趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

私の願い事。

我が家には「仏壇」がある。
先月から故人が7人・・・・いやご先祖(戒名がある方)を入れると十数人?か?

我が家の仏壇の「歴史」は於いて置いて。ここに「願い事」をすると「少し?叶う」

チト怖いので・・・・通常は「南無阿弥陀仏・・・・・」だけ。

「旅行に行く時は・・・・安全祈願」誰かに何かあれば「どうか・・・・して下さい」

願い、思いは「多分こうなる・・・・」と思い描いた事だから80%近くそうなる。結果「叶う?」

翌日「お礼を言う」。仏様とお付き合いの無い?方には多分理解出来ないだろうが「お盆」にお墓参りに行った方は「ご先祖」(仏様・神様)とどういう「会話」をしたのだろうか?

仏に向かって「元気だった?元気だよ!」答えてくれただろうか?あの世で仏は何をしているのだろうか?

話は戻るが、生前母が癌で苦しむ父に向って「楽にして上げて下さい!」と「仏様」に祈ったらしい。

父は「静かに息を引き取った」・・・・・・もう40年も前の話。

今義兄が癌に苦しんでいる。手術後一時回復。しかし数ヵ月後再発。もう「手術は出来ない」との話。

年齢も80歳と「高齢」。子供のいない姉は十歳違う義兄が唯一の心のよりどころ。

この姉の為、兄の為、どう祈ったら「叶う?」のだろうか?毎日「南無阿弥陀仏」。

叶う・・・・・・不思議。

コメント

toniHONDAさん

2013年08月17日 12:08

そろりさん
まだ義兄は元気です。
祈っていません。元気に病気が治って!と祈っても今の医学では「癌は無理?」

それと「不養生」の兄の招いた一生です。

JBLさん
「年始」に神様には「家内安全、交通安全」は祈ります。

商売人では無いのと、団地には神棚は台所にもありません。

人間必ず寿命があります。その寿命をどう迎えるかではないでしょうか?

義兄は最近は意識が混濁している様子。でも姉にそばに居る様に言っている様です。

姉は「再発後」6?痩せたそうです。下手をすると共倒れです。我が家の長男がそちらの仕事を手伝っている事もあり、病院の入退院、姉の送迎(毎日)、このお盆休みも無い様です。

昔お世話になった伯父ですから、当然と言えばそれまでですが・・・・・・

人間出来ればあまり他人に迷惑をかけずに行きたいものです。

JBLさん

2013年08月17日 10:50

私ごとになりますが、
何も願わずに合掌だけしています。

仏壇 神棚とも同じです。
ただ 神棚は火災を未然に防いでくれていると信じています・・・・・結果を伴っています。

死ぬとき(息を引き取る瞬間)と言うのは本人がどう思っているのか知りませんが、
お迎え人が来ました(ただし私も一度の遭遇経験でその後は未だ・・・・)。

そろりさん

2013年08月17日 08:32

お兄さんは、どうなりましたか。