趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

【トラキチの戦評】5/9 DeNA 9回戦 糸井の2号2ランで勝ち越し、あと1点差は、岩崎、スアレスが完璧、逃げ切ってデーゲーム14連勝。

★今日の【トラキチの応援席】は次の通りです。
https://smcb.jp/communities/6116/topics/2389158

★【トラキチの戦評】
①まあ、勝つには勝ったが、9回裏スアレスが最後の打者を打ち取るまでは、
 ハラハラドキドキした厳しい試合だったが、ほんま、勝ててよかったとホっと。
 改めて、岩崎、スアレスの絶対的な強さ、頼もしく感じた1点差逃げ切り劇だった。

②DeNA先発ビーブルズに3回までは1人の走者も出ない完璧な投球されていて
 これはヤバイと思ったが、4回に近本が安打して突破口を開くと、次の5回に
 先頭の佐藤輝の四球から始まった逆転劇。
 同点としたサンズの左中間二塁打もよかったが、一塁から激走した佐藤輝の快足。
 佐藤輝は三塁廻ったところで止まるかとおもったが、藤本三塁コーチャーが
 グルグル廻して、これに佐藤輝は再スパートして懸命に走った。
 体に似合わず足が速い佐藤輝、それでも間一髪のところ、嶺井のタッチするより
 早くヘッドスライデングしてホームベースタッチ。
 この佐藤輝の足が、阪神に勝利を呼んだといってもいい。

③同点とされてがっくりきたビーフルズからの糸井の豪快な2号2ラン。
 もう言うことなし、いくらロハス・ジュニアが一軍昇格しても、糸井の健在ぶり。
 もう糸井をスタメン外すのに躊躇せざるを得ないだろう。

③先発はガンケルとビーフブルス、外国人投手の投げ合いの投手戦かと思ったが
 ガンケルが初回、早々に1点取られ劣勢の試合展開となって、2回も1死二塁、
 3回も無死二三塁とピンチ、いずれも追加点を取られずピンチを切り抜けたが
 何かアクシデントがあったのか、4回にマウンドは馬場に交代。
 相手のピープルズも5回途中で降板するなど、当初の先発投手の投手戦という
 予想は早々に履がってしまった。
 ただ、後は、阪神もDeNAも、ブルペンピッチャーの投手戦の展開となって、
 阪神は馬場投手がよく投げた。4回から6回まで3イニングのロングリリーフ。
 登板したときは1点リードされていたが、5回の味方の逆転で2点リードでの投球、
 守らねばという気持ちでプレッシャーもあったろうが、6回のソトの二塁打されての
 1死二塁を後続を抑えて、この馬場の働きも大きな勝因の1つであった。

④1点差という厳しい投手リレーとなったが、7回表のサンズ二塁打、糸井の安打での
 1死一三塁で梅野か併殺打。突き放すチャンスを逃したが痛かった。
 バントの巧い梅野だから、三塁走者は島田でもあり、スクイズでもよかったのでは。
 初球から打って出ての三塁ゴロ併殺打、梅野にはいつもの右狙いだったら。
 ここで1点も奪えなかったことで、流れが相手に行って、
 その裏、岩貞が桑原にいリリーフ岩貞が一発撃たれて1点差となってしまった。
 いかにチャンスを逃すと次が危険だということが改めて分かった。

⑤その岩貞の7回裏の登板も、チグハグだった。
 矢野監督は馬場をいったんマウンドにいかせて、DeNAが代打が左打者と確認して
 リリーフ岩貞に代えたが、その岩貞を球審に告げる前に、
 レフトスタンドの出入り口.から岩貞がリリーフカーに乗って来たが、戻されて、
 矢野監督が投手岩貞を告げて、今度はリリーフカーでなく走って岩貞がマウンドに。
 こんなチグハグがあったことが、桑原に一発を食らって1点差に詰め寄られた
 遠因にもなったのではないか。ベンチとブルペンの連絡の悪さを露呈したもの。

⑥なんだかんだといっても、今の阪神はそれでも逆転して勝ったのだら凄い。
 そしてこれでデーケームは1分け挟んで14連勝と無敵の強さ。
 東京ドームでは巨人が負けていたので、4.5差になるものとほくそ笑んでいたが
 9回裏逆転されて巨人が勝ったのにはがっかり。以上

コメント

ほうろうびとさん

2021年05月11日 08:02

ハラハラドキドキで見てましたが強力打線を2点によくぞ抑えました。
佐藤テル四球と好走塁、タイムリーのサンズ、2ランの糸井ナイス。
こんな勝ち方が出来るなんて強いぞ。

