趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

天台宗酒井大阿闍梨逝く

酒井雄哉師が23日死去された。87歳だったそうです。ご存じの通り師は天台荒行の一つ

千日回峰行を2度も満行されている。比叡の峰を走り抜ける師の姿はかつてNHKでも放映

されてまかから見た人も多い事でしょう。師は旧制中学を卒業後慶応義塾商業学校を経て

海軍飛行予科練習生となって鹿児島の特攻基地で終戦を迎えた。戦後は職を転々とした

奥さんの自殺を経験したりして39歳で得度、1980年には約4万キロを踏破する千日回峰

行を達成し大阿闍梨となる。7年後にも60歳で再達成、2度の満行は信長の焼き討ち以来

3名のみだそうだ。著書に「一日一生」「頑張らなくていいんだよ」等がある。

私と師との接点は私のいや私たちの大祖先が宇喜多秀家(岡山の戦国大名・秀吉の養子)

の家臣だったため、その縁である団体に加入してたおり、菩提寺が天台宗だったので

宇喜多家法要時には来岡されていたため私も2度ほどお会いした経緯がありました。

慈悲あふれるお顔をされていたのを思い出しました。謹んでご冥福をお祈りします。

                                          合掌

コメント

将輝(まさき)彡さん

2013年09月30日 21:27

かえもんさん、みなさんこんばんは。

この方をテレビで何度か拝見した事があります。
ご自分が厳しい修行をなさっているのにも係わらず
とても優しいお顔だったのを記憶しています。

謹んでご冥福をお祈りいたします。 合掌

kaemonさん

2013年09月30日 00:35

こんばんは。そうそう酒井師の法話のなかで今もおぼえている事はとにかく優しく生きなさい

ということでしたね。うちの仏間に掲げてある色紙は「慈悲佛心」です。「高齢者の食事ひとつ

にでも手づくりのものを出してあげてほしい」といっておられました。全部てんや物ではね

(;一_一)最近はありますね。宅配弁当、共稼ぎで忙しいのは解りますがね。一品でも

心がこもった物を出してあげて欲しいですねえ。私は月に一度か二度ですが母に私の

料理を食べてもらっております。

きびまびさん

2013年09月29日 05:34

市内にある天台宗のご住職が1000日では無かったように記憶しているですが行に入られる前にお会いしたことがありました。
先ず五穀断ちをなさる前に、塩断ちをするとイライラするようです。
ご機嫌斜めで話しにくかった事を覚えています。
こちらは詳しいことは知りませんので止めたらいいのにと思ったものです。
しんどいでしょうね。塩だけでご機嫌が悪くなるんですもの。

沙門聖さん

2013年09月28日 14:20

自信のみの徳と成る修行に明け暮れただけでなく、

世界に信仰を通しての国際共存平和活動まで盛んにされていました。

もう少し若ければ、257世天台座主の器だっただけに無念です。

しいの実さん

2013年09月28日 10:26

TVでお話するお姿を何回か〜拝見しました。

画面を通してですが全てを慈しむ,,,,森羅万象への関わりが
慈愛に満ち.....
荒行の修行、千日回峰行を達成し大阿闍梨となり
その後も偉業・60歳時二回達成、
お話は淡々としていて
その会話が自然体であることに....ため息が....こぼれた事を
思い出しました。
美しい人格の方でしたね。
合掌
<(_ _)>

kaemonさん

2013年09月27日 23:58

こんばんは。迷惑はお互い様は我々在家のことで出家(妻帯せず家を捨てた者)僧侶は

人にものを頼むことは極力避けるそうです。もっとも上座部の話ですけどね。

酒井師は海軍に身を投じていたらしいです。実は私の父も数カ月海軍に入隊していた

らしいのですが酒が入ると厳しい訓練の話になりましたね。旧海軍や陸軍は体罰の連続で

殴る事によって立派な兵士をつくる的な思想だったみたいで一般兵の場合、三年間は事ある

ごとに殴られたらしいです。三年経って階級章の上に山形の善行章がつくと初めて一人前

の海軍兵となったらしいです。これを境に殴る側に廻った。(;一_一) 酒井師は旧中学を卒

業してますから甲種飛行予科練習生の区分で入隊しているはずですから予科課程を長くて

2年その後飛行練習生を一年程度でしょうか?三年を待たずに二等飛行兵曹(下士官という

下級幹部)に任官しているはずです。海軍の場合新兵は階級章すらないカラスと呼ばれる

存在でした。多分体罰の嵐でしたでしょうね。そんな経験をしている師ですから偉業が成し遂

げられたのではないかと私は思いますね。多分今の若者でしたら当時の軍隊では半分は自

殺でしょうね。今回マニアックな内容でm(__)m・m(__)m・m(__)mです。

エーデルワイスさん

2013年09月27日 22:12

NHKのドキュメンタリーで、酒井大阿闍梨のことは存じておりました。
常に厳しい修行に挑戦するお姿に畏敬の念を抱いていました。
また一人、偉大な方を失いました。
ご冥福をお祈りいたします。

とこちゃんさん

2013年09月27日 19:54

一日一生の本を読んだことあります


偉ぶらずに・・

合掌

沙門聖さん

2013年09月27日 10:51

タカシろう同志へ、

 凄いですよね!

 1000日+7日×2=2014日。

 猛暑・極寒・雨嵐・暴風・病、、、例外無しに毎日欠かさずですから、やっぱ凄い!

 行の前日には「生き葬式」をするそうです。

 たとへ時間が有り余っていたとしても、真似できないな。

沙門聖さん

2013年09月27日 10:43

きびまび同志へ、

 ありがとう御座います。

 心優しい息子さん?ですね。そんな事を言われると老後も安心ですね。

 我が娘は如何に???笑。

 歳を重ねると迷惑も自然体と成って来る様で、それが嫌というか情け無い。

 そんな事を想って居る時に酒井方丈が話されたあの言葉がズシリと、

 心を打ちました。

 気持ちを大きくおおらかに、、、。

 了解いたしました。

 感謝!

きびまびさん

2013年09月27日 03:17

沙門聖さんへ

だれでも人さまに迷惑をかけながら生きておりますぞぃ。
お互い様という言葉が有りますね。
私は子供に『〇〇のおむつの世話をしたから、今度は母の世話を頼むと言ってやりました。
嫌だというかと思いましたら『いいよ』と言ってくれましたよ。
其の時になりませんと判りませんが言葉にうるうる来ました。
良いではないですか迷惑をかけたって。
お気遣いなさいますな。
気持ちを大きくおおらかに・・・です。

リュウさん

2013年09月26日 20:45

千日回峰行を2度もするなんて、冥福をお祈りします。

沙門聖さん

2013年09月26日 10:04

南無合掌

 「僧侶なんて言うのは世の中へ何も生み出せない人間だからさぁ、
  せめて御迷惑だけは絶対に掛けてはいけないんですよ」。

  印象的な心に残る言葉でした。

きびまびさん

2013年09月26日 00:51

そうですね。何時も穏やかで慈悲の有るお顔をなされていました。
直接お会いしたことは有りませんが本などで存じ上げています。
残念ですがお悔みを申し上げることしか出来ません。