趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

【トラキチの戦評】9/24 能見の好投で、阪神が逆転勝ち、約1ヶ月ぶりの連勝。

★今日の【トラキチの応援席】は次の通りです。
http://smcb.jp/_bt01?topic_id=1718199

★【トラキチの戦評】9/24(甲子園) 対DeNA 20回戦

●阪神が、月になって初めての連勝をした。
 が、8回表までは2対1という僅差で、ずーと重苦しい試合だったが
 能見の我慢の投球があって、勝てた試合でもあった。
 その能見、初回に2死からいきなり、あっと驚く梶谷に先制弾を打たれるというパプニングがあったが、
 8回を113球、4安打1失点と、調子はいまひとつの感じで、3回から5回まで毎回走者を背負いつつも
 要所を締め、味方が勝ち越し点を奪った後の6回からは3者凡退と尻上がりに調子を取り戻して
 仮に8回の味方の攻撃でチャンスに代打を送られて交代したが、このまま完投勝利もできだだろう。

●阪神打線は、先発の加賀美に5安打2得点しながら、7回まで投げさせて攻略するまでいかなかった。
 ストレートの球速は、130キロ台後半から140キロくらいまでと決して速くはないが、120キロ台の
 フォークに、100キロ台のチェンジアップ、さらに100キロに満たないカーブと30キロ余りの緩急差を
 つけられ、タイミングを合わせずらかつたようで、元来阪神はこの手の投手を苦手としており、
 なかなか捉えきれず苦しんだ。
 そのなか、3回に2死から俊介が四球で出塁し、すかさず盗塁したことで、2死から得点圏に走者を置いて
 センター返しから右打ちが得意のマートンは、この手の投手でも気にならず、中前に適時打して同点。
 この早いイニングで同点に追いついたことは大きい。
 それと、3番にマートンを置いていたオーダーが、生きたともいえる。

●5回の勝ち越し点は、相手の守備のお粗末さから得たもので、喜んでいいのか、中畑監督に同情して
 いいのやら〜、只問題は、相手のミスに付け込んで、クリーアップで次の攻撃が続かなかったことだ。
 チヤンスを逃したという点では、3回もマートンの同点打の後、鳥谷、福留と連続四球で相手投手が
 制球を乱していながら、フルカウントから新井良が結果を出せず。
 また、7回の2死からの俊介の二塁打、マートンの安打と続いた後の鳥谷の見逃し三振も拙かった。
 毎回、チャンスに打てるものでもないが、しかし、ここで打てば、ここで打たねばと言う集中力。
 8回に2死満塁から打った西岡の集中力と比べると、やはり新井良、鳥谷には甘さがあると思う。

●阪神は最後の最後、投手が苦しんでいた加賀美から山口に代わったことから、各打者とも呪縛から
 解き放されたように、5安打して4得点で勝利を決定づけたが、これで打線復活とは言い難い、
 たまたま、山口の調子が悪かっただけかもしれないから。

●ヒーローインタビューには能見とともに西岡が呼ばれたが、もうひとり俊介をお立ち台に挙げたかった。
 昨日の先制点となる三塁打と言い、今日も、同点となる四球出塁と二盗、5回の相手ミスを呼ぶ
 二塁打の西岡を三塁に進めるバント、7回の二塁打と8回ダメ押しの二塁打と、2打数2安打、2犠打
 大和が負傷で長期離脱したあと、柴田とともに活躍しており、いまはバツトが良く振れているようだ。
 このままCSまで好調を維持できれば、大和の復帰も近く、首脳陣も悩むだろうな。

●森田が今季初のスタメンだったが、左飛と2三振で、7回の守備から交代した。
 レギュラークラスが加賀美に梃子摺っていたわけだから、二軍の森田にはちと無理だったかもしれない、
 しかし、明日も三嶋投手で難敵ではあろうが、もう1試合、スタメンの場を与えてほしいものだ。
 ただ、一塁の守備では、またまだ安心して任せれないようで、打撃に加え、守備も上達できるように。
 24歳、入団して6年、もうそろそろ一皮も二皮も剥けてこないと、若手に追い抜かれるぞ。

