趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

2013年9月公開作品のご紹介

9月上映情報でございます。今回はYahooを参考にしました。8月まではgooでした。

中には、B級、C級らしきものも、混じっているかもしれません…
一部のゾンビ映画、アダルトもの、短編、リバイバル、アニメものは載せていません。
それから、一ヶ月の先になると、公開日がずれる事もあるようです。ご確認のほどを。

9月6日(金)

「サイド・エフェクト」
『トラフィック』などのスティーヴン・ソダーバーグ監督が放つサスペンス。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346151/

「共喰い」
小説家・田中慎弥による人間の暴力と性を描いた芥川賞受賞作を、『サッドヴァケイション』『東京公園』などの青山真治が映画化した人間ドラマ。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id344802/

「アップサイドダウン 重力の恋人」
『スール/その先は…愛』などで知られるアルゼンチンの巨匠、フェルナンド・E・ソラナスを父に持つフアン・ソラナスによるSFロマンス。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id345089/

「キャプテンハーロック」
『銀河鉄道999』シリーズと並び称される松本零士の人気コミック「宇宙海賊キャプテンハーロック」を、およそ30年ぶりにアニメ化。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id345374/

「わたしはロランス」
女性になりたいと思い続けた主人公が偏見に遭いながらも願望をかなえ、恋人である女性と過ごす葛藤と愛の日々を描く人間ドラマ
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id345864/

「スーサイド・ショップ」
ジャン・トゥーレの小説「ようこそ、自殺用品専門店へ」を原作に、鬼才パトリス・ルコントがアニメに初挑戦したコメディー。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346041/

「ハーメルン」
『美式天然CLOUDSOFYESTERDAY』で第23回トリノ国際映画祭グランプリと最優秀観客賞を受賞した坪川拓史が監督を務めた人間ドラマ。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346148/

「うそつきパラドクス」
人気コミックを基に、遠距離恋愛に不満を持つヒロインと、そんな彼女の寂しさを埋める恋人代わりとなる男との関係を描く恋愛ドラマ。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346163/

「009ノ1 ゼロゼロクノイチ THE END OF THE BEGINNING」
『カルト』などの岩佐真悠子をヒロインに迎え、石ノ森章太郎原作のSFアクション漫画「009ノ1」を実写映画化したスパイアクション。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346203/

「大統領の料理人」
『恋愛小説ができるまで』のクリスチャン・ヴァンサンが監督と脚本を務め、フランス大統領官邸史上唯一の女性料理人の実話を基につづる感動作。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346206/

「サイコメトリー 〜残留思念〜」
『外事警察その男に騙されるな』などのキム・ガンウと、テレビドラマ「花より男子〜BoysOverFlowers」などのキム・ボム共演のサスペンス劇。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346458/

「ペインレス」
過去に葬られた痛みを感じない子どもたちの悲劇と、現代に生きる青年の誕生の謎とを交錯させながら描くスペイン発のサイコスリラー。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346534/

「ザ・エンド」
突如世の中から生物が消えていく中でサバイブする人たちの姿をスリリングに描いた世紀末スリラー。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346537/

「ラスト・デイズ」
『REC/レック3ジェネシス』の製作総指揮、アルベルト・マリーニと、『フェーズ6』のダビ、アレックス・パストール兄弟監督がタッグを組んだパニックスリラー。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346538/

「ゴースト・スクール」
霊能力のある教師が学校に出現する不良生徒たちの亡霊を成仏させようと奮闘する、スペイン発のコミカルなスラップスティックホラー。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346539/

「冴え冴えてなほ滑稽な月」
『DestroyViciousデストロイ・ヴィシャス』などで異彩を放つ島田角栄監督が、パンクとSMをテーマに挑んだ異色ミステリー。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346567/

「許されざる者」
クリント・イーストウッドが監督と主演を務め、アカデミー賞作品賞などに輝いた西部劇をリメイク。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id344445/

「ウルヴァリン:SAMURAI」
『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id344722/

コメント

風かおるさん

2013年09月19日 20:51

映ちゃん、いいサイトを見つけました。
公開作品をキャッチと題名だけでシンプルに纏めてあるので、あとは公式サイトのurlを追記すれば
OKかも知れない。
ご参考までに。
http://movie.walkerplus.com/list/2013/

白イルカさん

2013年09月19日 18:20

みんたさん、ありがとう(^0^)

