趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

旧約聖書の背景。4

私のコミュでは・・・

キリストは、エジプトの傭兵だとか。
しかも、アサシン(暗殺者)のリーダーだとか、書いてます。(笑)

キリスト教は、今でも「食人習慣」を正当化して守っています。ーー;
これが、「聖体拝受式」と言う事になります。

キリストの身体である「パン」を食べ。
キリストの血である「ワイン」を飲んで馬鹿騒ぎしてるのですが。(笑)
未開の伝道では、食人習慣を止めさせようと。
焚火に身を投げて、自らを食べさせようという神父・修道女が続出。

何が未開なのか。(笑)
人食い人種が、毎日人間食べてる訳無いでしょう。(爆)

英雄とか聖人を食べると。
同じように、英雄・聖人に成れると思っている。
喜んで食べると思いますよ。(笑)

一応表向きは、施ししてくれる人を立てて止めてますが。
時にお祭りにはこっそりと。(爆)
キリスト教・本部では美談として聖人に。(笑)

余談ですが。
釈迦・キリストの身体は、弟子に食べられ残っていません。(笑)

しかし、仏舎利(お釈迦さんの骨)ってどんだけ有るのでしょうか。?

これって、人柱の代用ですよね。(笑)

コメント

hideziiさん

2013年09月10日 05:34

<札幌平和塔(藻岩山山麓) は、日本山妙法寺が「太平洋戦争の犠牲者の冥福と世界・日本の平和を祈る」目的で、日本山妙法寺の藤井日達の発願により、1961年(昭和36年)に建立された。
インドのネール首相から贈られた仏舎利が安置されている。>

+http://www.youtube.com/watch?v=9LyqEaEO7_E

このURLに写っている「谷口甚角」氏は、自分の実家から2丁離れたところに居た、旭川では戦前からの名家で「醤油醸造の家」でした。

自分の実家は”糀屋”なので、親父や叔父、伯母叔母とは、小学校が同じだったので、交流があったようでしたが、自分の同世代は誰もいなかったので、自分としての記憶は余りありませんが、チョビ髭・金縁メガメの当時としても風格のある爺さんでした。

昭和27年設立の社会福祉法人 北海道社会福祉協議会の理事に就任していますので、自分の祖父や親父が民生委員をやっていましたので、そっちでの付き合いがあったことは覚えています。
会 長(理事) 杉崎 郡作
副会長(理事) 時田 民治 助川 貞利 熊谷 直吉
理 事 石丸 米一 岩下 良次 久留宮新十郎
上田勇太郎 井上金之助 三上 盛作
石王 理吉 橋本徳四郎 田坂 重元
森岡 政雄 天野 銀市 『谷口 甚角』
小林多次郎 側見 清一 松沢 定
石倉 豊太 多田 貞久
監 事 横湯 通之 鈴木 良吉


<<池上本門寺>>

<弘安5年(1282年)9月8日、病身の日蓮は身延山を出て、湯治のために常陸(茨城県)へ向かう。9月18日に武蔵国池上郷(東京都大田区池上)の池上宗仲の館に到着。生涯最後の20数日間を過ごすこととなる。同年同月に、池上氏館の背後の山上に建立された一宇を日蓮が開堂供養し、長栄山本門寺と命名したのが池上本門寺の起源という。>

この池上氏の後裔が、高校時代の同級生に居て、日蓮が開堂供養し、長栄山本門寺と命名したのが池上本門寺の起源というこの「本門寺」建立に際して地所を提供した話は、高校時代にその友人から聞いていたし、彼の母親の通夜に参列した時の僧侶の話でも出されていました。

マーティン・ランドーさん

2013年09月10日 03:42

仏舎利の中で、本物のお釈迦さんの骨はまず無いでしょう。

1、真空パックしたり、してたのでしょうか。?

2、まあ、エジプトのミイラの技術とか有れば出来るかも。

3、次に氷漬け。
  ヒマラヤの氷河なら可能かも。

4、弟子が食っていなければ可能かも。
  私は、食っていると推理してますが。(笑)

5、「死んだらお釈迦さんになる」
  だから「死んだ仏教の帰依者=仏」は、お釈迦さんと同体。
  という屁理屈で「仏舎利」を製造した。
  今のところ、これが一番真実味が有ります。

まあ、異論が有るならDNA鑑定してもらいましょう。
全ての仏舎利を。(笑)
全て偽物だと、洒落になりませんが。(爆)

「牛魔王・金角・銀角」は、釈迦三尊の化身と推理してます。(爆)

hideziiさん

2013年09月10日 03:09

現在日本には、20ヶ所あるようですネ!!!

しかし、実際の「釈迦の遺骨」を収められている本来の仏舎利塔は、日本全国では三箇所の様です。

札幌の藻岩山の仏舎利塔には、日本山妙法寺の藤井日達の発願により、1961年(昭和36年)に建立された。インドのネール首相から贈られた仏舎利が安置されているので、間違いなく収められていると記憶しています。