趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

太極拳とは

最近、太極拳を健康法や体力維持のために習う人が増えているような気がします。

でも太極拳は本来、護身術であり拳法です。
場合によっては、相手を傷付け、死に至らしめる方法を習っているのではないでしょうか?

それが太極拳がほかの運動や体操と一線を画するものだと思います。

何か最近の太極拳のありようが、本来の太極拳の意味と違って来ているような気がしてなりません。

太極拳を習うということは、ある意味ある程度の覚悟が必要なのではないでしょうか?

コメント

う〜にんさん

2013年09月26日 21:46

阿志さん

私は太極拳だけで形意拳は三体式しか習っていません。
私の師は四正推手に太極拳のすべての技が含まれているので、どこでどの技が出せるのか考えながらするように。
と言っています。

若い頃から始めていればもっと面白かったでしょうが、若くて分からなかったものが今なら分かるような気がして、けっこう楽しんでいます。

でも先は果てしないですね。
まだ初めの一歩を踏み出したに過ぎません。

阿志さん

2013年09月26日 16:56

う〜にんさん

私も孫家拳を学んでいるので、太極拳と形意拳を同時に練習しています。
私は始めたばかりですから先は霞んで見えませんよ(^^;;

私の先生は、相手が素人で横からおおぶりの攻撃をしてきたら形意拳の崩拳で、
多少心得があって正拳突きでもしてくるなら太極拳の欄札衣でやっつけろって言ってました。

ホント面白いですね。若いころからやらなかったことが悔やまれてなりません。

う〜にんさん

2013年09月25日 22:48

阿志さん

私には10年で太極拳が使えるようになったり、人を殺められるほど上達できるのか分かりません。
たぶん10年というのは長い時間ということなんでしょうね。

形意拳は太極拳と発勁の方法が違うと聞いたことがあります。
でもそうすると孫家拳のように、太極拳と形意拳を兼ねて学習する場合はどうするんでしょう?
私にはまだまだ先のことでまったく分かりません。
だから面白いのかな(*^^*)

阿志さん

2013年09月25日 21:59

太極拳が護身術というのは確かだと思いますが、後発制人であり、相手が攻撃してから応戦する武術ですから、実戦に使えるまでに習得するのはとても難しいとも思います。

中国語ではこれについて、「太極10年門を出ず、形意1年人を打ち殺す」って言われていて、いろんな解釈がされています。
太極拳は難しいのでマスターするには10年かかるとか、太極拳はすごいので、10年したら外に出たらうかつに人を殺めてしまうので出てはいけないとか。。。

じゃあ形意拳のマスターは簡単なのかって先生に聞いたら、簡単にマスター出来る内家拳などあるものかって一蹴されましたけどね。

う〜にんさん

2013年09月24日 21:23

HIDEさん

目標や表現方法は人それぞれでかまわないんだと思います。
ただ基本に武術や護身術の考えがあると思えば、分かりやすいんじゃないでしょうか。
私は太極拳をあまり激しくない護身術だと思っています。
ちなみに型の正確な動きはほとんど分かりません(^_^;)

HIDEさん

2013年09月24日 20:56

もともと太極拳は中国の武術ですが・・・
私にとって太極拳は楽しい自己表現(パフォーマンス・演技)の一つです。
私は武術習得を目的とはしていませんが簡化24式太極拳だけでも、演技として立派に行うには
う〜にんさんのおっしゃる通り、その動きの全てに武術としての用法と内なる身体の動かし方が理解できなければならないと思っています。
この歳から過激な格闘技は習得出来ませんが、その1秒(瞬時)を5秒にも10秒にも伸ばして体感(確認)できる太極拳は楽しくてなりません。
これからも様々な方法をいくつも試しながら学びたいです。
よろしくおねがいします。
追伸:いまだに単鞭の鉤手と海底針の挿し手の意味が解かりません!

う〜にんさん

2013年09月21日 09:57

私も今は型を覚えるので精一杯です。
ただこの型は、こういう使い方をするからこういう形になるのだよ。
という風に説明して下さいます。

ただし教室では荒っぽいことはしません。
推手もゆっくりと相手の中心線の取り合いをするだけです。

なので実戦で使えるかどうか試したい人は、フルコンタクト空手の試合に出ています。
大抵負けるようです。

オリンピック競技になったらどうなるのでしょうね?
スポーツの定義になると難しいですね。
点数を競うわけだから、体操競技などと同じ扱いになるのでしょうか?

それではちょっと物足りない気もします。
推手の試合なんかも競技に入れたら面白いでしょうね。

nagisaさん

2013年09月21日 08:50

misunaさんの言われるところが一般的なところではないでしょうか?

最初はどうしても套路の形だけを覚えるので必至でしょうから
武術の要素は無視されがちですね。
折につけ先生、先輩方に教えていただけると
だんだんその気になるかも…
拳、とついているので武術といわれてまったく関係ないと思われはしないと思います。

楊澄甫尊師のくだりは笑ってしまいました(;一_一)確かに。
腰から下は特に痩せにくいでしょうね。
先生方、パンツに悩まれている方、結構いらっしゃいます。
正座すると恥ずかしいかも。

このトピを読んだとき、私が思ったのは空手などはどうなのだろうということです。
太極拳と違い、対戦形式と型とはっきりあるのでそういう問題はないのかな?
太極拳の散手などは見る機会も少ないし、対練がいいところでしょう。
太極拳を実際に使うとすれば技を身体にしみこませている必要がありますね。
でも、武術だと思えばこの位置に手を持っていったほうが効くとか考えて
やっていても面白いとは思いますが。

オリンピックとなるとどうなるのでしょうね?
スポーツの定義となると?