8日からは動けます、
でも、間に合わないようだったらお先に、どうぞ〜

みーんたいむさん

2013年09月19日 17:39

ってことは
白イルちゃん、4日にはまだ居ないのですね
あっちのトピの
「わたしはロランス」日にちを検討しましょー^@^

みーんたいむさん

2013年09月19日 09:06

白イルちゃん、7日でしたか!おーまいがっど。
でも良かった、わかって。
都合つけて ぜひ観ましょうねー!ヨロシク^^

三旦さん
作品さくっと案内、
大変ありがとうございます。
そうですよね、映画の良さはフィクション、
どうとでもなる、創作の夢が入ってる。
これを楽しめなければ
観ても楽しさが減る、ということでしょうね。

三旦さん

2013年09月18日 22:39

みんたさん

ご質問の答えが遅れ失礼しました。

1.「フィギュアなあなた」のストーリーは、基本的にはもの悲しいファンタジーです。
「ラースとその彼女」は未見なので比較はできませんが、「フィギュア・・・」の場合、過激な」SEXシーンが満載なのが特徴です。
でも基本的にはファンタジーです。
そして物悲しく、最後には涙腺が緩んできました。

2.「あの頃、君を追いかけた」は仰るように台湾映画で、監督の実体験を映画化したもののようです。
青春映画ですね。
青春は甘酸っぱい想いの人もいるでしょうが、苦みを感じる人もいると思います。
特に、その苦さが重たくて、ただ若いだけが取り柄のあの時代に戻れというと、ちょっと重さに耐えかねるなという人は結構多く、この感想は意外と「すでに若くはない」高齢者にその傾向があるような気がします。
三旦もそうです。
どうもその苦さの部分をこの映画は上手く表現していると聞いております。

3.「Miss Zombie」という映画はちょっと変わっていて、主人公かどうかわかりませんが、ある人間にあるところから贈り物が届いて、開けてみたら中身は等身大の若い女性の「ゾンビ」だったという始まりのようです。
ゾンビですから、この「物体」はどんな肉体的負荷をかけられても死ぬことはなく、周囲の人間のおもちゃになるという話のようです。
おもちゃにする行為は「暴力」とか「SEX」とかの対象になることがほとんどで、そのシーンが結構頻繁に出てくるようです。
割り切るとありえない話、描写が徹底していて逆に爽快感が出てくるなんて評もあるようです。
ありえない話を隠れ蓑にした「ゲテモノ」描写だろうと思いがちですが、ストーリーがしっかりしているせいか、そのように切って捨てることができない変な魅力があるそうです。

白イルカさん

2013年09月18日 21:59

10月7日に、関東の地に上陸いたします、ドスン!

みーんたいむさん

2013年09月18日 21:35

白イルちゃん
そうそう、温かい気持ちになる映画でしたよね。
ちなみに
10月4日は まだランディングしてませんか?

白イルカさん

2013年09月18日 21:31

「ラースとその彼女」は、見ましたよ。

同じような作品に「マネキン」もあったけど彼を温かく見守る兄夫婦、
町の人々の視線が、とても優しくてこちらまで暖かい気持になりました。

10月になったら、皆さんと映画ご一緒できます、嬉しいな!!

みーんたいむさん

2013年09月18日 21:26

風さん
いずれも9月は無理そうですね。
でも30日になら チャンスがありますね!
どれにしましょうかー・・・。^^

そうだ、
三旦さんのおっしゃった「あの頃君を追いかけた」ですが、
(日本ではなく 台湾作品だったのですね)
これも「秋のソナタ」と同じく、J&Bでなら上映されますね。
ただし これは 30日だと16時20分の回だけなので
鑑賞予定時間とは合わないようですね。
(「秋のソナタ」の上映時間はまだ出ていないようです。)

みーんたいむさん

2013年09月18日 21:15

三旦さん
そんな、^@^それって、ポルノ映画だったんでしょー?
女子が一人で行けるものではなかったんですね。わははは。
内容チェックしていなかったものだから
私はまた 「ドライブ」主演のライアン・ゴズリングが
これもまた素晴らしい主演だった「ラースとその彼女」のような
ちょっと物悲しいファンタジー映画かと思っていたんです。
ちなみに数年前に劇場で観たこの作品、
このラース君は、女性とつき合った事の無いひきこもり青年。
兄夫婦もそんな彼をそれとなく心配している。
ある日ラースはかれらに、ネットで知り合った彼女を紹介するという。
兄夫婦は最初喜ぶが、
車椅子に乗ったその彼女は リアルな等身大の人形だった・・・。

ちょっとコミカルでちょっとせつなくて、心に残る作品でした。
それはもう、ゴズリングがうまくて・・
こんなにまったく違う顔も持っている俳優なんだと感心させらました。
この兄嫁役、エミリー・モーティマーがまた なかなかいいです。
三旦さん これはご覧になりましたか?

