趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「お伊勢さん」の秘密 7。

<13、日本武尊との関係。>

伊勢神宮に有った「天叢雲剣(草薙剣)」をたづさえて熱田神宮へ。?
尾張で、歓待された後「鹿」狩りに誘われて、草原に誘い込まれ火攻めに合って薙ぎ払った天叢雲剣を、名前を変えて熱田神宮に。?
非常におかしいですね。(笑)

私的には、「日本武尊物語」は創作だと考えています。

1、「天叢雲剣」は、素盞鳴尊が勝ち取った、「出雲族の宝剣」

2、元は、物部氏の守り神・奈良「石上神宮」に有ったとも。

5、「石上神宮」の御神宝は「七支刀」なんですが。

6、奈良・三輪族と出雲・出雲族・大国主の関係は。?

7、「七支刀」、日本製でないような。(笑)

8、美濃・尾張族って何者、。?

9、神宝のない「伊勢神宮」より、神宝の有る「熱田神宮」の神格が上。(笑)

まあひとまず、これくらいで。(笑)

コメント

hideziiさん

2013年09月29日 04:11

ある解説がヒントになって、「張飛の使用していた”蛇矛”との関連」が急に気になりました。

そこで「ドロ縄」

日本の遺跡から結構な数の”蛇矛”や”クリス”と思わしき鉄剣が出土しているんですネ!!!

マーティン・ランドーさん

2013年09月29日 02:31

これは、儀式用の剣だと思います。

形は「七支刀」です。

八俣の大蛇から七支刀、数が合いませんが。(笑)

儀式・儀礼に使われてどうなったかは「9」辺りで解説します。

hideziiさん

2013年09月29日 01:42

「天叢雲剣」の形は、東南アジアの”クリス”に似ているとか・・・・・

だとしたら・・・・・

以前に一度ありましたネ!!!!

”火炎剣”の異名がある。

そして「熱かっ田」から、それで「火を消した・・・・・・」面白い!!!!!