趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

★鰻の八十八(やそはち)さん 復活です・・・

浜っこの方は もうすでにご存じだと思いますが

明治43年に伊勢佐木町裏に祖母 米さんが
蒲焼店として 創業し その後関内本店や
横浜駅西口店にも 店を構えました。

2001年に 店を閉めましたが 2013年3月8日に
吉田町店が 復活です。

八十八という店名は 初代の 荒井 米さんが
自分の名前の米という漢字を開いて 八十八と
したようです。

関内店は 高級なお店でしたので 私はほんの
たまにしか来れませんでした。

また作家の山本周五郎さん・画家の柳原良平さん・
作家の山口瞳さんもこちらのお店のファンでした。

現在のお店は 関内駅北口より 徒歩1,2分の吉田町に
ありました。
久しぶりに伺いましたが 吉田町店は 今でも高級ですが
 石川町店の方が 少しリーズナブルのようです。

鰻は すべて国産を使っていますので ふっくらと辛めのたれで
いただきますと 美味しさがフワ〜っと 伝わってきます。

肝吸いとおしんこ付きで 3500円です。
やっぱり高いですね〜
でも美味しかったですよ〜♪

たまには いかがでしょうか〜(^_^)/
予約をしておいた方が 良いかもしれません。

八十八(うなぎ)

神奈川県横浜市中区吉田町10 都南ビル 1F
  火〜金  11:00〜14:30
         17:00〜20:30(L.O)
  土・日・祝 11:00〜20:30(L.O)

 JR関内駅より 徒歩1,2分

コメント

ノウゼンカズラさん

2013年09月22日 11:54

好二さん
 こんにちは〜

 コメントありがとうございます。
 >中入れ鰻重」とは、
鰻が二段になっているのでしょうか?

 私もまだいただいたことがないので
 何とも言えませんが たぶん真ん中に
 もう一段入っているのではないかと
 想像いたします。

 清水の舞台から飛び降りた気持ちで
 ぜひ食べてきてくださいね
 またご感想も お待ちしています〜(^_^)/

好二さん

2013年09月22日 06:23

写真(中)に書かれる「中入れ鰻重」とは、
鰻が二段になっているのでしょうか?
これが食べたいな!

4800円は高いけど、清水の舞台から飛び降りるか!

ノウゼンカズラさん

2013年09月18日 09:14

わーちゃんさん
 おはようございます。

 鰻、高級ですよね
 でも国産の鰻で ふっくらと美味しかったです〜^^