「Miss Zombie」って ゾンビなんですか?
「あの頃君を」追いかけた」は邦画ですか?チェックしてみます。

風かおるさん

2013年09月15日 09:59

みんたさん、三旦さん
ほぼ観たい作品が重なりました。

タイピスト、 私の愛した大統領、 わたしはロランス、 スーサイドショップ、 秋のソナタ
大統領の料理人・・・。

もう少しの間ですが、ちょいにっちもさっちも相成りません。
どなたかとまる指を作ってください。

三旦さん

2013年09月14日 22:30

みんたさん

他に、「大統領の料理人」「あの頃、君を追いかけた」の評価が高いようですよ。

それと、「フィギュアなあなた」的な映画を追い求めるなら、「Miss ZOMBIE」という怪作も評判のようです。

みーんたいむさん

2013年09月14日 17:32

わはははは映さん^@^
みなさん慣れっこですから
キャラでぶっちぎってくださーい。

タイピスト、 私の愛した大統領、 わたしはロランス、
共食い、 スーサイドショップ、 秋のソナタ

さしあたり 私の観たい6作品です!

映人さん

2013年09月14日 17:26

みーんたいむさん

いいよ。おんぶに、だっこ、してきて…

(こういうこと書くから、見づらくなるんだな…反省…反省…)

みーんたいむさん

2013年09月14日 16:48

あるいは
公開日付とタイトルのみ、だったら
1行に3つくらい書けますのでトピ説明文に収まりますね。

でもあの、各作品ごとのキャッチーな1行は
選ぶ参考になりますけどね〜・・。^^映さんにオマカセ。

風かおるさん

2013年09月14日 14:37

そうなんですよ、川崎さん(昔こんなギャグがありました、憶えてる?)。

でも反面意見や呟きも参考にはなるからなあ。

いっそのこと、一作品の紹介は三行程に収められません?
1、題名
2、作品のキャッチフレーズ
3、公式HPのur+紹介先のyahoo映画など。

現在ほとんど4行で20作品ほどでしょうから、20行前後余裕が出来ますよね。
それと前置きを簡単にしちゃうとか、どうでしょう。

または映ちゃんの独断で少し作品を削るとか。

映人さん

2013年09月14日 13:15

>このように頁がまたがるとトピ説掲載以外は全て一見出来ないんですね、遡らないと。

そうですね。

ここは、20コメントくらいにして、のちのご意見、感想は他の所で、お願いしましょうかね。
次回、この事を参考にして試みて、見ようと思います。

風かおるさん

2013年09月14日 11:56

みんたさん
ラファエル・ペルソナは、よ〜くみるとやっぱりドロンパパ(ドロンパにあらず)、に似てますね。

そうなんですよ。
大昔、荻野目洋子の何処が良い!

だなんてTVも見ませんでしたが、何かのトーク番組に出ていた彼女はとても素敵。
目の動きや一寸した仕草が、チャーミングでした。


今気づいたんだけど、映ちゃんのお骨折りの映画の紹介。
このように頁がまたがるとトピ説掲載以外は全て一見出来ないんですね、遡らないと。

う〜ん、悩ましい。

みーんたいむさん

2013年09月14日 10:07

風さん
ラファエル・ペルソナって俳優、
知らなかったんですが 「黒いスーツを着た男」に出てるんですね!
画像みると、一見たしかにベールに似ていますね〜!
ただし
動いてしゃべってる姿を見ないとわかりませんが
いずれにせよ(好むと好まざるにかかわらず)端正な顔というのでしょうね。

みーんたいむさん

2013年09月14日 10:00

まあっ白イルちゃんたら また男くさい作品を^@^
Jアリディが渋いですからねー。

私も先ほどから
本元の「許されざる者」を観始めています。
最近ケーブルTVでも宣伝のため
イーストウッドの作品をバンバンやっているのです。

この作品は、恥ずかしながら
知ってはいたものの ちゃんと観るのは初めてなんです。
ご他聞にもれず私も、
謙ワタナベ版にそなえて、観ておこうかなと。