趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「お伊勢さん」の秘密 12。

ここまで書いて、オヤッって思いませんか。

「豊」の名の「天皇」が出てきますね。

飯豊天皇=「飯豊青皇女」

推古天皇=豊御食炊屋姫尊(とよみけかしきやひめのみこと)

そして〜そして「聖徳太子」の登場ですね。

「聖徳太子」=豊耳聡聖徳、豊聡耳法大王、法主王、東宮聖徳・上宮太子聖徳皇・上宮聖徳天皇=厩戸(うまやど・うまやと)皇子

どんだけ名前持ってるねん。ーー;;;

これ、「大国主」に比例する名前の多さ。

「蘇我入鹿」の名前も持っていたりして。
「蘇我入鹿=聖徳太子説」
これも結構マジな説なんですが。(笑)
その事実、「聖徳太子」は「蘇我馬子」邸で産まれています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90

出雲は、蘇我氏の故地で、素鵞の宮(素鵞社)が有ります。
「素鵞の宮」は、江戸時代まで「蘇我入鹿」が祀られていると噂されたものです。

西の出雲大社の裏には、「蘇我入鹿」。
その怨霊を、東の伊勢神宮・外宮の「豊受大御神」で中和させようとしたのかも判りませんね。^^

とすると「豊受大御神」は、「聖徳太子」かも。
なんたって、「聖徳太子」=豊耳聡聖徳天皇ですから。

そうすると、「推古天皇」と「聖徳太子」の関係は。
「卑弥呼」と「弟の男王」との関係ですね。^^

やっと辻褄が合ってきましたね。(笑)

コメント

コメントはありません。