趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

トーマスクックの「ヨーロッパ鉄道時刻表」が廃刊

トーマスクックの「ヨーロッパ鉄道時刻表」 European Rail Timetable が2013年8月発刊を持って廃刊になったようです。従って年2回発刊していた日本語版もこんご発刊されません。非常に残念。

2010年と2012年のバックパッカーの旅で大変お世話になりました。ネットでも時間表が出て来ますが、スポットで出て来ますので、全体的、鳥瞰図的に調べるには不便です。これも時代の流れか。

来年全線乗り鉄でユーラシア大陸を横断するつもりで情報収集していました。

今持っている表紙がポロポロになった2012年9月版(ヨーロッパでは月刊でした、ヘルシンキで買った物)、今後も大切に使って、そのデーターをnetで確認する使い方をしばらく続けるつもりです。

コメント

ぱるみなさん

2013年10月04日 22:37

2013冬春号を持って、ルーマニア、ウクライナへ行きました。
時刻は違っても、地図を見て経路を調べるのに保存します。

ネットが見れるので、売れ行きが悪くなったのでしょうか?
本屋にも一冊くらいしか置いてなかったですよね

Jinさん

2013年09月27日 10:03

「European Rail Timetable が2013年8月発刊を持って廃刊」は残念です。9月上旬に8月号を持ってフランス国内を旅行してきたばかりです。来年もフランス、イタリアの鉄道の旅を予定していますが、不便になりますね。。。。。 ネットでいちいち調べるのは大変ですし。。。。

ピノッキオさん

2013年09月22日 11:39

残念です。
 長い間、お世話になりました。昔は一冊にアジア(日本を含む)の時刻表も付いていたのでした。
 PCがない頃、トーマスクックを繰ってモスクワからパリやベルリンへの仮想の旅を計画したり、楽しい時刻表だったのでしたが。
 今調べましたら、私が持っている一番古い物は1979年5月版ですね。(^_^)

hideさん

2013年09月22日 10:31

ゼーさん、コメントありがとうございます。

『それにかわる時刻表はないんですかねえ?』色々と調べてみたのですが見つけられませんでした。

個々の国の時刻表は幾分持って居ますがこの本のような全世界(ヨーロッパが主ですが)が1冊で済むむようなのは見つけられませんでした。

昨年の旅で駅のキップ売り場の近くにその国の時刻表が無料でおいてある国が幾分ありました。中国では駅ナカの書店で中国の時刻表を買いました。フインランド、ルーマニア、イタリア、スベインでは窓口近くにおいてありました。

以前ロシアのイルクーツクでここの近郊を走る列車の時刻表がありました。

モロッコのタンジールで待合室に掲示してあった時刻表を眺めていたら駅員がモロッコ全国の時刻表を持ってきてくれました。モロッコの列車は本数が少ないためか、1枚の紙の裏表に全国の時刻表が印刷されていました。

地図が大好きですので行った先々の駅で先ずその街の地図を買ってきます。地図だけは後ろの本棚に膨大な数が保管されています。時刻表もぼちぼち増えてきました。

マコビッチさん

2013年09月22日 07:06

そうですか。私は2008年版を、確かに表紙がかなり痛んできてます。

旅行の計画には必須で、この本で概ね計画し、ネットで確認する作業をしてます。

残念ですね。見ているだけでも楽しいですもの。