趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「お伊勢さん」の秘密 1

要するに、20年の式年遷宮を迎える「伊勢神宮」であるが。

ここに至っても、ここに至るまでも。
多数の秘密と疑惑に包まれている。

1、原因と成った「崇神天皇の神婚拒否」の秘密。

2、宇佐神宮との関係。

3、天照大御神の正体。

4、大物主と大国主の関係。

5、卑弥呼と「ヤマトトモモソヒメ」の関係。

6、巫女でない女性斎宮と天皇家。

7、神主(男性巫女)の不思議。

8、男性神から女性神へ性転換の何故。

9、龍神信仰から太陽信仰への何故。

10、出雲大社との関係。

11、外宮に豊受大神(丹後・籠神社)の何故。

12、伊勢に至る、20数度の遷宮の何故。

13、日本武尊との関係。

ざっと考えてもこんなに有る。(笑)

別に、現在の天皇家を揶揄するものでもないので、誤解のないように。

コメント

マーティン・ランドーさん

2013年09月24日 03:14

中国などから言わせれば、「5000年の歴史」ですから。
5000年間戦争ばっかりやっていた国ですから。(笑)

そろそろ政府も煽りすぎて、国民の不満の矛先が政府に行きそうなので。
抑えにかかってますから、まもなく収束するでしょう。

まあ、国譲りの故事は素直に解釈して。(笑)

13、で「日本武尊」を出したことを考えて下さい。^^
ここ辺りが、当時の軍事バランスを考えれば重要でしょう。^^

hideziiさん

2013年09月24日 02:51

いまでも、どこかの国で、「問題が起これば、それから目を逸らせるために、”反日デモをさせたり”、なにか催しで団結を図ろうとする」事と同じですネ!!!!

2000年変わっていない・・・・・

マーティン・ランドーさん

2013年09月24日 01:52

生きてましたか。(笑)

吉祥以前の問題でしょうね。(笑)

崇神天皇の御代に、流行病で多くが死んだそうですし。
この病は、三輪・大物主の血族を見つけ。
大物主を祀らせれば収まるとの有難いご神託が有ったらしいのです。

何とこのご信託は、卑弥呼と目される「ヤマトトモモソヒメ」らしいのです。^^;

要するに、前の天皇の一族が暴れて国が乱れているので。
血族に、国を返せば収まるだろうということです。

ここで言う前の天皇とは、国譲り伝説の「大国主」です。
天皇家に7代祟ったと言われる、あの「大怨霊」です。

1、の解説になってしまいますが。
崇神天皇が、大物主(ニギハヤヒ)から続く、物部系天皇家を倒して、新王朝(ハツクニシラス天皇)に成ったことが招いた暴動でしょうね。

この辺は、記紀でも正直に書いてますというか歪曲してですが。(笑)
ここで、神官・大臣「オオタのタネコ」が登場です。(笑)

hideziiさん

2013年09月24日 01:21

ここで、自分なりに感じることが・・・・

「12、伊勢に至る、20数度の遷宮の何故。」についてです。

きっと「吉祥の地」を《方違え》しながら流離って、探していたのでは??

でも、それは「朝廷の在る場所」(当時は、奈良地方??)から見てのことでしょうから、その後の京都への遷都、さらに今の「東京から見た”伊勢の地”の方角」の意味は、どうなのやら・・・・・