趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

”福島便槽内怪死事件☆考察編”

この事件をとある霊能者が霊視したそうです。犯人も動機もわからなかったようなので、霊視自体は甚だうさんくさいのですが、ひとつだけわずか36センチしかない汲み取り口からSを押し込むために、Sの肩にローションを塗って押し込んだというところだけはなるほどと思いました.。上半身が裸ですし。

フツーに無理やり押し込むと肩を脱臼したり、不自然な点が残るのでその点はあり得るかもしれないと思います。

4千人の署名が集まったにも関わらず再捜査がなかったのは地元警察にも手を回して阻止できるとしたら、原発関係者が一番怪しい。Sの同僚の先輩が事故原因の責任で自殺していますし。

東北電力、東京電力にかかわらず、原発建設時の地元反対住人の切り崩し、地上げのあくどさ、原発事故の隠蔽体質から考えても口封じによる抹殺もあり得る。

ただしSの片方の靴が他のところに落ちていたということで、組織的な犯行ならばその杜撰さが引っかかります

警察はいったん結論を出すとよほどの有力証言、有力な証拠が出なければ動かないところがあるので、そうなると村長選挙の方。 現職村長の収賄を知ってSが選挙協力をやめたすぐあとに事件が起きている。その線も捨てきれません。村の選挙関係者にはSが殺されたことを事前に知っていたような節がある人物が何人かいたらしい

もうひとつ、女性教員にいたずら電話をしていた男。警察に告げられたことを逆恨みしての犯行説。

Sの車は女性教員宅近くの農協の駐車場に止めたままだった。女性宅の近くとはいえ、汲み取り口は駐車場近辺に何軒もあるわけで、それが女性宅だったということは、その男がSを、のぞき目的で汲み取り口から入った変態野郎に仕立てて殺す復讐とも考えられるでは?


先述した通り、片方の靴が遺体発見現場の女性宅から離れたところにあったということで、原発関係者による組織的犯行とは考えにくい気もします
したがって犯人は最後の逆恨み説、しかもSの死を何となく知っていた村の関係者も絡んでの犯行ではないかと思っています

コメント

あしーるさん

2020年05月27日 09:07

ふるふさん、

2019年9月20日の日記です。

日記にも書きましたが原発絡みの事件は消すだけではなく辱めも加える特徴があります。
23年前の東電OL殺人事件も同じパターンですね。

ふるふさん

2020年05月26日 12:02

URLから記事に飛ぼうとするとエラーになります