趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

【トラキチの戦評】9/15 阪神、投手陣が崩壊、バレンティンの56号、57号と被弾、そして今季、21度目の完封負け

★今日の【トラキチの応援席】は次の通りです。
http://smcb.jp/_bt01?topic_id=1713732

★【トラキチの戦評】9/15(神宮) 対ヤクルト20回戦

●今日は、バレンティンのための試合だった。
 巨人の王が1964年に55号を打ってから、55号まで到達する選手もいながら、あれこれの妨害があって
 打ち破ることが出来なかった記録の壁をついに、阪神の榎田投手のアシストがあって、打ち破った。
 56号で沸いて、さらに57号まで献上する気前良さで試合をぶち壊してしまったが…。
 この3連戦、バレンティンの56号がいつ達成されるか、それを阪神投手陣がいかに阻止するか
 初戦のスタンリッシジ、、2戦目の藤浪は、真っ向勝負で打たれなかったが、
 今日の榎田にはその力がなかった。ただそれだけのこと…。

 榎田、ヤクルト戦は今季初登板で、相手は初対戦であるにも関らず、初回からつるべ打ちされてたが、
 余程、状態が悪かったのだろうか、それともバレンティンとの勝負に緊張してプレッシャーがあったのだろう。
 それでも、一週間間を空けてもらつて先発を任されたんだから、少なくとも5回くらいまでは投げないと…。
 初回の3失点で立ち直っていれば、こうもワンサイドになることはなかつたのに、
 3回のバレンティンの57号は拙かった、これでヤクルトを調子に乗せてしまった。
 3ボールとなって、ストライクをとりにいった内角スライダーを捉えられての一発だつたが、
 ここは1死でもあり、四球でも構わないという配球をバツテリーはするべきであった、
 3ボールになったことで、場内からのブーイングに色気が出て投げたのだろうが、考えが甘い。
 この一発で、2死から2本の安打で1点追加され、5点差に広がってしまった。

●6回の渡辺も2死から四球を出して失点し、7回も2死から投手に適時打されるなど、
 まったく話にもならない、今日は日高が最後までマスクを被ったが、負け試合ということで
 少しでも失点を阻止するよう考えてリードしてたのか、疑問すら覚える。

●阪神が初回の西岡の二塁打から1死三塁の先制のチャンスを逃したのが、敗因のひとつ。
 福留の中飛で何故、西岡が還れなかったのか。
 タッチアップして走り出したが、途中でやめ三塁へ戻ったが、
 これは三塁コーチャーの吉竹がストップの指示をしたためか。
 そんな還れない程、浅い飛球でもなく、西岡の足なら、センターからいい球が返ってもセーフだろに。
 鳥谷も倒れたことで、この不可解な走塁で、阪神が先制点を取れなかった。

 西岡は、その後も小川に対して猛打賞とひとり気を吐いたが、他の選手が沈黙…。
 塁上の西岡は、ニコリともせず、何か白けているような表情が気になってしかたなかった。

●初戦が9安打3得点、2戦目が8安打0得点、今日が6安打0得点、で1勝2敗とまたもカード負け越し
 これで8月下旬から6カード連続しての負け越し、9月に入って3勝9敗、最低の成績である。
 この泥沼状態をどう考えたらいいのだろうか、いつまで続くのだろうか。


★榎田が被弾したバレンティンの56号
 https://www.youtube.com/watch?v=N3z7nsxpH5M&feature=c4-overview&list=UUgloTsIkdOHwH3IagspKGFw

 同じく57号
 https://www.youtube.com/watch?v=ECWIO7v89xc&feature=c4-overview&list=UUgloTsIkdOHwH3IagspKGFw

コメント

おひさまさん

2013年09月17日 00:57

タイガースは、いつもクライマックスなど短期決戦には弱いそうですね。

広島が巨人に3連勝しました。多分広島が3位(明日からの3連戦も心配ですが・・・)
になりそうです。広島ならマエケンが第一戦に出るだろう・・・ならば能見を避けて藤浪で・・・
という案もあるようです・・・ヒデさんもおっしゃるようにファーストステージ(10月12日から)
でとにかく勝ち越すため・・・、春先の好調時に戻せるような大改革をする案・・・いいですね。
ちなみに10月12日は土曜日です。
最近、負けが多く不満も多いですが昨年に比べると上位であることを喜ばなければ・・・
と自分にいいきかせています。

