趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

【トラキチの応援席 】10/4 あと残り試合で上げ潮に!対ヤクルト24回戦を試合中継します。

(みどころ)
昨日ようやく2位が確定してずしりと重かった肩の荷もとれて、ホッとしていることだろう。
しかし、大事なのはこれからが真剣勝負。残り3試合でどれだけ状態をピークにもっていけれるか。
相手が初のCSということで、相当盛り上がっており、余程褌を締めてかからないと、苦い思いをする。
今日のヤクルト木谷を打ち崩して、阪神打線の上げ潮に期待したい。

10/4(神宮) 対ヤクルト24回戦
     . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 . 7 . 8 . 9 . 10 . 11. 12 計
阪  神 .0 . 0 . 0 . 2 . 0 . 0 . 0 . 0 . 0 . 0 . 0 . 0 . 1  = . 3
ヤクルト. 0 . 0 . 0 . 0 . 0 . 2 . 0 . 0 . 0 . 0 . 0 . 0 . 0   = . 2
投手 (阪神) メッセンジャーー玉置ー松田ー福原
. ....... (ヤクルト) 木谷ー久古ー石山ー山本哲ーバーネットーロマン
勝利投手  松田1勝2敗


(試合経過)
?3回まで終わって、メッセンジャーと木谷との投げ合い。
 阪神は3回表に安打の藤井彰をバントで送って両軍通じて初の得点圏に走者を出すも得点できず。
 
?4回表、鳥谷が四球選び、1死後今成がスライダー高い飛球がライトの前に落ちる安打で一二塁。
 新井良の右飛で鳥谷がタッチアップして三塁へ進み、2死一三塁で森田。
 4球目ストレートを叩いて三遊間の打球、遊撃宮本がバックハンドで追いついたが強い打球に弾かれ
 遊撃内野安打で、鳥谷還って1点先制。一塁走者今成も三塁に進み、
 藤井彰がフォークを捉えて二塁後方の打球が適時打となって2点目。
 しかし二塁進塁した森田がオーバーランして、9番まで廻せず…。
 ★タイムリー内野安打の森田のコメント
  「チャンスだったので、とにかく結果が出て良かったです」

?5回表、1死から上本が左中間二塁打で出塁したものの、何故か三塁盗塁を狙い失敗?
 俊介も倒れて3人で終わったが、この盗塁失敗が後に響かなければいいが。

?メッセは中4日の登板であるが、5回まで71球、3安打、1四球、4奪三振で無失点、と好投。
 CSを睨んで最終調整で100球をメドで投げているとのこと、

?6回裏、そろそろ疲れもでてか高目に浮き出したメッセの投球。
 先頭の上田に四球を与えたのが拙かった、二盗され、宮本の一塁ゴロで1死三塁。
 川端には8球粘られたが空振り三振で2死とし、相性のいいバレンティンだからと安心したのだろうか。
 しかし2球目外角ストレートをライナーでライトスタンドぎりぎりに運ばれて60号2ランで同点にされた。
 これで、上本の5回の三盗失敗、森田の4回のオーバーランの凡プレーが今となっては痛かった。

?8回表、1死から上本が左前打、俊介に送らせ、2死二塁から鳥谷に賭けたが…
 木谷をリリーフした久古に当たり損ねの二塁ゴロ。あ〜あ

?8回裏は、玉置がマウンドに、14球で3者凡退に。
 9回裏も続投の玉置が三輪に三遊間を破る安打、二盗されて1死二塁とサヨナラのピンチ。
 ユウイチを敬遠し、相川を空振り三振、松井を遊ゴロと、絶妙のコントロールの変化球でピンチを脱した。

?延長10回表、山本哲から森田の投手強襲安打、バントの構えの清水には頭近くの投球を球審は
 死球と判定し、危険球投球で投手がバーネットに交代、柴田はバント失敗し1死一二塁。
 上本の三遊間の打球は宮本が身を挺して止め内野安打で満塁に。
 ここで代打桧山が登場するも空振り三振で2死、鳥谷はフルカウントから内角低目ストレートを低いと
 判断したのか、或いは打てなかったのか、見逃し三振で、勝ち越しを逃す。

?10回裏は、松田が3者凡退に。
 そして11回表、先頭マートンが安打、今成がバントで送り、暴投で1死三塁。
 しかし新井良がボール球を打って三塁ゴロ、坂もボール球を振って三振、情けないねぇ。

?11回裏、宮本にフルカウントからレフトに大飛球で場内が沸いたが左飛、この回も松田が3者凡退に。

?12回表、代打西岡三振のあと、柴田、上本の連続四球で1死一二塁、代打日高が空振り三振で2死に。
 ここで鳥谷が一塁への高いバウンドの打球。一塁ユウイチが捕ってベースカバーのロマンに送球するも
 ロマンがグラブに当てながら捕り損ね、二塁から柴田がホームインして勝ち越し点に。

?12回裏は福原が3人で締めて、辛うじて勝てた。
 そしてこれから引退する宮本慎也のセレモニーがおこなわれる。
 それにしても宮本、引退する日に12回まで守備につくなんて前代未聞だ。

 その前に桧山がレフトスタンド前に足を運び、阪神ファンに深く頭を下げ、歓声に送られ球場を去った。

注)、試合後のコメントは【トラキチの戦評】の方にお寄せください。

コメント

虎吉さん

2013年10月05日 08:08

勝利の為の後1本がでぬ

CSは、難しい!