趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「天叢雲の剣」は、何処から来た。?

「天叢雲の剣=草薙の剣」は、三種の神器の一つと言われるが。?
その正体は、今だ不明である。

前のトピック「「七星剣・七支刀」と真榊の関係」で、Higeziiさんの出した。

<「草なぎの剣」が、所謂「日本の古代剣の形ではなく、東南アジア特有の「クリス」の形をしているらしいことを、3年ほど前に何かでよんだ記憶があります。

そこには伊勢神宮にある保管してある外箱の大きさから推測して、「草なぎの剣」の長さを全長で70cm台とされているようですネ。

そして、それが先日の「天皇行幸」に捧持されている写真からも、その証拠写真で明らかになったようですネ。>

これが、本当なら「八俣の大蛇」退治で獲得した「天叢雲剣」で良いことに成ります。

八俣の大蛇は、ドラゴン=大蛇で有り蛇剣だという説明&「八幡の大蛇又は大和の大蛇」が、古代王朝であり、その王権を奪い取ったといえば説明がつきます。^^

コメント

hideziiさん

2015年08月05日 19:16

ご無沙汰してました。

自分の検索能力では、考えていた写真や図を見付けられず、苦戦していました。

さっき閃いたのが、「聖徳太子の図」

「聖徳太子の図」で、聖徳太子が腰に佩いている剣を、自分勝手に”大和型”と名付けてしまったんです。

マーティン・ランドーさん

2015年03月01日 11:29

>higeziiさん

の言う、「大和型」の意味が判りませんが。?

短剣だけでも、数種類有ると思われますから。ーー;

長剣にも、数種類有るでしょうね。?^^;

hideziiさん

2015年03月01日 10:46

と、言う事は「大和型の剣」タイプの宝剣が存在すると言う意味ですか??

マーティン・ランドーさん

2015年03月01日 10:18

>higeziiさん

同意した訳ではないんですよ。ーー;

問題は、天叢雲剣」が二種類有るということなんです。
それが確定できないと、短剣=蛇剣は、崩れ去りますよ。ーー;

hideziiさん

2015年02月28日 19:20

同意を頂き、ありがとうございます。