●阪神、広島とも勝ったので、阪神の2位確定までのマジツクは、3となった。

★尚、球団から桧山選手の引退セレモニーが10/5の巨人戦試合後に行う発表があった。、
http://hanshintigers.jp/news/topics/info_2988.html

コメント

なごやのトラキチさん

2013年09月25日 16:51

鳥谷の4番がいいかどうかというより、
CSまでに、いかに得点力を挙げれるオーダーを探し求めての
3番・マートン、4番・鳥谷なんだろうと思う。
もちろん、そのためには1番・西岡と2番・ここは未だ試行錯誤しているようだが、いま俊介が適任。
この1・2番の出塁があってこそ、得点圏に走者を進めてという前提があってのことで
そこで3番、4番の得点能力が期待されることになる。
今の状況では、走者を還す得点圏打率では、鳥谷よりマートンの方が勝っている。

3番に鳥谷、4番マートンでは、これまで、あまり結果が出てなかった。
3番のときの鳥谷の得点圏打率は、.239だった、また4番マートン得点圏打率は、274だった。
しかし、鳥谷を4番にした以降の得点圏打率は、286と上昇しており
おなじように、マートン、4番を明け渡してから、3番を6試合、5番を7試合した後、いまの3番になったが
それぞれの打順での得点圏打率をみると
最初の3番のときは、250. 5番のときは、000 また3番に戻ってからは、875という成績。
塁上の走者を還すという点では、間に鳥谷を挟むのでなく、3番マートンで還す方が結果ででている。

また、単純に打率だけでみても
鳥谷は3番のときが、.272 だったが、4番では、280に上昇している。
マートンも4番のときが、.306 だったが、3番では、482と上昇、尚、5番のときは、194と最悪であった。

当面は、三番最強打者説で3番・マートン、そして4番・鳥谷で結果が出始めてるようだ。
尚、いまの鳥谷は、タイミングが狂っているのか、ストレートの球威に押され気味なのが気になる。
いい当たりでも三塁側のファウルになり、ムリに引っ張ってもボテボテの内野ゴロが多いし、
たまに投手返しのセンター前の安打が出ている。
昨日も8回、新井良から始まった4点攻撃も、走者一三塁で、鳥谷の三塁ゴロで終わったし、
7回の2死一三塁のチャンスでも見逃し三振と、読みも狂っているようで、
鳥谷の再生を願うならもっと楽な打順で、気軽に打たせてみたらどうかと思う。

なごやのトラキチさん

2013年09月25日 12:49

《トラキチ日記に寄せられた しらたまさんのコメント》

今月初めての連勝でしたか(*_*;
今日も勝って今までの負けを取り返したいですね。
広島は着々とCSまっしぐらで向かってきてますし(;´∀`)
これから勢いつくといいですね。

まんさん

2013年09月25日 12:24

相手投手からすれば、四番鳥谷にはくさいとこついて、四球でいいって感じ 5番福留、新井がふがいないので、打ち取れるという計算やろな。とくに新井さんは足も遅いから併殺になる確率も高い、四番にこだわらず、鳥谷の後に一番調子のいい選手をもってきたら得点力も
アップするのでは?今の調子からいったら鳥谷 、マートン、西岡、かな

なごやのトラキチさん

2013年09月25日 12:15

みなさんが仰るように、鳥谷は4番打者タイプではないでしょう。
本人も、多分首脳陣もそう思っているでしょう。

和田監督の考えは判りませんが、逆説的な見方をすると…

9月のデータを見ると西岡の出塁率が高くなってきている。
俊介が繋いで、さあここで一番得点できる可能性といえば…
鳥谷より、マートンでしょう。
9月のマートンの得点圏打率は.474と高く、チームトップです。
このマートンの好調さは、本人調子が上向いたとともに、
次の打者が鳥谷ということで、マートンに四球を出すわけにはいかず
コーナーへの厳しい球が少なくなってきていることも原因であるとおもう。

いま阪神は5番打者が不在で日替わりである状態からみて
もしマートンを4番にしたら、5番が安全パイたせから
マートンへの投球は最低四球でもいいという厳しい攻め゛予想されます。
コーナーぎりぎりの球がストライクと判定されれば、またマートンのイライラも出るかも〜