ヒデさん

2013年09月16日 18:45

最近、思えば思う程首脳陣の無能さが浮かんで残念だ。
記録を打ち立てたバレンティンだって初めは練習嫌いの暴れん坊問題児だった。
それを上手く操縦して成長させたのが首脳陣や宮本、相川と言ったベテラン選手。
かたや阪神はどうだろう。
マートンは一応昨年よりマシにはなったものの依然としてむらっ気が激しい、せっかく安定しだしたボイヤーは中西が二軍送りにしてやる気を削いでしまう始末。
こんな事でどうするんだろう?
ここで余分に1勝上乗せするのが目標では無く、1ヶ月後にいかにベストの状態に仕上げる事が出来るかなのに‥。
今ならまだ間に合う!
改革が急がれる。

なごやのトラキチさん

2013年09月16日 15:33

試合後の和田監督は、インタビューで
 「初回、チャンスがあったからね。そこで、ひとつ逃している。ただそれだけじゃない。根が深いというか、
 何かを引きずって野球をやってしまっている感じがある」
 「そこもあるし、大きなものもあるだろうし、そこで線を引ききれないというか…。
 みんなどこかで線を引いて、新たな気持ちでやらないといけないというものをもっているんだけど。
 それを実践できていない。(重い)雰囲気の中で野球をやってしまっている」
と話してたそうだが、

 5ゲーム差で乗り込んだ東京ドームでの巨人戦で3連敗したのを、ずーと引きずっているのでしょうね。
 それから5カード連続してカード負け越しが続いている。
 重いチームの雰囲気をどう変えるか。
 今年は西岡によってチームが明るくなった、選手の顔色もよくなった、チームの雰囲気もよくなった。
 今は、西岡ひとり気を吐いているが、チームの沈みきった空気は変わらない。

 何かきっかけがあればと、首脳陣はオーダー変更で、
 気分を変えさせようと、また得点力アップのため試行錯誤した。
 しかし、結果はますます悪くなるばかりではないか。

 元々、今年の2位というのは投手陣の踏ん張りによるもので、
 打線は一応、打率では.255でリーグ3位をキープしてはいるものの、得点力不足は相変わらず
 打てないのは、判っている。そのため、今年は足を使ってきてたが、いまは機動力さえ薄れてきてる。
 せつかく西岡が元気なんだから、2番がバントでも進塁打でもきちんと走者を送れる打者を置くこと、
 いま柴田を2番においているが、左打者で引っ張れば進塁打という考えは甘い。
 相手は承知してるから内角には投げてこない、また柴田は引っ張れないから中途半端に飛球が多い。
 今は、まだ俊介のほうが、バントもでき、右打ちが出来る。相手が内角投げてたら引っ張ればいい。
 問題は西岡を得点圏に進めた後の、3番・4番打者の選択である。
 ここはやはり、鳥谷を置くことで、走者を還すか、または四球で繋ぐことができる。
 では4番は? やはりマートンだろうが、日によって浮き沈みが多いのが難点であり、
 或いは福留の勝負強さに期待したい、打率は低くてもここぞでは力を発揮してくれる。
 元々、福留を獲得したのは、その勝負強さに期待してのことでもある。

 こうして、1番から4番まてで先制点を挙げて。投手が頑張って逃げ切る野球。
 一発が少ない今の阪神は、こうした勝ち方しかできないわけだから、
 打てない、打てないと悩むまではなく、チャンスのものにする野球をやつていくこと。

 8月の巨人戦以降、4勝10敗しているが、1点差勝ちが2試合、1点〜3点差負けが8試合
 また、先制されての負け試合が7試合、先制しても逆転されて負けたのが3試合
 初回、2回での先制点、相手に与えず、味方が1〜4番の攻撃で先制することで、流れをよくする。
 先発投手は立ち上がりを、攻撃では初回の先制攻撃を、これを重視してほしい。

 重い空気を取り払うのは、とにかく勝つことしかない、中日3連勝以来の連勝でもすれば
 次第にチームの雰囲気も戻る筈、今こそ、西岡、鳥谷、マートン、新井、福留で勝っていくしかない。
また、能見、藤浪、メッセンジャー、スタンリッジの投げる試合は落とさないという強い意志をもて。

せきまちっこさん

2013年09月16日 11:51

>3 ヒデさん: クライマックスを甲子園でやろうが広島でやろうがそんな事はどうでもよい。

 お怒り、僕も同感です。クライマックスは今まで、第1ステージも抜けたことがないほど大勝負に弱い虎です。

>主力を実戦から遠ざけて走り込みばかりさせるなど「ミニキャンプ」をして、春先の好調だった頃に近づけてあげる事。

 まさにそれくらいの荒療治が必要ですね。

悪党さん

2013年09月16日 10:35

40年間 ラジオ中継にしがみついてきた 蝦夷では毎日放送1179Mhz聞くのは
大変です アンテナ40m ラジオは高級無線機で25万円 日本中のトラフアンは
同じだと思う、30万円出して甲子園に行くこともある