う〜にんさん

2013年09月20日 11:48

痩せた方もいるんですね、
ちょっとびっくりしました(*_*)
その人なりの体格になるのでしょうか?

それにしても食事や就寝時間まで指導していただけるなんて、本当に熱心な先生なんですね。
そこまで指導してくれる先生ってなかなかいないと思います。

何をするにせよマイペースが一番ですね。
本当に体を壊したら元も子もありません。

極楽鳥さん

2013年09月20日 10:05

私は痩せました。というか体がしまって来た感じです。2年ですが、他の3年やっているクラス仲間のベルギー人、アメリカ人、オーストラリア人も体も顔つきもすっかりしまって変わりました。呼吸法と太極拳をならっているのですが、毎日足を上げたり、片足立ちをしたり練習をしたりしているのと食事にも気をつけるように指導されるので皆変わってしまいました。私も良く転び、腕はぷらぷら、腿はぷよぷよだったのですが今は結構タイトです。自然の気を体に入れて戦うということで夜も10時までに寝るように言われるのですが。。。先生が熱心なので。でも年を考えてやりすぎないようにマイペースを主張して楽しんでいます。体のために始めて体を壊したら何にもなりませんから。(笑)

う〜にんさん

2013年09月20日 09:15

武術に興味がない人がいてもかまわないと思います。
体を痛めては元も子もありません。
ただ説明して一人でも興味を持ってくれれば有り難いですね。

ところで太極拳で痩せた人っているんでしょうか?
私の周りには痩せた人っていないんですよね。
故楊澄甫尊師もぽっちゃりだったようですが...。

misunaさん

2013年09月20日 00:54

「痩せるよ」と言って私を太極拳に引きいれた友人が
初心者である私に「太極拳ってどういうものだと思う?」と聞きました
(約20年前)
超初心者の私は「中国の痩せる健康体操!!」と思い切り返答したところ
「違うよ、武術だよ武術!中国武術!」って
( −−−お前が痩せるってだましたじゃないか。。。)

そんな訳で、私も今でも忠実に講習会の講師をするたびに
武術で有ることを力説しておりますが、多くの人は、そういう事は関係ないのです。

男性の多くは攻防を知りたがり、本を読んだりネットで調べたりして知識はたくさんあります。
その反面、多くの女性はエアロビでは動きが激しすぎる、社交ダンスはおっちゃんとくっつくのが
嫌。ヨガは身体の線が露わになる服だから嫌。じゃあ太極拳!みたいな感じでやっている人も
いるので、あまり攻防について説明しても興味がありません。

そんな方達にはとりあえず、膝を壊さない、腰もいためない、体の中から気持ちよく動かせる
太極拳を伝えています。

攻防に忠実にやっていたら、低い姿勢になったり高くジャンプしたりしなくてはいけなくなったり
しますが、それは出来ない人もいますから。

一応、こうやってこうやって。。。みたいに教えてはいますけどね。
推手の四正手なんて特にそう。
攻防を教えても、とりあえず形だけやっつけで皆やってますから(;^_^A アセアセ・・・

阿志さん

2013年09月18日 21:31

私の先生は、套路やっても個別動作の練習をしても、形を直す時に、
「そんなんじゃあ、あーやってこーやって敵にやられるよ!」
ってな感じで教えてくれます。

太極拳は敵の攻撃を受け流しながら敵のバランスを崩して攻撃するものだから、
自分が攻撃したって、バランスを崩されない体勢は維持しないといけないのですね。
押して押されず、引いて引かれず、って耳にたこが出来るくらい聞きました(^^;;

太極拳というのは、相手があって成立するところに面白さがあるように感じます。
といっても、推手だけなら套路の意味がないし、では套路はなんだと言えば、
そこに相手の動きが想定されて初めて完成されるように思うのです。

まぁ、武術はなんでもそういうところはあるのでしょうが、
そのあたりが体操や個人スポーツとの違いではないでしょうかねぇ。

ただ、相手を想定しながら套路をやると、つい肘が伸びておもいっきり打ち込んでしまう。。。
修行がたりません。。。

う〜にんさん

2013年09月17日 10:38

このトピは、
極楽鳥さんの言うように、実は太極拳は武術なんだと知って欲しくて立ち上げました。

なんでこんな姿勢をとるのか?なんでこんな動きをするのか?
そんないろいろなことを知ってもらいたかったのです。

その上で、やはり自分は健康のためにやる、武術を極めたい、なんとなく好きだから。
理由はなんでもかまいません。

でもその根幹は武術であることを知っておいたほうが面白いと思うのです。

極楽鳥さん

2013年09月17日 10:09

日本で太極拳を習っていた時(半年ほど北京大学の大学院を出た中国人の先生でした。)老齢者のお仲間だったので健康のための気功という感じが中心でした。今、習っているシンガポールの先生(一人は青島の中国人、もう一人はローカルの中国人の先生です。)は太極拳は戦い方を教えるのだといつも言われます。動作の説明もこういう風に敵が向かってくるからそれを防いで敵を倒すのだと説明されます。なるほど理にかなっていて納得できる動きです。究極は武道なのだと知らされました。