趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ふるさとの山

コミュの皆様、ご無沙汰しております。

山歩きしてますか?

私はここのところあまり歩いておりません。
だんだん、暖かくなってきましたので、また歩きたく
なってきましたね🎵


先日、かってのカオルの時代の日記を読み返してみました🎵

私は日記には山歩きのことは書いてはいません。すべて、
コミュのページに山歩きの記録を書いています🎵
日記は180以上有ります。その中に一つだけ山に関した
日記が有りました。こんな日記書いたんだ❗すっかり
忘れていました😊

それが、「ふるさとの山」です。
けっこう前の日記ですが、私の山歩きへの想いが書いてありましたのでここに載せます🎵


ふるさとの山

この連休中はよく山歩きができました。
秩父の両神山、道志の大室山、棚横手山、そして入笠山。
予定していた山を歩くことができました。

あまりに山歩きばかりしているので、ばあ様が言いました。
毎日、毎日山に行って。山に何しにいくだ〜。
返事に詰まりましたね。
山に何しにいくだ〜と言われても(笑)
私は山に山菜を採りにいったり、写真が趣味で行くわけではありません。

私はただ自然の中を歩きたいのです。
自然の美味しい空気を吸って、鮮やかな新緑の中を歩くだけで幸せな気持ちになるのです。
ばあ様にはなかなか理解してもらえません(笑)

人はなぜ山を歩くのでしょうか。
人の祖先はサルだから山が恋しくなる、と言った人がいますが、あながち間違いでもないような気がしますが(笑)

百の頂に百の喜びあり、とはかの深田久弥の言ですが確かに百の喜びがあります。
ただ私は必ずしも頂に着くことだけが喜びではないような気がします。
頂に着くまでの山の木々、川のせせらぎ、小鳥の鳴き声、可愛いらしい花々、それらを感じることも大きな喜びです。
私の場合、百の山に百の喜びあり、と言ったほうがより合っているような気がしますね。
頂がないような野山歩きでも十分私は幸せな気持ちになるのです。

ある時、山友と日本百名山のことが話題になりました。
深田久弥の日本百名山は登山をする人にはバイブルのようなものになっていますが、あまりにもそれに執着している人も時おり見受けます。
2年前に常念を歩いた時、小屋で今日これで日本百名山を達成したと言って皆に祝福されていた年配のご婦人がおりました。
私もすごいなと思う反面、そんなに喜ぶことなのかな、と何か違和感を覚えました。
確かに自分の目標を達成したことは喜ぶべきことなのでしょうが。
あの百名山はあくまで深田久弥個人の百名山なのですから。
何か百名山を歩くことが登山歴を誇るように錯覚しているように思えてなりません。

私たち二人の結論は、自分の百名山を持てばよい、ということになりました。

私の百名山は?

ふるさとの山に向かいて言うことなし、ふるさとはありがたきかな。
石川啄木の歌ですが、中学を卒業し、家を離れての初めての夏休み、久しぶりに我が家に帰る甲府駅で愛宕山を見た時、この啄木の歌を実感しました。
啄木は偉大だな〜って思いましたね。
ホント、ふるさとの山はありがたいものです。

愛宕山。
標高330mの小さな山ですが私にとっては立派な百名山ですね。
私は我がふるさと山梨の山を愛します。

私は山梨周辺自然探索というコミュを主宰しています。
小さなコミュですが、私の山歩きの記録を日記がわりに書いています。
興味のある方は覗いてみてください。


私の過去の日記を載せました🎵

コミュの皆様も自分の山歩きの日記を載せて下さい。
読ませていただきます✨😌✨


コメント

かおるさん

2019年02月25日 07:05

チャーさん、おはようございます🎵
お久しぶりです😊

お元気に歩いていますね🎵

5月に甲州高尾山ですか。百花繚乱のいい季節ですね。
一緒に歩きたいですね

また、よろしくお願いします🎵

チャーさん

2019年02月24日 22:38

ご無沙汰しております。時々裏丹沢に登っています。そろそろ雪山も終わるので、近場の山もいいですね!5月(花粉が終わったころ)勝沼の高尾山にいきたいです。桃の花と、丘の湯でのんびりと。よろしくお願いいたします。