ラジオだから西岡の顔がわからないが、なごやのトラキチさんの解説で、想像できる
40年初めて昨夜はラジオ1179を聞く気が起きなかった、、、星野でないと阪神は
改革できないのか、数日前にテレビで藤井の顔見たときに 村の役人とそっくり
知恵も工夫もないボヤ〜〜として5時までいるだけの公務員と同じだった

阪神には伝統も品格もへったくれもいらない、、山サルでいい、あばれんぼう 
「川籐」がダメトラを改革して頂戴

ナイチンさん

2013年09月16日 09:29

なんだかなあ、榎田が打たれるのはいいけど戦い方がいけない。新人の投手、小川に完封されて負けるのはねえ・・・、応援に来てくれるフアンのことも少しは考えないとねえ・・・・・。
2軍の選手に経験を積ませる方がいいくらいの情けない試合をするなよな。

おひさまさん

2013年09月16日 08:08

真っ向勝負は良いこと・・・ただし先の二人の投手と清水捕手はキチンと抑えているのに・・・
自分たちは抑えられなかった・・・何故か・・・皆さんおっしゃるように休養も十分もらっていたの
だから、やっぱり抑えて欲しかった。記録の1本より2本も打たれたことが榎田投手の今の実
力かも・・・この重圧の中での経験を糧に更に成長して欲しいです。

ホームランと同じ位気がかりだったのは、トラキチさんもおっしゃるように西岡選手の表情です。
一回の走塁に対しても・・・もっとさかのぼれば一時は3塁まで守り、あの上本選手はもう先発
をはずれ・・・余りにも一貫性のない選手起用など・・・悶々としたものがありすぎるのでは・・・
西岡選手のあの笑顔を取り戻すためにも・・・勝つことしかないのです。
とにかく勝つ為の采配を徹底して欲しいのですが・・・

ひらうさぎさん

2013年09月16日 07:13

勝負を避けたくなかったと榎田投手が言っていたそうだが、真っ向勝負は
素晴らしい事で、良かったです。
この日は、岩瀬投手もセーブの記録首位に並び、前田健太投手は巨人を
完封、自ら初得点を叩き出し、リーグ首位の14勝目を上げた。
田中将大投手は言わずもがな、他球団には色々な話題があるのに、我が虎
には目立つものがないのは寂しいですね。

ヒデさん

2013年09月15日 22:53

この状態は勝手に良くなるものでは無いので、このままズルズルと同じ状態が続くだろう。
もう、この際クライマックスを甲子園でやろうが広島でやろうがそんな事はどうでもよい。
余程の荒治療でもしないと無理!
ここで幾つか疲れ気味の主力を順に休ませるなど「捨てゲーム」を作る事。
捨てゲームとは、わざと負けろと言っているのではなく、主力を実戦から遠ざけて走り込みばかりさせるなど「ミニキャンプ」をして、春先の好調だった頃に近づけてあげる事。
やみくもに毎試合「勝利」を目指してもコロコロ打順をいじっても結果は同じ事、そのぐらい思い切った事をしないと!
わかるか?
無能な首脳陣ども!

高尾颪に颯爽とさん

2013年09月15日 22:39

デイリー受け売りであろうが何であろうが、せきまちっこさんの仰る通りですね。榎田アッパレ!よくぞ逃げずに勝負した!この悔しさを糧にもっと成長してくれ〜!

せきまちっこさん

2013年09月15日 22:30

>榎田投手のアシストがあって、打ち破った。

「アシスト」この言い方は榎田に対して失礼だと思います。

「被本塁打歴代1位鈴木啓示560本、2位山田久志、3位東尾修・・・これは不名誉な記録じゃない。強打者相手に真っ向勝負を挑み続けた証です。」
 デイリースポーツの松下記者の受け売りです。56号を阻止したスタンリッジ、藤浪はすごい!それと同じくらい打たれた榎田もすごい!大変な重圧だったはず。それに対してフォアボールで逃げることをせず、堂々勝負に行って見事に散った。
「打ったバレンティンには祝福の拍手を、そして、打たれた榎田にも賞賛の拍手を送ります。」同じく松下記者の受け売りです。

 榎田投手、あなたは立派だ。これからあなたが何百勝投手になったとき、「年間ホームラン記録を打たれた投手」という傷は「名誉の向う傷」となります。頑張れ榎田投手!