趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

【トラキチの戦評】7/26 今日も打つ手なく苦手の藤井投手に翻弄されて悔しい連敗。

★今日の【トラキチの応援席】は次の通りです。
http://smcb.jp/_bt01?topic_id=1688681

★【トラキチの戦評】7/26(甲子園) 対DeNA13回戦

●今日も初回の攻防が勝負の分かれめになった。
 先頭打者への四球は失点になる確率が高いと言われているが、スタンリッジは立ち上がり俊足の石川に
 四球を出し、苦手のセットポジションでの投球となって、モーガンに外角高目球をタイムリー打。
 苦手投手の藤井を相手に初回に失点は試合を重いものにしてしまった。

 阪神の初回裏は同点に追いつけれるチャンスだった。
 俊介が安打と盗塁、捕手の二塁悪送球で三塁に進み、相手は同点覚悟の守備陣形…。
 だのに鳥谷は2-1カウントからボール、空振り、ボールで四球を選んで一塁へ。
 打てる球はなかったのか?
 同じような場面、DeNAの8回の攻撃で1死二三塁で、投手藤井が初球外角低目スライダーを打って
 投手前に大きく弾む打球で三塁走者がホームインした。
 鳥谷は4球目ストレート、5球目スライダー、6球目スライダーを打つことができなかったのか。
 内野ゴロを打つ意識があれば、鳥谷ほどの打者、同点は出来ていたのではないか。
 ボールを選んで四球で出塁することも大切だが、この場面は三塁走者を還すバツテングをすることが
 一番必要なことで、バツトに当てれば投手前でない限り同点打であったろう。
 同点になっていれば、マートンの結果はどうでもよかった。楽な気分でヒットを打ってたかもしれない。

●この初回の1点の重さが藤井の投球術に嵌って、殆ど無抵抗で試合が終わってしまった。
 これで藤井には5度の登板で一度も打ち崩すことが出来ず、2度目の完投勝利をされてしまった。
 そんなに藤井の球は打てないのだろうか。
 135キロにも満たないストレートをさらに、緩急をつけられ、殆ど同じ球速のスライダーや、120キロ台の
 チェンジアップが有効で、同じ腕の振りから投げて来るので打者としては見分けずらいのだろうか。
 それでも遅い球、高目に来れば遠くへ飛ばすことも出来るが、丹念に低目を突いてきて…
 遅い球をどうすれば打てるか。
 遅い球を引っ掛けて内野ゴロが多かったが、しっかり球を手元まで引き込んで、反対方向に素直に
 打ち返すならばとうなんだろう、
 昨日までセンター方向の打球で安打量産していた新井さえ、意識はセンターでも、遅い球を待ちきれないような打撃にみえた。
 打撃って難しいものだ。とくに緩急や遅い球を武器にしている投手は投球術に優れているから、累上に走者を出して気を使わせるしかないのか。

 終わってみれば阪神も7安打しながら、藤井を追い詰める場面もほとんどなかった。
 藤井の場合、初回に鳥谷に四球があったものの、他では余分な四球を出さなかった。

●その四球では、スタンリッジは初回に失点につながり、さらに6回にも荒波への四球が無駄だつた。
 2安打と絡んで満塁とされ、鶴岡の犠飛で1点追加されたが、8回の加藤も石川への死球で、2点追加
 されるなど四球の怖さを再認識させられた。

●阪神は、7回に近い将来のクローザー候補松田を、2点差という厳しい場面がマウンドに送ったが
 モーガン、ブランコに安打されながらも無失点で抑えこんだのは、何か運を持っている感じがした。
 ブランコに対し藤井のリードがフォークが多く、フェンス直撃の安打されたのが気に食わなかったが
 モーガンには二塁打されたが直球勝負で挑んだのはよかった。
 そして最後は中村をストレートで押し込んで三飛に。この強力打線との対戦は自信になったろう。

 そして今日一軍登録された西村、ザラテを早速、マウンドに立たせた。
 西村は加藤から満塁のピンチを引き継ぎ、モーガン、ブランコとの対戦だから、失点もやむ得まい。
 ストレートは140キロ前半だったが、投球フォームは前と変わらず懐かしさを覚えた。
 真弓監督時代の2010年には65試合登板し、その後肩を壊したが、西村が復活すれば頼もしい。
 ザラテは、ボイヤーがダメだったので一軍に上がったが、未だ大事な場面では使えない感じ。
 ただ、いま救援陣での左腕は加藤とザラテしかいない。
 出番が多くなるかもしれないが、勢いだけでなく、自信のある球や低目へのコントロールが欲しい。

コメント

なごやのトラキチさん

2013年07月27日 13:56

《トラキチ日記に寄せられた 明石の伸介さんのコメント》

藤井の投球術にやられましたね。
打てそうで打てない。
今年、4連敗。
すっかり苦手になっちゃった?

