと思います。
higeziiさんがお嫌いなのは知ってますが、朝青龍。彼は「何としても優勝する」という気迫だけは物凄かった。日本人でヤツの十分の一でもそんな気迫を持った力士がいるでしょうか? 

それから、日本人は体がデカイだけの少年を集めてますが、外国出身勢は素質的にも身体的にも抜群の少年が来日してます。
横綱になったモンゴル勢3人。格闘家としての血統の素晴らしさはご存知の通りです。

hideziiさん

2013年10月01日 01:47

幸せの青い鳥…さん その通りです。

それで、それを真に受けた新弟子が夜中に土俵を掘って・・・・・・

親方に怒鳴られた!!!のは、笑い話ですが、「ハングリーさが不足」しているのは、事実です。

その証拠に、「新弟子の脱走」や「シゴキ」(やりすぎは問題ですが)が話題になるくらい、ヤワな世界になって来ている。

先日、力道山の撮影した映像が秋場所の放送の合間にあったようですが、理事長だった若乃花が力道山との思い出を語っている動画がYOUTUBEにあります。

これに因ると、「力道山のシゴキがあまりにきつかったので、力道山の左のひざ下に噛み付いた」話があります。

いま、それをしたら「部屋が消滅してしまいます」よネ!!!

事実「有罪になり、刑務所に入った親方が居る」のですから・・・・

タブレット青い鳥さん

2013年10月01日 01:25

人それぞれですが

外国人力士が増えたのは
レスリングで飯が食えなくなったからだと思います。

先人は「 土俵に金が埋まって居る」と、、、、、(^。^)

hideziiさん

2013年10月01日 01:14

外国人力士が活躍出来て、日本人力士が活躍出来ない理由は、はっきりしているんです。

それは、「日本の生活と経済が良くなりすぎてしまった」からと、自分は考えています。

相撲のように「技術的なことは別として、”勝敗のルール”があれだけ単純だと、最後の決め手は「ハングリーさ」の比較になると思うのです。

30年前まで「相撲王国」と言われた我が北海道。

それがいまや、いた数年前から「関取ゼロ」

これが、「日本人力士不振の象徴」です。

そして、その代わりの「大学相撲出身力士の台頭・・・・

これじゃ、「強い力士」は出るはずないです。
  (舞の海のような上手い力士なら出ているようですが)

けいと☆さん

2013年09月30日 22:58

千秋楽の中継見ていたら、北の富士さんが十両優勝の照ノ富士を絶賛していましたね。

実際取組は見てないのですが、調べたらモンゴル出身でした。もうたくさんです。

もちろん照ノ富士に責任は無いのですが。。。

hideziiさん

2013年09月28日 13:33

遠藤・・・・ケガで休場!!!


恐れていたことが・・・・

けいと☆さん

2013年09月28日 13:29

北の湖、2代目貴乃花並みの逸材といわれた萩原。史上2番目の若さでの入幕。

きょうの新聞によれば、愛想尽かした親方もいるようです。

hideziiさん

2013年09月28日 00:16

稀勢の里・・・・・・・

みるくんさん

2013年09月27日 02:08

十二日目結び三番の決まり手が、いずれも
「肩透かし」
とは珍しい♪

結びでなくとも「肩透かし」が三番続いたことって、これまであったでしょうか?

hideziiさん

2013年09月26日 22:25

1年前の千代大竜の四股の画像を見つけました。

回しの色が違いますが・・・・・

これは、後援者がしっかりしている証拠ですよネ!!!

hideziiさん

2013年09月26日 22:17

コメントのタイミングがずれましたネ!!!

千代大竜だとしたら、1年前でしょう。

もう「大銀杏」を結っていますから・・・

「遠藤」は、もっと色が黒いでしょうから・・・・

hideziiさん

2013年09月26日 22:13

これで、直接対決に望みが繋がりましたネ!!!

従来と逆のパターンなので、希望を持ってあと3日間を楽しみます。

<<白鵬、1敗で首位キープ 2敗対決は稀勢に軍配>>
2013.9.26 19:03


 大相撲秋場所12日目(26日、両国国技館)横綱白鵬は大関琴奨菊を肩透かしで転がし、1敗で単独首位をキープした。琴奨菊は5敗目。2敗対決は大関稀勢の里が横綱日馬富士を熱戦の末に肩透かしで破って10勝目を挙げた。

 大関鶴竜は豊響を肩透かしで退けて9勝目をマーク。両関脇は豪栄道が勝ち越したが、妙義龍は7敗目と後がなくなった。新小結の高安は負け越し、新入幕の遠藤は9勝目を挙げた。

 白鵬を追う2敗は稀勢の里に絞られ、3敗に日馬富士、鶴竜、遠藤が続く。十両は鏡桜が1敗で単独トップ。


ただ、二人とも「肩透かし」というのは、気にくいませんが・・・・・

相撲は、両者立ち合い真っ向からのぶつかり合いから「寄り切り」か「押し出し」勝負でなくちゃ・・・

けいと☆さん

2013年09月26日 22:07

えっつ?今場所の画ですか?まわしの色がヒントですね。

これだけきれいな四股ならスグ分かりそうです。

hideziiさん

2013年09月26日 21:57

残念ですが、誰だか分かりません。

左側は、曲げの感じから「千代大竜」のような気がします。

右側は、これでは全く分からないですネ!!

明日、ゆっくり見たらわかるかも知れないので、他の番組を見ないで確認してみますか・・・・

けいと☆さん

2013年09月26日 21:24

素晴らしい!!それに美しい!!特に右側の力士。誰ですか?

空手を少しやってますが、体の固い私は、体の柔らかい人をそれだけで尊敬します。

hideziiさん

2013年09月26日 21:16

全員が、このような「四股」を踏んで欲しいです。

けいと☆さん

2013年09月26日 21:10

2代目のような足腰の柔らかさを持った力士を他にご存知ですか?惜しかったですね。

>特に「格闘技」系の場合、太腿と脹脛の筋肉の出来で、その力士や選手の能力を感じます
馬場や猪木は力道山に日に3千回のスクワットで鍛えられたそうです。キックボクサーやムエタイ選手の足も物凄いです。

遠藤は四股を人一倍踏むそうで、確かにきれいな四股を踏みますね、

そういえば、片山と言う力士がいましたが四股はきれいでしたが相撲はそうでもありませんでした。

hideziiさん

2013年09月26日 02:51

初代(一部では2代目)も、凄かった・・・・・

最近では、お兄ちゃん若ノ花の下半身の筋肉も、非常に立派でした。

スポーツ、特に「格闘技」系の場合、太腿と脹脛の筋肉の出来で、その力士や選手の能力を感じます

けいと☆さん

2013年09月25日 22:40

そう考えると初代・若乃花は素晴らしいですね。人間的には知らないけど。

琴ヶ浜もいいですね。最近では誰でしょうね。千代の富士でしょうか?最近でもないですね。

あのカール・ゴッチはウエイトトレーニングで作った筋肉ではなく

練習や稽古で鍛え上げた筋肉でなければダメだみたいな事を言っていたと思います。

これは作った体だったかも知れないけど隆の里。全盛期は短かったですけど完成した力士だったと思います。