趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

話題一覧

すべての投稿

Watson
Watsonさん

コメント 0

〝オペラよもやま話〟

 カルーゾーが死んだ。1921年8月2日、48歳の名テノールは肋膜炎で天に召されたのだ。困ったのはメトである。  ’03年11月のデビュー以来18年間のうち、ファラーのデビュー公演に譲った06年だけを除いて、カルーゾーは毎年のメトでのシーズン開幕公演を歌っていた...

dezire
dezireさん

コメント 2

レコードプレーヤーとCD(コンパクトディスク)の音の違い

アナログレコードには、なにか温かみのある肌に血の通ったような音楽になるという体験がありますが、これは先入観だけのものでしょうか。 アナログレコードとCD(コンパクトディスク)の音の違いを、考えうる色々な要因からレポートしてみました。 https://desire...

mmszkmin
mmszkminさん

コメント 1

びわこホールプロデュース 『神々の黄昏」 無料ライブビューイング

突然の参加と話題提供です。 何処も同じ、公演中止でしたが 実際は 無観客公演でライブビデオ放送です。  この際  ぜひ どうぞ 。 ★無料ライブストリーミング配信 各日、公演の模様を無料ライブストリーミングで同時配信します(ドイツ語上演・字幕なし) 配信日時:...

dezire
dezireさん

コメント 0

ブラームスの出世作「ドイツ・レクイエム」の魅力

ブラームスはューマンと母の死に刺激されてオーケストラ音楽の出世作となった傑作「ドイツ・レクイエム」を作曲しました。ブラームスはこの成功に自信を得て、巨匠ベートーヴェンの後継者としての仕事を全うしようと決心とし、四大交響曲の作曲に至ったと言われています。このブラーム...

dezire
dezireさん

コメント 4

天才美人ピアニスト、クララ・シューマンの美しい物語

ロマン派時代の天才美人ピアニスト、クララ・シューマンがシューマンの晩年の精神病のイメージを払拭するため、またシューマンの曲を多くの人に広めるために奔走します。彼女を献身的に支えたのがブラームスでした。 ブラームスは生涯独身を貫き、献身的にクララ・シューマンを支え続...

Watson
Watsonさん

コメント 4

〝ヘンデル:歌劇『シッラ』全3幕〟

 「神奈川県立音楽堂」開館65周年記念室内オペラ・プロジェクト。ビオンディとエウローパ・ガランテのタッグによる舞台版上演の世界初演企画。  今回はヘンデルの「ロンドン・オペラ」の中でも最も謎が多い『シッラ』。2017年ウィーン・コンツェルトハウスの公演録音(GL...

Watson
Watsonさん

コメント 0

〝世界を魅了するカウンターテナー、フィリップ・ジャルスキー〟

 1990年代よりヨーロッパではじまったバロック・オペラのリバイバル・ムーブメント、そのブームをささえ、人気を牽引してきた立役者・フィリップ・ジャルスキーが来日する。2014年の公演以来6年ぶりの来日公演は貴重な1公演のみ。 【日時・場所】 3月13日(金)19...

dezire
dezireさん

コメント 2

色の古き良きヴェネツィアを伝えるオペラ

イル・カンピエッロ(小さな紘広場)」はヴェネチア・カーニバルのために、偉大なヴェネツィアの劇作家カルロ・ゴルドーニによって書かれたコメディの台本に基づき、純粋な職人技と活気に満ちた、陽気なバズの色のヴェネツィアを伝えるエルマンノ・ウルフ・フェラーリのオペラです。こ...

dezire
dezireさん

コメント 1

クリスマスの音楽「メサイア」

今日はクリスマスイブですね。クリスマスで最もよく演奏される音楽がヘンデルの「メサイア」です。ヘンデルは本来オペラ作曲家でした。 「メサイア」について少し詳しい話を分かりやすく書いてみましたので、ご一読ください。 https://desireart.exblog....

Watson
Watsonさん

コメント 0

〝ミュンヘンの『死の都』〟

 11月18日にミュンヘンのバイエルン州立歌劇場で行われたコルンゴルト『死の都』のプレミエは、まさに鳴り物入りだった。ヨナス・カウフマンとマルリス・ペーターゼンが、ともに初めてこの作品の主役二人を歌い演じ、また今シーズンでこの歌劇場を去るキリル・ペトレンコによる新...

Watson
Watsonさん

コメント 0

〝パリ国立歌劇場の『イーゴリ公』〟

 パリ国立歌劇場では、ボロディンの『イーゴリ公』が初めて上演された(11月28日~12月26日:バスティーユ)。習慣通り第3幕は省略されたが、第3幕から「イーゴリ公のモノローグ」を抜粋し第4幕に挿入したほか、序曲は第4幕の前に演奏された。  新演出を手がけたのは...

dezire
dezireさん

コメント 0

奇跡的に復興した音楽の都・ドレスデン

ワーグナーが、『タンホイザー』『さまよえるオランダ人』などの初演も行ない、リヒャルト・シュトラウスが『サロメ』『エレクトラ』『ばらの騎士』などの傑作を初演したドイツのドレスデンの復興の物語をご紹介いたします。 https://desireart.exblog.j...

dezire
dezireさん

コメント 3

ワーグナーの楽劇、オペラは総合芸術か絶対音楽か?

ベートーヴェンの最大の後継者はブラームスなのか?ワーグナーなのか? ワーグナーの楽劇は絶対音楽の粋を極めようとしたのか?音楽を総合芸術にしたかったのか? 絶対音楽と総合芸術の関係を紐解いて、整理してみました。 https://desireart.exblog.j...

dezire
dezireさん

コメント 0

オペラとオラトリオ、バッハとヘンデル

オペラとオラトリオ、ヘンデル「メサイア」とヘンデル「メサイア」とバッハの宗教音楽の違いはどこにあるかをレポートしてみました。 https://desireart.exblog.jp/239831576/

Watson
Watsonさん

コメント 2

〝オペラから羽ばたくイタリア若手三羽烏〟

 イタリアの若手指揮者三羽烏と呼ばれるのが、アンドレア・バッティストーニ(1987年生まれ)、ダニエーレ・ルスティオーニ(83年生まれ)、ミケーレ・マリオッティ(79年生まれ)の3人である。  バッティストーニは、日本の東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者な...

Watson
Watsonさん

コメント 3

〝ファスベンダーの『コシ・ファン・トゥッテ』〟

 ファスベンダーの一番の代表的レコードは、カール・ベーム指揮のモーツァルト『コシ・ファン・トゥッテ』である。ザルツブルク音楽祭で、1974年8月28日、指揮者ベームの80歳の誕生日に行われた上演の実況録音盤。  この『コシ・ファン ....』は、音楽祭でも毎年の...

Watson
Watsonさん

コメント 0

〝第63回NHKニューイヤーオペラコンサート〟

 新春恒例「NHKニューイヤーオペラコンサート」。 世界が注目する若手指揮者アンドレア・バッティストーニの指揮で、オペラ・アリアの中でもポピュラーな人気曲を中心に演奏。 【日時・場所】  2020年1月3日(金)19:00~ NHKホール 【出演】  アンドレア...

Watson
Watsonさん

コメント 2

〝ファスベンダーの自叙伝〟

 今年80歳を迎えた往年の名メゾ・ソプラノ、ブリギッテ・ファスベンダーが自叙伝を出版した。  彼女はこの年齢になっても健在で、メディアにも頻繁に登場する。1994年に歌手を引退してからは、20年以上も演出家として活躍していた。インスブルック州立劇場などでインテンダ...