クアナさん

2013年07月27日 13:42

藤井投手ね、巷のソフトボールの投手です、ボールは山なりで遅い、意外と打ちにくいです。
仮の話ですが、私(右打ち)が打席に立つとしたら、2ストライクまでは膝の高さのボールは
見送り、そして相手バッテリーにそれを意識させます、それはあの山なりボールは膝の高さからだとボール球になる可能性が高いのと、相手投手にコントロールを意識させます、もう一つ
ボール、一個分引きつけてやや上から叩きつけたいですね、  よく投手はマウンド上で孤独と
言いますが、相棒(キャッチャー)がいます、打者の方がもつと孤独です。だからこそ立ち位置を
少し変えてみたり、2ストライクの後は意識的にファールを打つとか、バッテリーを揺さぶらないと
ね。

なごやのトラキチさん

2013年07月27日 12:17

DeNAは徹底して藤井投手を阪神戦に向けてきているが、
昨日までの5試合で4勝され、36イニングで失点6、防御率1.47
では、他球団ではどうか
巨人には2試合、勝ち負けなく、12イニングで4失点、防御率2.91
 打者との対戦成績では、51打者に7安打、8四死球で、長野の2二塁打含む6打数3安打が目立つくらい
 他の選手には打たれてない、それでも藤井から4得点している。
中日には、4試合で1勝1敗、23イニングで失点9、自責点7 防御率2.70
 打者との対戦成績では、105打者に26安打、11四死球で、
 ルナの11打数6安打、クラークの12打数4安打が目立ち、その他に荒木の2安打くらい、
 しかし和田、平田、クラークの一発がある。また谷繁、平田の3四球も藤井の攻略に貢献。
ヤクルトには1試合のみの4イニングで、3失点、自責点1、防御率2.25、
 打者との対戦成績では、19打者に6安打、2四球で、宮本、川島、相川が2打数1安打、畠山1打数1安打
 藤井の古巣だけに打たれているのは当然で、それ以降ヤクルト戦は回避している。
交流戦では楽天戦以外は散々だつたようで、とくに外人のパワヒツターには打たれているようだ。

では、阪神の打者の対藤井の対戦成績は、147打者に31安打、15四球と、他球団と遜色ない
 打者別にみても、マートンが15打数7安打、大和が18打数7安打、藤井彰が7打数3安打、
 俊介6打数3安打と抜き出ているが、あとの打者がいけない、
 鳥谷が11打数3安打1本塁打、新井兄が16打数2安打、新井良12打数無安打、西岡も14打数1安打
一応、打てていて昨日のようにチャンスに打てないマートンなど、ここ一番で弱いのが阪神打者。
また、他球団のように一発の怖さのある打者がいない、せいぜい一発が見込める新井兄弟は完璧に
藤井にカモにされているようでは…。
一発がなければ、大和、俊介、藤井彰が藤井投手に高打率、ここに藤井攻略のヒントを見つけ出してほしい。

まんさん

2013年07月27日 10:41

8月からはロードがはじまる、毎年このころから失速してしまう 今年もそんな予感をさせる試合内容やった。このまま負が続くととセリーグが面白くなくなる、DeNA、広島、ヤクルト、なんか3位、をねらってくる、どうせ読売には勝ていないから阪神にエース級にもってきて勝ちを計算してくるようになってくる。そうなるとますます面白くなくなってくる、セリーグをしょうむなくさせた責任としてDeNA、広島、はセリーグがら出て行ってもらうのはどうでしょうか? 出て行くのがいややったら読売に勝ち越してみろ

虎吉さん

2013年07月27日 10:16

新井兄弟 大振りして いる。

コンパクトに振らないと 生き残れない。

代打に浅井 さっぱり 解らない。

ほうろうびとさん

2013年07月27日 09:58

策なし、技なし藤井さんに完敗、脱帽です。

ヤクルト、DeNAとの5連戦で3勝2敗は必須条件。
ここで優勝の夢を終わらせるわけには行かないでしょう。

りゅうせいさん

2013年07月27日 09:20

巨人に全く通用しない横浜に、なんなく軽く負けてるようでは...
これからも藤井をぶつけてくるだろうし。

べーやんさん

2013年07月27日 09:12

こんな試合を繰り返してるようでは 優勝なんて絶対無理 なんで他の球団に通用しないピッチャーが阪神だけに立ちはだかるのか?、、悪い事ばかりではなんなんで 松田経験をもっと積んで頑張れ でも歳内や岩本はどないしてるんやろう。

ひらうさぎさん

2013年07月27日 06:50

嫌な感じがすると思っていた通り、また藤井投手に捻られてしまった。
この藤井投手、三浦大輔投手、一昨夜のヤクルト石川投手、竜の山本投手と
遅球の投手に対しずーとやられっぱなし。
他球団には通用しないのだから、スコアラーが他球団の攻略法をきちんと
伝えて対策をしてと言っても、そんな事は分かっているしやっているだろうから、
あとはもう打者の責任だろう、
俊介選手が素直に投手返しをしていたのが、印象に残った。
トラキチさんの分析通り、どうしても引っ張りまわしてしまうようだから、
困ったものです。

とらクンママさん

2013年07月26日 23:20

またもや同じ相手に何の策もなくやられました。
こういう試合をしていると、優勝はとても無理と思ってしまいます。
それにしても昨日から投手陣が崩壊しつつあり心配です。今日投げた加藤も、前半戦は安定していて安心して見ていられたのに。

ぶらみくさん

2013年07月26日 22:49

藤井にやられっぱなしで、いいのか!
まだ対戦があるので、攻略してほしい。

松田は期待できるかなと思いました、頑張れ〜(^^)/