シーズン通してみれば鳥谷の4番は適任ではないが、
CSを睨んで、いかに効率よく得点できるが、いまのテーマでしょうから
鳥谷うくぬんでなく、マートンの打撃を生かすためのひとつの方策と理解しています。

TORAZOさん

2013年09月25日 11:15

勝って良かった。

ほんまやったらピッチャーの成績はもっといいのだけれど、かわいそうに なかなか勝てない。

昨日も西岡が打ったから良かったけど、あれがなけりゃ分からなかった。

今は大きいのを打つ選手はおらんから、とりあえず外人頼みですわな。
メキシカンリーグあたりにでもエエのがおると思いますけど・・

外人担当スカウトも「ヘボ」やしな〜

2年ほど任せて その間に補強なり、育てるなりせんといかん。

ナイチンさん

2013年09月25日 09:35

森田、期待はずれやね、変化球にはついていけない。せめてフアールで逃げられたらいいけど・・・。
俊介は乗っているね、走ってよし、打ってよし、バントよし。
適任の4番がいいひんし、鳥谷で仕方ないのではないかな。福留が調子よければ4番候補なんだけどね・・・。
マートンがここ6試合で5度の猛打賞や、最多安打も見えてきたよ。

t r yさん

2013年09月25日 09:34

べーやんさんのおしゃるとうり鳥谷の四番はあっていない、
今のメンバーならやはり四番はマートンでしょう、
すぐに変えてベストのオーダーを組まないと間に合わない、
明日は甲子園にいって確認してきます、
和田監督、頭を柔らかくしてチーム一丸で進んで行きましょう。

べーやんさん

2013年09月25日 08:56

鳥の四番は威圧感がまったく無いし早急に変えた方がええ 和田は変に固執しすぎ この時期にする事や無い。

ヒデさん

2013年09月25日 08:44

森田ね〜‥
二軍では結構ホームラン打ってたから、どれだけ成長したのかなと思ったけど、いささかガッカリ。そんなに変わり映えしなかったね(^_^;)
守備面だって、もっと自分を厳しく追い込んで向上心持たないと本当にこのままだとヤバいよ!
とは言うものの、やはり一発長打は魅力、もう少しチャンスを与え奮起を促して欲しい。
それとは対照的に俊介。
これまで打率も良く、結構しぶとくなってきたが、やはりどこか非力さは否めなかったが、今回の山口からインコース150キロの速球を上からしっかり叩いてレフトフェンス直撃の2塁打には驚いた!
今年、いや、私が見る限りでは一番いい打撃だったのでは?
大和の堅実な守備は魅力だが、俊介も守備面と走塁面でさほど遜色なかったら、あんな打撃の出来る俊介は魅力やね!
ただでさえ「打てない、打てない」と言われている現状だし、短期決戦はレギュラーシーズンと違って現状の調子良いものから使って得点力をカバーして欲しいね!

なごやのトラキチさん

2013年09月24日 23:13

今日の試合の?プロ野球・チャンネル セ?の動画です、ご覧ください。

★3回裏、二死からソツない攻撃 俊介が四球盗塁からのマートン同点打
https://www.youtube.com/watch?v=6sv0heI1aa8&feature=c4-overview&list=UUgloTsIkdOHwH3IagspKGFw

★5回表、西岡と能見の呼吸がぴったり一致!好連携で走者出さず
https://www.youtube.com/watch?v=IQHuoSSdiws&feature=c4-overview&list=UUgloTsIkdOHwH3IagspKGFw

★8回裏、西岡、重たい空気を振り払う走者一掃の二塁打!
https://www.youtube.com/watch?v=xXcBObK7oZk&feature=c4-overview&list=UUgloTsIkdOHwH3IagspKGFw

★8回裏、ノッてるゼ、俊介!連日の活躍、追加点打!
https://www.youtube.com/watch?v=CYlcc8LuClE&feature=c4-overview&list=UUgloTsIkdOHwH3IagspKGFw

★ハイライトシーン
https://www.youtube.com/watch?v=0AYi2ZFWJvA&feature=c4-overview&list=UUgloTsIkdOHwH3IagspKGFw