趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ドラえもんのどこでも「ドア」?

東京大の古澤明教授らの研究チームが、光の粒子に乗せた情報を他の場所に瞬時に転送する完全な「量子テレポーテション」に世界で初めて成功したと発表。

“量子テレポーテーション”とは「A点での※量子状態が消え、それが別のB点に現れる」ことです。まるでSFみたいな話ですが、A点での量子状態がB点に現れるのですから、この量子状態に情報としての意味を持たせれば、A点からB点に情報が伝わったことになります。量子テレポーテーションが将来の情報通信・処理技術の基礎中の基礎、つまり土台と言われるわけです。東京大学大学院工学系研究科の古澤明助教授は3つの光子(光)に共通した“量子的なもつれ”(量子エンタングルメントと言います)を持たせて3者間でこれを制御、世界で初めて3者間での量子テレポーテーション実験に成功しました。今回の成功で量子による情報通信・処理のネットワークが組めることが実証されました。
(※量子状態・・粒子が一定の状態にあることを言う)

現在の通信、例えばファクシミリで原稿を送れば、受信側には原稿のコピー(言わば分身)が現れ、送信側には原稿が残ります。ところが量子テレポーテーションでは、郵送でもないのに原稿自体が相手に届いた様になるのです。量子には孫悟空のような分身は許されないので、AB両点に同時に姿を見せることはあり得ず、B点に現れたということはA点では消えたことになるのです。

研究者のコメント・・・現在ではたった3つの光子の量子もつれを制御するだけで畳数畳分の実験台にレンズやミラーが一杯で、量子コンピューターの実用化うんぬん以前の状態です。この実験系を小さくするだけでも、やらねばならない課題が一杯あります。コンピューターだって、今はパソコンですが、50年前はビルの1階フロア全体を使うほど大掛かりなものでした。量子を使う情報通信・処理はまだその程度の段階です」

量子コンピューターは現在のノイマン型コンピューターでは実現し得ない規模の並列処理が実現する。理論上、現在の最速スーパーコンピュータで、数千年かかっても解けないような計算でも、例えば数十秒といった短い時間でこなすことができる。

古澤 明 (ふるさわ あきら)
(東京大学大学院工学系研究科 助教授)

凄いね〜「どこでもドア」出来たらイイな〜♪

コメント

toniHONDAさん

2013年08月17日 03:38

この様な量子・・・・の世界は「タイムマシン」に結びつくのでしょうか?「何処でもドア」と「タイムマシン」・・・・理論的には可能な様で難しすぎるのでこれを読んで下さい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3

最近は歳のせいかあまり思わなくなりましたが「失敗した?青春時代、独身時代」に戻りたい?。

マリナさん

2013年08月16日 15:40

ドラエモンの世界も夢じゃなくなるかもですね♪TV番組の受け売りですけど、ドラゴンボールのように物や人を見るだけでその個人情報が出るメガネも既に開発済みとか、文明の発達、楽しみですね♪