明石の伸介さん

2021年05月10日 10:45

ぜったい糸井>ロハス。
糸井がこれだけ好調やのに、ロハスを出す理由がない。
外国人選手との契約、よく出場機会を保証する契約をするようですが、ロハスは大丈夫かな。
ちなみに私、佐藤、糸井とは同じ大学出身。
阪神好調とともに、これらの選手の活躍で、気分が高揚してまうわ。

なごやのトラキチさん

2021年05月09日 19:52

矢野監督の一問一答
ー糸井が勝負強さを見せた
 「いやあね、素晴らしいホームランやったし。
 ベンチもすごい盛り上がるんでね。
 それもうれしかったし、嘉男自身も、うれしそうやったし。
 いいところで一気にね、行けたっていう攻撃で、うん。最高でした」

ーその前の佐藤輝の走塁(無死一塁の一走でサンズの二塁打で一気に生還)、
 サンズの走塁(本塁への送球間に三進)も流れを呼んだ
 「いやあホントね、あのテルの走塁は素晴らしかったし、
 あれ藤本(三塁ベース)コーチもすごい難しいと思うねんけどね。
 それを思い切って回してくれたっていうのもあるし。輝もぎりぎりのところでもね、
 何とかっていう気持ちで、うん、いい走塁やったと思います」

ーガンケルは走者を背負っても粘っていた
 「そうやね、途中で降りたけど、まずはピンチを、
 ピッチャーに打たれたところは反省もあると思うけど、
 でも粘っていってくれたっていうのは、まあまあ、勝ちにもちろんつながっているし
 まあでも何と言っても馬場が今日はね。
 3回頑張ってくれたっていうのが大きな貢献じゃないかな」

ーガンケルはアクシデント
 「一応、アクシデントなんだけど、明日病院に行って、.
 そっからの判断になると思うから。詳しくはまた明日になると思う」

ー馬場はずっと好投
 「そうやね。
 ちょっと、ガンケルがああいう形で降りたんで、どこまでいこうかなというのは、
 抑え方とか内容とか球数とかいろんなことが絡んでくるんで。
 そういうところでは、3回いけるだけの抑え方と球数と内容をしっかりしてくれたんで。
 それで3イニングいってくれたのは大きいし。低めにうまく集めながら
 向かっていくところは向かっていくピッチングができたと思います」

―ガンケルは抹消か
  「抹消はいったんするけど。抹消はするよ」

ーそれは来週の戦略的なことも含めて
 「いやいやそれは関係ない。ガンケルのことを考えての抹消だよ」

―試合終盤にボヤ騒ぎがあった
 「何か知らんけど、煙たかったから。
 外の何かがちょっと燃えたんちゃうかという感じやったけど。それで煙が。
 ベンチ内も風が通るというか、そこで煙が入ってきたから。
 その煙が煙たいからベンチから離れていたんだけど。
 まあもう大丈夫みたいやで」

べーやんさん

2021年05月09日 19:35

今日はハラハラドキドキの試合でしたが、ご馳走様でした。

なごやのトラキチさん

2021年05月09日 19:18

糸井のヒーローインチビューは
ー今季2度目のスタメン、どんな気持ちで
 「いやもう、毎日準備はしてるんで、いい準備できて、いい結果出て良かったです」

ー同点タイムリー出た直後の打席
 「テル(佐藤輝)から始まってサンズもつないで、なんとかチャンスだったんで、
 絶対に点にからみたいなと思って、はい、振り抜きました」

ー感触は
 「完璧でした」

ー一昨日本塁打を放ったエスコバーから技あり打
 「ヒットになって良かったです」

ー母の日だったが、ゲームに臨むにあたって考えることは
 「いかにピンク色をそろえるか、考えてました」

ーピンク色で普段と違ったが
 「はい、まぶしかったです」

ーファンからしてもまぶしい活躍。これでデーゲーム14連勝、強さの秘密は
 「チーム一丸となって、大山も離脱してますけど、そこをみんなでカバーしあって、
 1勝1勝積み重ねていけるように頑張ります」

ー最後にファンへメッセージ
 「いつも熱い応援ありがとうございます! 
 まだまだ続きますけど、全力で頑張るので、応援またよろしくお願いします!」

ひらうさぎさん

2021年05月09日 18:56

確かに最後まで気が抜けない戦いでした。
でも、岩崎・スアレス両投手は完璧ですね。
今日は佐藤輝選手の激走とスライディング。
馬場投手の3回の好投。
勿論、糸井選手の1発。
いずれも素晴らしかった。
巨人は9回裏に岡本選手の逆転サヨナラ3ランで
勝ちましたから、貴重な価値ある勝ちでした。